ヤマグミ

何と云はれても
わたくしはひかる水玉


c0104227_14214866.jpg


c0104227_14224070.jpg
マイ下ノ畑のひかる水玉

つめたい雫
c0104227_14233584.jpg


c0104227_14265578.jpg
ミヤコグサ(マメ科ミヤコグサ属)日本全土に見られる多年草。九十九里海岸で。

すきとほった雨つぶを
枝いっぱいにみてた
若い山ぐみの木なのである 
               詩 〔何と云はれても〕


c0104227_14291879.jpg

ヤマグミ←ナツグミ(グミ科グミ属)夏茱萸
山野に生える落葉小高木。夏に実が熟すのでこの名。「グミ」はグイ実の略。グイとは棘の意で、棘のある木の実。他に、含む(ククム)実が転じたと言う説も。漢名で茱萸は、別の木を表し、誤り。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州。
庭にもよく植えられる。若枝には赤褐色の鱗片がある。しばしば枝が棘状になる。
グミ属の特徴は、この棘と、樹全体に鱗片が多いこと。
葉は互生し、長楕円形あるいは倒卵状長楕円形で変移が多い。縁は全縁、表に脱落性の灰白色の鱗片および鱗毛があり、裏面には銀色の鱗片にまばらに褐色の鱗片が混ざる。 葉
4~5月に、葉腋に1~2個の花が下垂する。花に見えるのは萼筒で、先が4裂する。花弁は無い。萼筒の基部は、子房と合着し、花柄につながる。萼筒の表面にも、褐色の鱗毛がある。

ヤマグミという植物はないことから、自生するナツグミのことをヤマグミと呼んだのであろう。
漢方でサンシュの実のことをヤマグミというが、5月3日の日付がある詩なので、この時期に咲くこのナツグミがふさわしい。

房総に出かけたら、生憎の天気だった。犬吠崎岬周辺で、このナツグミの木をたくさん見かけた。眠たそうな花をちょうど満開にしていた。


追記
花巻出身の長老から、ご丁寧なお電話をいただいた。
ヤマグミと呼んでいたのはアキグミのことだそうです。
初夏に実が成るナツグミや他のグミが実が大きく、甘いのに比して、
秋に実をつけるアキグミは実が小さいそうである。
屋敷内に植えるのは、ナツグミで、モチグミとも言ったという。
アキグミもナツグミと同じように今の季節に似た花を咲かせるそうである。

いずれナツグミ、アキグミの実を撮影し、あらためてこの作品とともにご紹介したいとおもいます。

ご教示ありがとうございました。
今後もお気づきのことがあれば、どうぞ、お声をおかけください。
Commented by sdknz610 at 2008-05-05 20:43
トップのブルーはドキっとしました♪
二枚目の水滴が新鮮です。ここまで大写しというのは余り見た事ないな~♪
スゴイ魚眼♪
タンポポの穂ですか? この画も印象的です。
雨を味方にしちゃうnenemuさんを見習わなくっちゃ・・・♪
Commented by オキザリス at 2008-05-06 13:13 x
ヤマグミ、ナツグミの花、初めて見ました。
スイカズラに似ていますか?
いい香りしますか?
Commented by nenemu8921 at 2008-05-06 23:21
samさん。はげまし(⌒-⌒)ニコニコ...ありがとうございます。
出かけられない日は、畑のタンポポばかり撮っていました。
小岩井の一本桜、拝見しました。さすがに素晴らしい画像でした。
コメント試みたのですが、禁止用語があるとかで、拒否されてしまいました。(ノд・。) グスン
この3月に行ったときは雪景色で、またステキでした。

小岩井の周辺は知られていないところも、とてもいいところがたくさんあります。あちこち回りましたか?
Commented by nenemu8921 at 2008-05-06 23:24
オキザリスさん。
私も初めて見たのですよ。いや、気づいたというべきなのかもしれませんが。
スイカズラより肉厚な感じの花?です。芳香は気づきませんでした。
東北では出会ったことがないのですが。
Commented by sdknz610 at 2008-05-07 23:25
小岩井の一本桜、3月7日の画でしたね♪
あれ!ですよ・・・。お陰さまでズ~ッと頭の隅にあったんですね。
それで寄ってみる気に・・・♪
スパムが多くて・・・、ちょっと網掛けし過ぎみたいですね。
どうも失礼をば・・・。
少し緩めてみました。又よろしくお願いしますm(_ _)m
Commented by nenemu8921 at 2008-05-08 00:10
samさん。ありがとうございます。
八幡平、素晴らしかったようですね。
後生掛温泉にこんど泊まってみたいなあ。
昨年、6月に行ったときは、オキナグサを初めたくさんの植物が見られました。♪♪
Commented by suzukishuhoku at 2008-05-08 07:35 x
写真の切れの良さにまいりました。
グミについては小さい頃、大木のグミの木に登ってよく食べたので、いま口の中に少年時代を思い出しています。
Commented by nenemu8921 at 2008-05-08 13:35
suzukishuhoku さん。ようこそ。
時期になったら、グミの実の写真、ぜひ載せてください。
楽しみにしています。
Commented by rinrin at 2008-05-09 21:59 x
多分↑のsuzukiさんがおっしゃっているのは、葉っぱの裏が白い、結構大きい実ではないかと?
うちにもあったんですよ。
私はあまり記憶が定かではないんですが・・・叔父たちが争うように食べたと言います。
母の実家の裏がすごい雑木林だったのですが、母の弟の叔父がグミを取っていくと、学校で人だかりになった。とも言います。
なんだか種類が沢山あるそうですよ
Commented by nenemu8921 at 2008-05-13 18:43
rinrinさん。わぁ、ごめんなさい。気づかずにいました。(*_ _)人ゴメンナサイ
グミはイーハトーブでは、自然からの贈り物だったのですね。
おいしかったのでしょうね。
花のときは目立たず、実がつくと、おいしくて、きれい!!ですか。

種類もたくさんあったのですか。そうですか。
最近は食べられないのでしょうか?
こちらもよく調べてみますね。
rinrinさん。ありがとう。


by nenemu8921 | 2008-05-05 14:29 | 植物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921