【100】 サクラ

向ふも春のお勤めなので
すっきり青くやってくる
町ぜんたいにかけわたす
大きな虹をうしろにしょって
急いでゐるのもむじゃきだし
鷺のかたちにちぢれた雲の
そのまっ下をやってくるのもかあいさう
   (Bonan Tagon, Sinjoyo!)
   (Bonan Tagon, Sinjoyo!)
桜の花が日に照ると
どこか蛙の卵のやうだ
           詩〔向ふも春のお勤めなので〕


c0104227_848084.jpg

ソメイヨシノ(バラ科サクラ属)染井吉野
オオシマザクラとエドヒガンの雑種とかんがえられ、江戸染井村(東京都豊島区)で、
江戸末期の頃に知られたという。

日本人は誰でもサクラが好きだ。
けれども、賢治の見方は独特だ。
でも、満開のこの花を少し離れて見つめると、たしかに蛙の卵のように見えてくるから不思議である。
(Bonan Tagon, Sinjoyo!)は、エスペラント語で「だんなさん、こんにちわ」の意。


桜の花が蛙の卵のように見える季節は、木々がいっせいに芽吹き、本当に春がすっきり青くやってくる季節だ!!
c0104227_918141.jpg
エノキ
c0104227_9183114.jpg
トネリコ
c0104227_9185530.jpg
カツラ
c0104227_920449.jpg
キブシ
Commented by こにタン at 2007-04-02 23:34 x
『どこか蛙の卵のやうだ』 !?
思わず笑ってしまいました。
梅の花を見て、ポップコーンみたいだと思ったことはありますが、
桜の花をカエルの卵に例えるのは初めて聞きました(^^)
カエルの種類は何でしょう?
Commented by nenemu8921 at 2007-04-03 00:35
朔太郎になると、憂鬱の桜になるのよね。
現代人は、みなハッピーなのか、桜の美しさに素直に感動しています。(*^_^*)
賢治の蛙は、あまがえる、とのさまがえる、ひきがえるなどがいくつかの童話に登場しています。
でも、人が月見をするように、蛙は雲見をするそうですよ。
Commented by namiheiii at 2007-04-03 22:05
蛙の卵という表現、これから毎年桜を見る度に思い出すことになりそうです。
Commented by nenemu8921 at 2007-04-04 21:56
ナミヘイ先生、こんばんわ。
多分、賢治は伝統的美学に共感できなかったのだろうと思います。
ナミヘイ先生が新鮮な構図を求めるように。
デジカメ談義はすでにある物語を超えようとしています。

by nenemu8921 | 2007-04-02 09:37 | 植物 | Comments(4)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921