【81】 ネプウメリ→ギョウジャニンニク

たけしき耕の具を帯びて、   羆熊の皮は着たれども、
夜に日をつげる一月の、    干泥のわざに身をわびて、
しばしましろの露置ける、   すぎなの畔にまどろめば、
はじめは額の雲ぬるみ、    鳴きかひめぐるむらひばり、
やがては古き巨人の、     石の匙もて出てきたり、
ネプウメリてふ草の葉を、  薬に食めとをしへけり。
                文語詩「民間薬」


c0104227_11143421.jpg

c0104227_11115772.jpg


ネプウメリ→ギョウジャニンニク(ユリ科ネギ属)行者大蒜
「民間薬」のネプウメリはこれまで、定説がなかったが、最近ギョウジャニンニク説が発表されている。
羆熊の毛皮をまとった農夫が夢で啓示を得る民間薬は、アイヌ民族がご馳走として、冬の保存食として、魔よけとして肺病をはじめ多くの病気に効能あらたかな食品としてのギョウジャニンニク、ヌペ草であろうというのである。
興味のある方は「ワルトラワラ22号」(ワルトラワラの会発行)をどうぞ。

最近ではこのギョウジャニンニクは山菜として、自然食品としても大変な人気だそうで、栽培しているところもあると聞いていた。
その折、2006年、6月、沢内村で、本当に栽培している情景に出会ったので撮影させていただいた。花はきれいだが、食品としては若い茎や葉を食するという。
また、つい最近、ギョウジャニンニクの漬物を知人からお送りいただいた。
これは栃木県産である。
味噌漬けで、白いご飯でいただくとたいそうな美味であった。

c0104227_11365734.jpg

c0104227_11373262.jpg

Commented by こにタン at 2007-03-03 19:36 x
こんばんは
群馬県でも片品村で栽培されています。JA片品村では行者にんにくを“尾瀬蒜”というブランド名で販売しています。
行者にんにくを使った餃子“尾瀬蒜餃子”も製造販売しており、
なかなかの人気商品と聞いています。
(実は私もまだ食べたことがないのですが・・・・)
Commented by nenemu8921 at 2007-03-04 04:07
わぁー。餃子ですか。おいしそうですね。
行者にんにくを使った餃子は特別パンチがありそうですね。
ぜひ機会があれば、味見したいものですね。
Commented by bella8 at 2007-03-05 10:45
ギョウジャニンニクって名前は聞いたことがありましたが、
見たことも食べたこともありませんでした。

味噌漬けはオニギリニ入れても美味しそうですね。
今度、是非試してみようっと♪ (^-^ )

ところで、ニンニクのような臭いがするのですか?

Commented by nenemu8921 at 2007-03-05 15:47
特別強力なにおいと効能が期待されるようです。(*^_^*)
お忙しいベラさんには元気の素になりそうですね。

沢内村での栽培は球根を出荷するためだと思います。
by nenemu8921 | 2007-03-03 12:05 | 植物 | Comments(4)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921