【136】 地しばり

黄いろな花もさき
あらゆる色の種類した
畦いっぱいの地しばりを
レーキでがりがり掻いてとる
川はあすこの瀬のところで
毎秒九噸(トン)の針をながす
(略)
            詩〔黄いろな花もさき〕

c0104227_1424117.jpg

c0104227_1465766.jpg

ジシバリ(キク科ニガナ属)地縛り
多年草。細長い茎が地面を這い、ところどころで根をおろすところが、まるで地面を縛るように見えることからこの名がある。
手入れをしていない畑や、畦や路傍にも群生する。

レーキ(rake)はくまで。長い木製の柄の先にクマの爪のような鉄爪を4,5本指状に並べた鍬。
草や牛ふんなどをかき集めたり、土を掘り起こしたり、ならしたりする農具

ジシバリは、開墾する賢治を悩ませた植物である。
by nenemu8921 | 2007-05-20 02:27 | 植物 | Comments(0)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921