【94】 あんず

ドイツ唐檜にバンクス松にやまならし
やまならしにもすてきにひかるやつがある
白樺は林のへりと憩みの草地に植えるとして
あとは杏の蒼白い花を咲かせたり
きれいにこさへとかないと
お嫁さんにもすまないからな
雪が降り出したもんだから
きみはストウヴのやうに赤くなってるねえ
         詩「丘陵地を過ぎる」


c0104227_23123451.jpg


c0104227_2313418.jpg


アンズ(バラ科サクラ属)杏
高さ6mくらいになる落葉小高木で、果樹としてもよく栽培される。
比較的冷涼な地帯が適地である。

教え子に語りかけている作品だ。
お嫁さんは「君」の未来のお嫁さんのことであろう。

花巻で、杏の実の種を抜き、しその葉で巻いた砂糖漬けをご馳走になったことがある。
大変おいしかったので、自分でも作ってみたいと思ったが、郷里の杏の木も伐採してしまって久しい。
Commented by chochoensis at 2007-03-26 03:24
nenemu8921さん、東北は良かったでしょうか・・・未だ寒いのかな?いつも感心しているのですが、写真が綺麗で素晴らしいですね!
Commented by nenemu8921 at 2007-03-26 11:17
chochoensisさん。こんにちわ。
有難うございます。
花巻も遠野も東北風にいえば、ヌクかったです。
でも、残雪があちこちに見られ、ようやくヤナギの芽が動き出したところです。
レンジャクの群れが夢中でヤナギの花芽を食べていました。
蝶や虫さんはまだ眠そうでした……。
by nenemu8921 | 2007-03-22 23:38 | 植物 | Comments(2)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921