【102】 あけび

心象のはひいろはがねから
あけびのつるはくもにからまり
のばらのやぶや腐植の湿地
いちめんのいちめんの諂曲(てんごく)模様
(正午の管楽よりもしげく
 琥珀のかけらがそそぐとき)
いかりのにがさまた青さ
四月の気層のひかりの底を
唾し はぎしりゆききする
おれはひとりの修羅なのだ
           詩「春と修羅」


c0104227_2358196.jpg


アケビ(アケビ科オケビ属)木通
山野に生えるつる性の落葉木本。
4~5月、総状花序を出して淡紫色の花を開く。
雌雄同株。果実は長さ6センチの楕円形で熟すると裂ける。

アケビの蔓はこうして見ると、たしかにスゴイ。
諂曲(てんごく)は、自分の意思をまげてこびへつらうこと。
自己の心象をアケビの蔓やノバラのやぶにイメージした表現だ。
宮沢賢治って、自分を怒りの人、修羅の人として定義しているのですね。
これって、多くの人が宮沢賢治に抱くイメージとはラグがあるのではないでしょうか?

c0104227_055740.jpg
花はなかなか可憐ですが、賢治は花には言及していません。
c0104227_0491913.jpg
こちらが雄花でしょうか。
c0104227_050649.jpg
こちらは昨年10月10日にスーパーで購入したアケビの実。
むしゃぶりつこうとしたときにハッと気づいて、カメラを持ち出しパチリとしたもの。
甘いのですよ。紫の美しい皮はミンチを詰めてフライにすると美味!!
このことは賢治さんも知らなかったと思います。
Commented by bella8 at 2007-04-05 23:08
アケビ綺麗ですね~
今日、小石川植物園でシロバナアケビを撮りましたが、
矢張りアケビはこの紫系がステキです。

そうなんですか、アケビの実を今度買って、
その皮にミンチを詰めてフライですね。
やってみます。ありがとう。(^-^ )

Commented by nenemu8921 at 2007-04-06 23:30
ベラさん。こんばんわ。
小石川植物園、わあ、なつかしいな。
昔あの近くに暮らしていたのですが、もう何年も行っていません。
フットワーク軽くて、エライ!見習わなければ… ♪♪
シロバナアケビ、楽しみにしています。

Commented by namiheiii at 2007-04-07 22:03
アケビの花はチャーミングですね。今頃咲くのですか?一度野で見た記憶があります。家のフェンスにムベを絡ませたことがありますがアケビコノハの奇妙な幼虫が丸坊主にしてしまいました。これはアケビにも付くのですよね。賢治はこの虫には触れていないですか?
Commented by nenemu8921 at 2007-04-08 01:07
アケビコノハですか。
残念ながら、賢治は昆虫に関しては記述がそう多くないのです。
賢治もツタとアケビを絡ませた茶亭を立てようという詩があります。
ムベも趣がありますね。
Commented by mo-su1717 at 2007-04-08 23:11 x
アケビの花もう咲き出したのでしょうか?早いですね。昨年はじめて雌花雄花を見ました。とてもきれいな色をしていて感激しました。実も紫色がきれいですね。ずばりそのまま味わっても見ましたよ。
Commented by nenemu8921 at 2007-04-09 19:32
1週間前から咲いています。日あたりがよいところです。
三つ葉アケビというのもありますよね。
ずばりそのままで、おいしかったですか? 
春の味?修羅の味? なあーんて。
by nenemu8921 | 2007-04-04 00:38 | 植物 | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921