マラードさん一家?

泉公園ではいつもカルガモやカメさんが日向ぼっこをしている枝にマガモの一族が休憩していました。
ああ、冬鳥の季節だなあと思いました。
この鳥に出会うといつもマックロスキーの「かもさんおとおり」という絵本を思い出します。
ボストンの公園で暮らすマラードさん一家の物語ですが、この公園のほうがずっと暮らしやすいだろうなと思いました。
(マラードって英語でマガモのことですよね)
c0104227_07534725.jpg


カモたちの表情が面白いので、フォーカスしてみました。ぜひクリックしてアップでご覧くださいね。
c0104227_07545060.jpg

c0104227_07542760.jpg

c0104227_07552001.jpg


c0104227_07551012.jpg



c0104227_07563383.jpg


マガモの美しい頭部の光沢は光線の加減でブルーに見えるときとグリーンに見えるときと、紫色に見えるときがあります。
理屈では構造色だからとわかりますが、やっぱり不思議です。
奥にいるのが♀ですね。
c0104227_08213748.jpg


ここにはたくさんの野鳥もいますが、あまり熱心に撮影したことはありません。
大きなレンズを抱えて散策はできませんから。
この日もカワセミがたびたび目の前を行ったり来たりしてくれました。
ちらっと証拠写真です。
c0104227_07595970.jpg


オシドリもたくさん来ていました。日中は暗い茂みにいます。
たまたま1,2羽が出てきて、挨拶してくれました。
今度は早い時間に来るからね、大きなレンズで撮影させてね、と声をかけておきました。
c0104227_07585155.jpg

Commented by h6928 at 2017-11-19 10:26
マラードさんたちの楽しい仕草に癒されました(^^♪
同じ地域の池沼でも、マガモって好みが分かれるようで、
姿を見かけないところもありますね。
近縁なカルガモは方々どこにもいるのに、
マラードさんにはこだわりがあるのかな?
頭の色の七変化も、カメラマン泣かせでもあり、
綺麗に撮れたら喜びも与えてくれますね(^-^)

Commented by ha128256ak at 2017-11-19 14:58
この公園は紅葉あり、野鳥もいて良いですね。
オシドリがいるのは良いですね。
Commented by kana at 2017-11-19 19:58 x
カモたちにも表情があるのですね。2枚目がおもしろいです。
マガモの頭部の光沢部分が、構造色というのを初めて知りました。
ブルーやグリーンに見えるのは、単なる個体の違いだと思ってました ^^;

泉自然公園へは、花粉飛散時期や体調不良など、
どうもタイミングが合わず、まだ行ったことがありません。
Commented by nenemu8921 at 2017-11-20 10:29
h6928さん。
カモはそれぞれ美しいですが、マガモが一番目立つような気がします。
マラードさんは狩猟鳥で一番おいしかったとか(>_<)
青首とか言いますね。鳥捕りさんは。
DNAがここは危険だぞと避けている場所もあるのかもしれませんねえ。
Commented by nenemu8921 at 2017-11-20 10:31
あだっちゃん。ここはいい場所ですが、高低差があって、いつも道に迷います。
何十回も訪れている場所なんですが…。(>_<)
方向音痴なんです。
Commented by nenemu8921 at 2017-11-20 10:33
kanaさん。
カモたちは表情というかしぐさが面白いですね。
きれいな景色の中の点景にもなりますが、ついついカモに気持が行ってしまいます。
泉自然公園、いつか、訪れる機会があるといいですね。
Commented by matsu_chan3 at 2017-11-20 17:25
こんばんは
マガモの他カワセミやオシドリもいる素晴らしい公園ですね。
バーダーもたくさん集まるのではないでしょうか?
by nenemu8921 | 2017-11-19 08:27 | 鳥・動物 | Comments(7)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921