【137】 睡蓮 

日脚がぼうとひろがれば
つめたい西の風も吹き
黒くいでたつむすめが二人
接骨木薮(ニワトコヤブ)をまはってくる
けらを着 縄で胸をしぼって
睡蓮の花のやうにわらひながら
ふたりがこっちへあるいてくる
         詩〔日脚がぼうとひろがれば〕


c0104227_7525626.jpg

スイレン(スイレン科スイレン属)睡蓮
スイレンは園芸上の呼び名。和名はヒツジグサ(未草)。「未の刻(今の午後 2 時)」に咲くのが命名の由来というが、実際は明るくなると開き、暗くなると閉じる。

この作品は書き始めた形(下書稿一)が、「曠原淑女」というタイトルを持っていて、旧全集や教科書ではそのかたちが紹介されているため、それに馴染んでいる人も多いと思う。
下書稿(一)では萓草の花のやうに
下書稿(二)では星座のやうに わらひながらとなっていた。それぞれ、だいぶイメージが違いますね。
Commented by マルメロ at 2007-05-23 15:02 x
ご無沙汰の間に睡蓮 の花咲く頃となったようですね。この睡蓮は盛岡の家の小さな池にいつも咲いていた学童期の頃を思い出します。冷たい西の風とはヤマセのことかな。ニワトコの花は春が来たという合図のようでした。ひとつひとつのことが思い当たることばかり。
ネネムさん盛岡に足運ばれたときどうぞ友の作るそばを召しがってくださいな。本町通り3-9-35ぽらあの雪峰庵、上盛岡駅と税務署の間と覚えてください。まだ繁盛しているようです。友に岩手山に登っているかと聞いたら鳴動続き噴火恐れでしばらく行けなかったと。山に登れないとは陸に上がった魚のようなもんでしょうか。
Commented by ミチア at 2007-05-23 19:50 x
ちょうど4年前の未年、我が家のベランダで睡蓮を育てていました。
大好きな花です。
Commented by nenemu8921 at 2007-05-23 23:58
マルメロさん。ありがとう。
賢治の詩を読んで思い当たることばかりなんて、いいですね。
イーハトーブには来月9日前後、4,5日行く予定です。
必ずぽらあの雪峰庵、寄ってみますね。
本町って、岩手病院の近くでしょう。賢治が肥厚性鼻炎で入院したという…。
他にもお勧めがあったら、教えてくださいね。

Commented by nenemu8921 at 2007-05-24 00:06
ミチアさん。ベランダで睡蓮育てるなんてステキ、すごいね。
面倒見がよくないと花が咲いてくれないでしょう。
私もチャレンジしてみようかしら。
by nenemu8921 | 2007-05-21 08:33 | 植物 | Comments(4)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921