コナラ

月のほのほをかたむけて、  水杵はひとりありしかど、
搗けるはまこと喰みも得ぬ、 渋きこならの実なりけり。
(略)
                 文語詩〔月のほのほをかたむけて〕

c0104227_1394945.jpg

c0104227_140182.jpg

c0104227_141244.jpg
コナラ(ブナ科コナラ属)小楢
山地や丘陵地に多い落葉高木。高さ25mほどになる。樹皮は灰黒色で、縦に不規則な裂け目がある。堅果(どんぐり)は、長さ約2cmの楕円形で年内に熟す。

きれいに紅葉したコナラの若い木を見つけた。実は昨年のもの。
宮沢賢治はナラノキが気に入っていたのだろう。「楢の木大学士の野宿」では大学士、」「ひかりの素足」では遭難する弟、楢夫で登場する。「さるのこしかけ」の主人公も楢夫だった。
普通ナラといえば、コナラをさす。オオナラとも呼ばれるミズナラはコナラよりやや深山に多い。


追記
メールをいただいた。水杵について説明せよとの仰せである。
水杵とは、バッタン(バッタリ、バッタリー、ガッタンなどとも)と呼ばれたもの。沢水などを引いて、水力を利用した脱穀、精米の装置のこと。現在でも使用している地域もあるようです。
c0104227_18323614.jpg
搗いても食べられない渋いどんぐりだと詩人は言うが、時間をかけて煮て、水に晒してアクを抜き、食料にしていた。
「どんぐりと山猫」の舞台となった北上山地では、第2次世界大戦後の食糧難の時代までずっと、どんぐりは日常の食べものだったという。(「どんぐり博物誌」『雲の信号』創刊号所収)
北上山地の宿でいただいたどんぐりデザートを以前紹介した。よかったら、こちらをどうぞ。
Commented by ケイタロー at 2007-12-28 18:21 x
やあ、きれいな紅葉ですね。
今年はいろいろ勉強させてもらい、楽しませてもらいました。
来年も楽しみにしています。
Commented by bella8 at 2007-12-30 08:34
nenemuさん、
今年もいよいよ押し詰まりましたね。
いろいろお世話になりました。

お陰さまで、宮沢賢治のことを随分学べました。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいね。



宮沢検事
Commented by mayaha at 2007-12-30 09:54
ほとんど知らなかった賢治さんのこと、おやそうなの~と楽しませていただいています。
コナラはこちらの里山でも主役です、こんなに赤くはなりませんが。
Commented by 谷津の彷徨い人・・・ at 2007-12-31 21:20 x
 コメントの方はご無沙汰して居りますが 日々楽しみにお伺いして居ります ひょんな出会いでしたが 私にとりましては 凄い出会いでした 素晴らしい賢治の研究家の人達の交流 その お仲間のアッチコッチへもお伺いさせて頂いて感動して居ります 皆様の写真と文章は玄人 今後とも楽しみにさせて頂きます 来る年は又 ひょんな出会い あるいは待ち合わせなど・・・を 期待しつつ 良いお年をお迎え下さい 花
Commented by rinrin at 2007-12-31 22:21 x
難しい文章を私に分かりやすく、紐解いていただき、少し賢治が近くなりました。
ありがとうございます。
よいお年をお迎えください。
Commented by さわ at 2008-01-01 15:29 x
あけましておめでとうございます。
年賀状ありがとうございます。
仙台のさわ○○です。

さっそくブログに遊びに参りました。
で、お気に入りに登録と思いましたら、
もうすでに登録されておりました。

昨年夏に「ユキのスクラップ帳」で知り、
いいブログと思い、お気に入りに入れていました。
まさか○○(nenemu)さんのブログとは気が付きませんでした。(^^ゞ

ユキさんとは以前からお友達で、さわのHNで書き込みもさせてもらっていました。小岩○の作品展も見ていただきました。
nenemuさんにも来ていただいたのにお会いできず、とても残念でした。

これからも、ちょくちょくお邪魔させていただきますので、
よろしくお願いします。^∀^
Commented by かぐら川 at 2008-01-01 17:20 x
 本年もよろしくお願いいたします。

 水杵や水車のある風景はいいですね。久しぶりに「まわる、まわれ水車」という写真集をとり出して見入ってしまいました。
 この水杵(添水)については、シーボルトの『江戸参府紀行』についてもふれられていますね。肥前の水杵(添水)は、精米用ではなく陶土を砕くためのものですが。
Commented by かぐら川 at 2008-01-01 17:37 x
 ちょうど上掲の写真集に、『江戸参府紀行』(東洋文庫)の肥前の水杵(添水)の部分が引用されていましたので、写しておきます。シーボルトはこの風変わりな装置の動きに関心をもったようです。科学者らしい正確さで書きとめています。

 “20ないし25フィートの長さの円い材木の、太さ約2フィートの一方の端のところが長方形の桶の形に彫ってあり、もう一方の端には木製のハンマー形の杵がつけてあり、その下側には鉄が打ちつけてある。この円材はほぼ中央の重心のあるところが軸になって、シーソーのように昇ったり降りたりする。桶が水でいっぱいになればさがり、反対の端にあるハンマーは少しのあいだあがっているが、流れ込んでいた水で重くなっていた桶がからになると、急にはねあがりハンマーは重みで玄武岩か花崗岩で作った擂鉢の中へ落ちてゆき陶土を砕く。”
Commented by nenemu8921 at 2008-01-03 22:24
ケイタローさん。今年もよろしくおねがいいたします。
ご挨拶が遅れてごめんなさい。

Commented by nenemu8921 at 2008-01-03 22:36
ベラさん。年末は失礼してしまってごめんなさい。
今年もどうかよろしくお願いします。
こちらへいらしたら、お声をかけてね。お顔を見ると元気が出るので。
よろしく。
Commented by nenemu8921 at 2008-01-03 22:38
mayahaさん。今年も植物のこと、いろいろ教えてくださいネ。
いつも画像楽しみにしています。
宮沢賢治に親しんでもらえたらうれしいです。
Commented by nenemu8921 at 2008-01-03 22:45
谷津の彷徨い人さん。こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
きっと、また行き会えると思います。
谷津や三番瀬をワクワクして歩いているのですよ。
写真も拝見するのをいつも楽しみです。
お連れ合いはその後いかがですか?
楽しい時間を重ねたいですね。

Commented by nenemu8921 at 2008-01-03 22:56
rinrinさん。大つごもりの夜にコメント入れてくださってありがとう。
今年もよろしくお願いします。
なんだか、上記のような状況で落ち着かない新年になってしまいました。
でも、兄にバトンタッチして、いったん帰宅しました。
出来るだけ周囲に迷惑をかけないように予定通りのあれこれは片付けないと…思いつつ。
今年も元気で過ごしたい。
よろしくお願いいたします。雪すごかったようですね。
Commented by nenemu8921 at 2008-01-03 23:01
さわさん。ようこそ。
そうだったの。ユキさんのお友達だったのね。さすが小岩○ファミリーですね。あの水彩画展はとても素敵でした。
今度はあなたと岩手山ろくでバッタリ出会うかもしれませんね。
時々、コメント入れてくださると励みになります。
どうぞ、よろしく。

Commented by nenemu8921 at 2008-01-03 23:13
かぐら川さん。新年おめでとうございます。
今年もよろしくご教示ください。
シーボルトの「江戸参府紀行」にそのような記述がありましたか。
本当に博識ですね。
以前、ご紹介いただいた「シーボルト・日本植物誌」は、さっそく購入して面白く読みました
毎月、小さな自然保護団体の会誌に新刊書の紹介をしていますが、そこで取り上げさせてもらいました。。アナログの世界です。
いつも、ネタ探しに苦労しますので、とても助かりました。
今後とも、何かとご援助ください。
今年はいろいろありそうですが、ユーモアを忘れずに過ごしたいと思っています。
よろしくお願いいたします。



by nenemu8921 | 2007-12-28 02:01 | 植物 | Comments(15)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921