ういきょう→フェンネル ハーブ その②

若い葉および種子(フェンネルシード)は、甘い香りと苦味が特徴で消化促進・消臭・肥満防止に効果があり、香辛料(スパイス)、ハーブとして、食用、薬用、化粧品用などに古くから用いられている。
c0104227_1419345.jpg


西洋では魚料理やピクルスの風味付けに用いられ、インドではカレー料理に、中国では五香粉の原料として用いられる。またパスティスやアクアヴィットなどの酒類・リキュール類の香り付けにも用いられる。今年はウイキョウ酒を造ってみようかな。
フェンネルの葉柄基部が肥大したものはフィノッキオ(finocchio)と呼ばれ、野菜としてサラダなどに用いられる。ほとんどセロリ感覚で使うのがよいようです。先日、農園の隣人G.V.さんが持参してくれたお手製のフェンネル・ピクルスです。ハムやソーセージの付けあわせとしていただくとおいしい。つい写真を撮るのを忘れてしまった。食べつくす前にとあわてて写したが、ピンボケでした。
c0104227_14204888.jpg


G.V.さん。農園の隣人であり、ハーブコーディネーター、ガーディナーとしてご活躍です。
この方は作業をしながら、ソプラノでアリアを歌うので、「みどりの指に」にちなんでグリーン・ヴォイスさんと名付けました。もちろん、歌声を聞いてハーブもバラもすくすく伸びて、いい花を咲かせます。わが「下ノ畑」のオールドローズやハーブ類の多くは、G.Vさんのところから嫁いだものが多いのです。
c0104227_1423534.jpg

Commented by マルメロ at 2008-06-20 00:48 x
フェンネルの黄色い花の開いたさまを香りとともに鮮やかに思い出しました。素敵なガーデイナと歌声に恵まれた下の畑のハーブたち、あららカモミールやオレガノもありますね。どれもが10年よりも前になる懐かしい光景です。今又荒れた庭をこのように戻したいと思い始めています。が時間的に体力的に厳しいけれど楽しみに・・したいです。
Commented by nenemu8921 at 2008-06-20 09:07
マルメロさん。ハーブお詳しいですね。
ハーブ類は繁殖力が強くて、あっという間に茂ってしまうでしょう。
少しづつ、ハーブ類もご紹介したいと思っています。
Commented by グレ at 2008-06-20 11:25 x
こんにちは、フェンネルとウイキョウが同じものだったんですね!
ウイキョウは漢方に使われてますよね?
薬草だと食べるという感じがしないのに、ハーブというと食べられるって思うのがおかしいですね。
わたしが勝手に思っているだけですけどねーー;
Commented by nenemu8921 at 2008-06-20 13:26
グレさん。そーです。
フェンネル、ウイキョウ、茴香……。
言葉のイメージはちがうけれど。
ハーブだとおしゃれな感じですが、漢方だと健康によさそうな…。(*^_^*)


Commented by suzukishuhoku at 2008-06-20 13:50 x
今日は
 済みません、6/19に頂いたコメントの返事の中で” 黄色い5弁の直径約2㎝の花が咲く”と書きましたが、今日20日行って確認したならば1㎝弱でした。
 なお、例のミヤマウイキョウの開花時期ですが『早池峰連巓の花』(土井信夫著)によるものです。ナンブワチガイソウを知ったあの本です。
Commented by nenemu8921 at 2008-06-20 19:10
suzukishuhoku さん。ご丁寧に恐縮です。
ミヤマウイキョウは、今年是非行き会いたい花です。
そうですか。有難うございます。
がんばって行ってみたいですね。
Commented by オキザリス at 2008-06-22 14:38 x
こんにちわ。
グリーンヴォイスさんですか! いいネーミングですね!
ピクルスもおいしそう。
本当に歌うんですか??
陽気な花が育ちそうですね。
by nenemu8921 | 2008-06-19 14:23 | 植物 | Comments(7)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921