ヤマナシ

(略)
そのとき、トブン。
黒い円い大きなものが、天井から落ちてずうつとしづんで又上へのぼって行きました。キラキラツと黄金のぶちがひかりました。
『かはせみだ』子供らの蟹は頸をすくめて云ひました。
お父さんの蟹は、遠眼鏡のやうな両方の眼をあらん限り延ばして、よくよく見てから云ひました。
『さうぢゃない、あれはやまなしだ、流れて行くぞ、ついて行って見やう、あゝいい匂ひだな』
なるほど、そこらの月あかりの水の中は、やまなしのいい匂ひでいつぱいでした。(略)
                                           童話「やまなし」


c0104227_198190.jpg

c0104227_19515448.jpg
イワテヤマナシ(バラ科ナシ属)山梨
つい、数日前に種山ヶ原で出会った樹木。
童話「やまなし」のヤマナシが、植物学上の何かについては諸説ある。いわゆるヤマナシは関東以西、四国、九州の山地に自生するもの。また、最近では園芸種のヤマナシも市場に多く流通していて、ややこしい。東北地方で自生しているこのイワテヤマナシを「やまなし」のイメージでとらえたい。
「或る農学生の日誌」に登場する小梨も、オオズミのことではなく、この野生のナシの方言である。

c0104227_1995896.jpg
画像提供はyonoさんです。
こちらは盛岡市の林業試験場で「ヤマナシ」とされていたもの。花期は4月末。
Commented by オキザリス at 2007-08-29 20:34 x
こんばんわ。前から時々拝見しています。
このイワテヤマナシもいい匂いがするのですか?
大きさはどれくらいですか?
Commented by nenemu8921 at 2007-08-30 10:26
オキザリスさん。ようこそ。
はい、熟すととてもいい匂いです。
大きさは小粒のサクランボくらいです。
今後とも、どうぞ、よろしく。
Commented by 蓮華 at 2009-11-16 21:56 x
はじめまして、こんばんは。
国語の授業でちょうど童話「やまなし」をやっているので参考になります。
ありがとうございます。
やまなしとかわせみの対比やなぜ題名が「やまなし」なのか、等やっています。
今後も参考にさせていただきます。
Commented by nenemu8921 at 2009-11-17 00:30
まあ、蓮華さん。ようこそ。
お役に立てれば、幸いです。
賢治作品のイメージ展開は楽しみでやっているのですが、そんなに真面目に気にかけてくださる方もいらっしゃるのね。
今後は少しアカデミックに展開しようかしら(^^♪
時々横道にそれたりしますが、どうぞ、よろしく。
Commented by 蓮華 at 2009-11-17 21:35 x
こちらこそ
よろしくお願いします。
by nenemu8921 | 2007-08-29 19:42 | 植物 | Comments(5)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921