こけもも←フレツプス

(略)
たしかに日はいま羊毛の雲にはひらうとして
サガレンの八月のすきとほつた空気を
やうやく葡萄の果汁(マスト)のやうに
またフレツプスのやうに甘くはつこうさせるのだ   
(略)                  詩「樺太鉄道」   


c0104227_18144538.jpg

コケモモ(ツツジ科スノキ属)苔桃
高山の岩地やハイマツの下に群落をつくって生える落葉小低木。6~8月に、白色またはやや赤みを帯びた長さ約6mmの鐘形の花を開く。液果は直径5~7mmの球形で赤く熟し、食用となる。

アカモノ(ツツジ科シラタマノキ属)
山地帯から高山帯の乾いたところに生える常緑小低木。茎は地面を這い、高さ10~20cmになる。若枝には赤褐色の開出毛がある。6~8月に上部の葉腋に長さ7~8mmの鐘型の白花をつける。果実は赤く熟す。和名は赤桃の転化ではないかという。別名をイワハゼとも言う。

mayahaさんからご指摘を頂き、訂正しました。
ありがとうございました。 
今後とも、皆さん、お気づきのことがあればお教えくださいね。

フレップスはコケモモ、ツルコケモモ、クオマメノキ、クロウスゴ、ガンコウラン、ケヨノミ等の液果の総称である。このアカモノの実もフレップスといえそうですが。
アイヌ語のフレプ(エゾイチゴの意)からきているらしい。
賢治作品では花は語られずフレツプスのイメージが多い。

追記
イーハトーブの友からコケモモの画像が送られてきました。
ようやく、ここ数日で咲き始めたようです。
c0104227_19271791.jpg

Commented by mo-su1717 at 2007-06-28 19:51 x
コケモモとてもかわいい!
↓のミズ食用になるの知りませんでした。
ウマノアシガタとてもきれいに写されていますね。蝶々も素敵。
Commented by nenemu8921 at 2007-06-29 08:39
mo-suさん。
ありがとうございます。小さな花を撮るときは地面に這い蹲るようになってしまいますね。
そんなとき、小さな虫になった気分で世界を感じますね(*^_^*)
Commented at 2007-06-30 16:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nenemu8921 at 2007-06-30 22:33
mayahaさん。まあ、ありがとう。
ほんと、ムムム……  
たしかに確認しました。
すっかりコケモモだと思い込んでいました。
どうも、イーハトーブでは、賢治作品のイメージが先入観として働いてしまうようです。
修正させていただきますね。
教えて下さって本当にありがとう。
by nenemu8921 | 2007-06-28 18:35 | 植物 | Comments(4)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921