ススキ

そのとき西のぎらぎらのちぢれた雲のあひだから、
夕陽は赤くななめに苔の野原に注ぎ、
すすきはみんな白い火のやうにゆれて光りました。
                    童話「鹿踊りのはじまり」


c0104227_2333078.jpg

ススキ(イネ科ススキ属)薄
各地の平地や山地の日当たりのよいところに生える多年草。
別名のカヤは、昔、この葉で屋根をふいたことから刈屋根の意味だとも言う。
古名の尾花は花穂の形による。

賢治作品では、しばしば登場するが、「すすき」「芒」「かや」「萱」など表記は様々である。
イーハトーブの景色には、周年ススキは遍在するが、やはり秋が一番美しい。
Commented by bella8 at 2007-11-07 10:44
ヒンヤリとした爽やかな秋の風を感じます。

イーはトーブはかなり寒くなっているのかしら?

Commented by namiheiii at 2007-11-07 10:50
ヨシ、オギ、ススキの区別がやっとつくようになりました。
Commented by オキザリス at 2007-11-07 16:21 x
この冒頭の文章はいいですね。
写真のススキも白く燃えていますね!(^^)!
Commented by nenemu8921 at 2007-11-07 16:37
ベラさん。昨夜はいろいろありがとう。
忙しいところをごめんなさいね。でも、ご親切をすごく嬉しく感じました。
outlookからはいると、変換が可能になりました。
しばらく試行錯誤が続きそうです。

Commented by nenemu8921 at 2007-11-07 16:40
nanihei先生のアニメ面白く拝見しました。
多才な方なのですね!!
でも、楽しんでいらっしゃる雰囲気が伝わってきて、恐れ多いけれど、
フレンドリーなものも感じます。
Commented by nenemu8921 at 2007-11-07 16:43
オキザリスさん。ありがとう。
ススキに陽光が差してきらきらしているのに出会うと、ああ、白く燃えているなあといつも感じます。
でも、いい写真はなかなか撮れないのですよ。
by nenemu8921 | 2007-11-07 09:26 | 植物 | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921