(略)
それよりまああの梨の木どもをご覧なさい。
枝が剪られたばかりなので身体が一向釣り合いません。
まるで蛹(さなぎ)の踊りです。」
「蛹踊(さなぎおどり)とはそいつはあんまり可愛さうです。
すっかり悄気(しょげ)て化石してしまったぢゃありませんか。」
「石になるとは。そいつはあんまりひどすぎる。
おおい。梨の木。木のまんまでいいんだよ。
けれども仲々人の命令をすなほに用ひるやつらぢゃないんです。」
(略)
                     童話「チューリップの幻術」


c0104227_199479.jpg
画像はクリックすると大きくなります
c0104227_19115323.jpg

c0104227_1913031.jpg

ナシ(バラ科ナシ属)
和なし(日本なし、Pyrus pyrifolia var. culta )、中国なし (P. bretschneideri) 、洋なし(西洋なし、P. communis )の3つがあり、食用として世界中で栽培される。日本語で単に「梨」と言うと通常はこのうちの和なしを指す。
ナシ(和なし、日本なし)は、中国を原産とし中国や朝鮮半島、日本の中部地方以南に自生する野生種ヤマナシ(ニホンヤマナシ、P. pyrifolia var. pyrifolia )を基本種とする栽培品種群のことである。
高さ15メートルほどの落葉高木。葉は長さ12cmほどの卵形で、縁に芒状の鋸歯がある。花期は4月頃で、葉の展開とともに5枚の白い花弁からなる花を付ける。8月下旬から11月頃にかけて、黄褐色または黄緑色でリンゴに似た直径10~18センチメートル程度の球形の果実がなり、食用とされる。
20世紀、長十郎、幸水、豊水などたくさんの品種がある。

「チューリップの幻術」は、農園を舞台として、洋傘直しと園丁との会話で展開される童話である。 
農園にはすももや油桃(つばいもも)、巴丹杏やまるめろも栽培されている様子だが、二人は畑のチューリップを眺めながら話を弾ませる。
梨の蛹踊とは、剪定整枝された樹木の様子をたとえたもの。

市川市は梨の栽培で有名である。花盛りの梨農園を訪ねた。
剪定された樹木は戯曲「飢餓陣営」の生産体操、カンデラーブルを連想させた。
Commented by namiheiii at 2008-04-16 21:02
おお、何と美しい!梨の花はこんなにきれいなものだったのか。梨畑の針金や支柱が邪魔になってうまく撮れたためしがない。
Commented by nenemu8921 at 2008-04-17 00:29
namihei先生。
今日はうす曇で、青い空の援軍なしでした。
白い空に白い花で露出補正が難しかったです。
Commented by rinrin at 2008-04-17 08:35 x
水芭蕉は、遠野は、貞任高原。ふしぎの里・遠野を行く のブログです過去ですが。小さな手紙 と言うブログで、秋田の刺巻湿原を見れます。櫃取湿原は沢山ありました。私は入り口しか行ってません
ーー;
遠いんです。我が家から。
Commented by オキザリス at 2008-04-17 08:45 x
梨の花はうす曇に良く似合う…。
桜よりいっそうはかない美しさです。
一番下の写真、後ろ姿もいいですね。

Commented by sdknz610 at 2008-04-17 09:13
雄蘂が黒かったか・・・♪ これもバラ科でしたか~。
こんなにキレイな花だったとは! 
ナシの花、nenemuさんに感謝しないとね♪
Commented by nenemu8921 at 2008-04-17 22:36
rinrinさん。有難うございます。
遠野へは花巻から近いのに、なかなか行く機会がありません。
貞任湿原、秋田の刺巻湿原、行ってみたいです。
ブログのご紹介もありがとう。見てみますね。
Commented by nenemu8921 at 2008-04-17 22:40
オキザリスさん。
このごろ視力が落ちて、曇り日はピンがなかなか定まりません。(ーー;)
今日の雨で、みな散ってしまっただろうなあ…。
Commented by nenemu8921 at 2008-04-17 22:45
samさん。雄蘂はピンクのもありましたよ。
若い花? いや違う品種のようでしたが。
でも、完全開花で黒くなるみたいでした。
樹木の幹が整列していて実に見事でした。
by nenemu8921 | 2008-04-16 19:10 | 植物 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921