アジサイ

あぢさゐいろの風だといふ
雲もシャッツも染まるといふ
ここらの藪と火山塊との配列は
そっくりどこかの大公園に使へるといふ
(略)
           詩「林学生」(下書稿二)


ヤマアジサイ(ユキノシタカアジサイ属)
c0104227_22274011.jpg

タマアジサイ(ユキノシタ科アジサイ属)
c0104227_22564714.jpg

アジサイ(園芸種)
c0104227_23484840.jpg

アジサイ(ユキノシタ科アジサイ属)紫陽花
日本原産の落葉低木。原型種のガクアジサイを品種改良し、園芸種として現在花の形・大きさなど数多くの種類がある。現在、庭木では日本から西洋に渡り品種改良されたセイヨウアジサイが多く見られるが、日本に多くの種類が自生する。
学名はHydrangea、「水の容器」という意味。学名のままヒドランジアあるいはハイドランジアということもある。

この作品の定稿では
ラクムス青(ブルー)の風だといふ
シャッツも手帳も染まるといふ  と、手入れされている。
ラクムスはアルカリに入れると青に変化するリトマスのこと。
アジサイの花の色が土壌の酸性度によって変化することからの発想か。

さて、アジサイいろの風とは?
Commented by ゆきねこ at 2007-07-19 10:42 x
ネネムさま、おひさしぶりです。今年の神戸は例年以上に、あざやかなあじさいが多いように思いました。天候のせい?雨の中、じくじくして歩いていると、パステルカラー満載のあじさいが、雨もいいもんだよ、と歌っていることがあります。あじさいは炎天下より曇り空が似合いますね。ではまた!
Commented by nenemu8921 at 2007-07-19 22:10
ゆきねこさん。こんばんわ。
紫陽花いろの雨がふるなりとうたったのは、三好達治でしたか?犀星でしたか?
あぢさいいろの風は、賢治的ですね。
パステルカラーのアジサイとなると、ゆきねこさん風ですね。

夏季セミナー、出かけますか?


Commented by かぐら川 at 2007-07-19 23:24 x
母よ―
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり

三好達治の乳母車ですね。

はじめまして。先日、偶然このブログにたどりついて以来、楽しみに拝見しています。
まだインターネットなど普及していなかった時代、“八仙花”ということが友人との間で話題になり、いろんな本を探しまわったことを思い出しました。“八仙花”とは、アジサイのことだったのです。その時、賢治の「林学生」にも巡りあって、「あぢさゐいろの風」「ラクムス青(ブルー)の風」を友人との書簡で取り上げたことも思い出しました。

先日のザクロも、あっそう言えば、カリンの前はザクロだったなと印象深く拝見しました。
Commented by nenemu8921 at 2007-07-20 00:17
かぐら川さん。ようこそ。
こちらこそ、どうぞ、よろしく。
そうでした。紫陽花いろのものでしたね。(冷汗…)
八仙花ですか。なんと読むのでしょう(冷汗……)

刺激になります。
時々、どうぞ、揺さぶりを入れてくださると、嬉しいです。
by nenemu8921 | 2007-07-18 22:42 | 植物 | Comments(4)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921