ミズバショウ← 鷺百合← 水百合← 水ばせう

空気がゆるみ
沼には鷺百合の花が咲いた
むすめたちは
みなつややかな黒髪をすべらかし
あたらしい紺のペッティコートや
また春らしい水いろの上着
プラットフォームの陸橋の段のところでは
赤縞のずぼんをはいた老楽長が
そらこんな工合だといふふうに
楽譜を読んできかせてゐるし
山脉はけむりになってほのかにながれ
(略)
             詩 「春」 


c0104227_9786.jpg

c0104227_975037.jpg
ミズバショウ(サトイモ科ミズバショウ属)水芭蕉
山地の湿原に大きな群落をつくって生える多年草。北海道、本州に分布。雪解けの頃、内部に黄色い肉質の穂状花序の花を覗かせ、これを囲んで20センチほどの白い仏焔苞が開く。花後、葉がぐんぐん伸びて数十センチの大きさになり、根茎でも繁殖する。バショウの葉に似るというので水芭蕉の名がついた。

東北のミズバショウはこれからだが、群馬の赤城山の山麓で群落を見つけた。けぶったような木々のなかにコブシやミズキが満開で、その足元にミズバショウ、リュウキンカが春を歌っていた。

作品は「春と修羅 第二集」のなかの一編。
詩人は新しい言葉を創造し、世界を新鮮にする。
「牛(ベゴ)の舌」という地方名で、呼ばれていたこの花も、賢治のネーミングにかかると、水百合となり、鷺百合となる。(下書き稿を丁寧に見ていくと、その経過が判明する)
ペッティコートは、女性の下着。ドレスの下につけるスカートスタイルのもの。昭和40年代には普通に使用されていた言葉である。
春はいつの時代であっても、若い娘たちの心はずむ、おしゃれの季節である。
Commented by オキザリス at 2008-04-11 12:52 x
ミズバショウといえば、尾瀬のイメージがありますが、
賢治のミズバショウは、牛の舌であり、鷺百合ですか。
初夏のイメージがありますが、早春の花なのですね。
Commented by namiheiii at 2008-04-11 21:52
この花を下から見上げてみたいのだが無理かなぁ?
Commented by こにタン at 2008-04-12 18:27 x
今朝も、この場所に行ってきました。周辺ではソメイヨシノが満開でした。
ここは初夏にはゲンジボタルの舞いが見られます。
Commented by nenemu8921 at 2008-04-12 20:56
オキザリスさん。尾瀬のミズバショウは戦後の流行でしょうね。
初夏? そうですね、「夏が来ると思い出す…、はるかな尾瀬…」でしたか。
ミズバショウも標高が高いところは、咲き出すのは初夏ですね。
賢治の時代には、ベゴの舌は、牛も食べない植物で牧草にならず、困りものだったようです。
Commented by nenemu8921 at 2008-04-12 21:00
namihei先生。私もそう思います。
地面にはいつくばって、望遠で下から撮ってみたりするのですが。
いい画像にはなりませんでした。^_^;
Commented by nenemu8921 at 2008-04-12 21:07
こにタンさん。いいですね。気軽に行けて。
7日に行ったときは、キビタキがいて、さえずりが聞かれました。
コジュケイはすぐそばまで来て大声で、啼いていましたが、姿は見られませんでした。
カワラヒワの小群。エナガなどはゆっくり見られましたが、植物の写真を撮るのに夢中でした。(^^♪
Commented by sdknz610 at 2008-04-12 22:27
刺巻湿原の水芭蕉は・・・今はまだかな~・・・。
5月1日では遅過ぎでしょうね・・・。
Commented by bella8 at 2008-04-13 07:47
まぁこんなに沢山ミズバショウが群生しているのですね。
群馬はお花の見どころがいろいろあって楽しめますね。

写真展の準備で忙しくなさっているのではありませんか?
また、お暇な時にゆっくりお話しましょうね。

Commented by nenemu8921 at 2008-04-13 10:10
samさん刺巻湿原ですか。秋田でしょう。
まだ一度も行った事がありません。行ってみたいなあ。
(岩手県側からの八幡平には、夏、良く行くのですが…。)
samさんの画像、楽しみにしていますよ。
でも、ほんと、フットワーク軽いですね!!
Commented by nenemu8921 at 2008-04-13 10:16
ベラさん。お忙しそうね。ご活躍何よりです。
お母様、元気でましたか?
私も久しぶりにママのご機嫌を伺ってきました。(#^.^#)
いつか、群馬もご案内したいです。花いっぱいの町です。
Commented by rinrin at 2008-04-14 22:03 x
賢治はなかなかおしゃれな詩を書いているんですね
遠野や岩泉にもいい湿原がありますよ。
5月の連休ごろです
Commented by eruhu at 2008-04-16 17:17 x
ミズバショウは尾瀬のイメージがあるけれど、賢治はその先を行っていたのですね。
ザゼンソウのことは書いていないのですか?
Commented by nenemu8921 at 2008-04-16 19:54
rinrinさん。遠野や岩泉の湿原って何処ですか?
内緒で教えて!!
櫃取かしら。あすこはとてもいいところですよね。
イーハトーブでは、ミズバショウは岩手山麓で見ることが多いのですが。
Commented by nenemu8921 at 2008-04-16 19:56
eruhuさん。残念ながらザゼンソウの記述はありません。
当時はミズバショウ以上にマイナーな植物だったような気がします。
でも、不思議な雰囲気でいいですよね。
by nenemu8921 | 2008-04-11 09:10 | 植物 | Comments(14)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921