【89】 馬酔木

月あかりまひりのなかに入り来るは馬酔木の花のさけるなりけり   
                                  歌稿 791

あぜみ咲きまひるのなかの月あかりこれはあるべきことにあらねど 
                                   歌稿792


c0104227_20384275.jpg


アゼビ(ツツジ科アセビ属) 馬酔木
大正10年4月に父親と関西旅行した折、奈良公園で詠んだ短歌。
奈良公園は鹿で有名だが、アゼビは馬酔木と書くように有毒なので、鹿も食べないという。
それゆえ、奈良公園には馬酔木がたくさん生えている。
満開だったのだろうか。
奈良公園で鹿のことを詠まずに、馬酔木に目をやるのも、宮沢賢治らしいと思う。
彼は小さな釣鐘状の花が好みだったようである。
by nenemu8921 | 2007-03-17 21:00 | 植物 | Comments(0)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921