たばこ

(略)
少し行くと一けんの藁やねの家があって、その前に小さなたばこ畑がありました。たばこの木はもう下の方の葉をつんであるので、その青い茎が林のやうにきれいにならんでいかにも面白さうでした。
 すると又三郎はいきなり、
「何だい、此の葉は。」と云ひながら葉を一枚むしって一郎に見せました。すると一郎はびっくりして、
「わあ、又三郎、たばこの葉とるづど専売局にうんと叱られるぞ。わあ、又三郎何してとった。」と少し顔いろを悪くして云ひました。みんなも口々に云ひました。
「わあい。専売局でぁ、この葉一枚づつ数へて帖面さつけでるだ。おら知らなぃぞ。」
「おらも知らなぃぞ。」
「おらも知らなぃぞ。」みんな口をそろへてはやしました。
 すると又三郎は顔をまっ赤にして、しばらくそれを振り廻はして何か云はうと考えてゐましたが、
「おら知らないでとったんだい。」と怒ったやうに云ひました。
 みんなは怖さうに、誰か見てゐないかといふやうに向こふの家を見ました。
                                       童話「風の又三郎」


c0104227_10422267.jpg

c0104227_10424912.jpg
タバコ(ナス科タバコ属)
たばこの原材料となる植物は、ナス科タバコ属の「ニコティアナ・タバカム」。
この「ニコティアナ・タバカム」は、ロート状のピンクの花を咲かせるが、タバコ栽培では葉肉を充実させるために花はすぐに摘まれてしまうとか。
物語は九月五日の章である。タバコの葉は黄色く色づいた葉を下から一枚づつ収穫する。
これは先月、岩手県旧玉山村(現盛岡市)にての撮影なので、まだ若い状態だ。
昔は専売制だったので、葉を一枚づつ管理していたのだろうか?
この童話は方言が難しくて、子どもが幼いとき、読み聞かせるのに苦労した思い出がある。

最近ではタバコを吸う人は国賊扱いである。健康志向、環境のクリーン化への掛け声のもとに。

宮沢賢治は愛煙家ではなかったが、時としてタバコを吸って見せたというエピソードもある。

タバコ栽培といえば映画「早池峰の賦」(羽田澄子監督)を思い出す。
早池峰山麓に暮らす人々の四季折々の生活を描いたものだ。神楽舞い、タバコ栽培のシーンなど、延々と黙々とカメラを回しつづけた、いい映画だった。
Commented by sdknz610 at 2008-07-15 20:17
ナス科とは!知らなかったです♪ 
まだこんなに栽培してるんだ~・・・。
@1000円という話が喧しくなってますからね~・・・。

風の又三郎・・・あのマント姿が微かに頭にあります・・・。
風の谷のナウシカとは違うよね~・・・♪
Commented by rinrin at 2008-07-15 21:35 x
nenemuさん、お子さんが小さいときに読んでさしあげたなんて凄いです。花巻の小学校は、国語の教科書みたいな本が賢治の事や童話を書いて配布されるので、自然にいくつか読んでおります。銀河鉄道の夜はアニメでも難しそうでした。方言はOKなんですがね・・・^^;そうそう、タバコは、数えて管理したそうですよ。厳しかったんですね。
Commented by nenemu8921 at 2008-07-15 22:22
samさん。ナス科のヤサイって多いですね。トマトもそうでしょう。

「風の又三郎」の映画は、やはり島耕二治監督の作品が印象的ですね。
ガラスのマントも素朴だったけれど。
いい映画でした。

Commented by nenemu8921 at 2008-07-15 22:30
rinrinさん。賢治作品はほとんど読んでやったと思います。
くすくす笑って、楽しんでくれました。
大人になってからも「まどうてください」なんて、会話の中に出てきますよ。
花巻の子どもたちは恵まれていますね。学校や先生方が熱心で。
でもあまりに他の情報が多いので、子どももたいへんですね。
そうですか。タバコの葉っぱも管理していたのですか。
子ども心の表現らしいなと読んでいたのですが…。
機会があったら、ぜひ「早池峰の賦」という映画見てください。
素晴らしい映画です。
Commented by moraisan at 2008-07-15 23:44
長野県でもタバコの栽培は少し奥まった山村などに多いようです。
あまり田畑に向かないような山間では、タバコや蕎麦、ホップなど細々の作が生活の糧であったのかもしれません。
タバコ吸いは国賊ですか~^^;  時々パイプを燻らす身には、耳の痛い話ですね。
そういえば国産のパイプタバコはなくなってしまいました。
いつかお話の『めくらぶどうと虹』‥ やはり賢治は自らを「めくらぶどう」になぞらえていたと思います。
色美しい野葡萄ではなく、あえて「盲いた・ぶどう」だと。
Commented by namiheiii at 2008-07-16 22:05
国賊はなかなか無くなりませんね。1000円と言わずもっとべらぼうに税金を高くすれば良いのではないかと思います。かく言う私も30歳まではたばこを吸っていたのですが・・・戦争中はタバコの配給やら、ご褒美にその筋から菊の紋章の入った恩賜の煙草とかがありましたね。
Commented by マルメロ at 2008-07-16 22:25 x
又三郎と子供たちのやり取りは子供の時分母の実家の里山の畑でその葉に触れたときトッタライケナインジャと幼い従兄弟にたしなめられた言葉そのまんまでした。農家の貴重な収入源だったという意味で、好奇心などで吸うものなんぞ思ってもいなかったことを今の中学高校の喫煙したがる子達に聞かせたいことばでもあるのだが。今はそんな貨幣価値が違ってきたこともあって千円のタバコでもいいのかもしれないと思ってしまいます。
Commented by nenemu8921 at 2008-07-16 22:42
moraisanさん。
「早池峰の賦」という映画では、おっしゃる通りの背景があっての早池峰のふもとの部落でのタバコ栽培の一年の作業工程を丁寧に取材していました。
葉の一枚一枚を大切に乾燥させたりたたんだり…、心に残りました。
又三郎の世界で、子どもたちの会話も、そうした背景があってのことと思います。
パイプなさるのですか? 香りがいいですよね。
めくらぶどうのお説は、伺えば、深い読みですね。
やはり、よだかに通じるものがあるのかもしれませんね。
「よだかの星」を読み返してみて、なるほどと思います。


Commented by nenemu8921 at 2008-07-16 22:53
namihei先生。実は私も愛煙家です。
家族に顰蹙をかっていますし、友人も限られますし、このごろは会議の席も、会食の席も、新幹線もみな禁煙です。
買い換えた新車には灰皿がありませんでした!!
namihei先生にも軽蔑されそうですが。
やめられないので、実に孤独です。
恩賜煙草はありましたですよ。
昨年秋に園遊会にご招待いただきましたが、その席にステキなシガレットケースに用意されていました。ご自由にどうぞと。
しかしお土産はさすがに時節柄、昔のようにはいかずということでしょうか。
古風な高級な和菓子の箱をいただきましたですよ。

Commented by nenemu8921 at 2008-07-16 23:02
マルメロさん。そうですか。
最近では、花巻の方でも「風の又三郎」は読めないという方が少なくないようですが。
読めないけれど、話せるのかも知れません。
最近の子どもたちでも、喫煙したがる子はいるのでしょうか。
千円のタバコね。そうなったら、やめられるかしら…。
ああ、ばれてしまって(嘘は言えませんから…)、皆さんに嫌われそう…。
軽蔑されそう…。
ブログで禁煙宣言したら、やめられるかしら。
そんなこと、考えてもいないのですが。

Commented by グレ at 2008-07-17 00:01 x
こんばんは!
nenemuさんは愛煙家でしたか…♪
実は私も2年ほど前にやめたばかりなんです!
それがすごくあっさりと簡単にやめられたんですよ^^v
仕事をやめてストレスが無くなったのも一つの要因ですが、胃の調子がすごく悪いときはやはり煙が入ると良くないのが自分で分かったんですね。
そこで吸い込まないで吹かしていたらすごくまずくて、ちょうどそのころ部屋のクロスを張り替えたばかりで、汚れるのが厭で換気扇のところで吸うようにしていたのと相まって、気がついたら本数が減っていたのです。
それに吹かしていると口の中がすごくタバコ臭くなるし、まずいんですよ!
そのまずいたばこを吸うために、わざわざ換気扇のところに行って吸うのもめんどくさくなってきて…。
もういいかなと思っちゃったんですよね。
それからは一本も吸っていないですね、不思議なくらい簡単にやめられました。
私はお酒がいただけないので、たばこぐらいいかなと思っていたのでやめる気はなかったのですが(≧へ≦;)
Commented by nenemu8921 at 2008-07-17 01:09
グレさん。ありがとう。
あっさりやめられた人の体験談はよくお聞きしますが…。(≧へ≦;)

お酒のほうがやめるのは楽そうです。(#^.^#)

部屋のクロスは、ウッド調に張り替えて、汚れが目立ちません。(#^.^#)

マイペース、マイルールの人生です。ひっそりと孤独に。

ネット上では皆さんに影響を与えませんので、安心してお付き合い下さい。
Commented by namiheiii at 2008-07-17 21:27
園遊会は禁煙ではないのですか!驚きましたねえ。宮内庁の古さにもあきれますね。恥ずかしい限りです。
Commented by nenemu8921 at 2008-07-17 22:02
namihei先生。
宮内庁はたいへんconservativeで、traditonalでもあります。
Commented by くー at 2008-07-17 22:21 x
こんばんは!自分もたばこはやめたいんだけどなかなかやめられなくて困っています・・ だから思い切って1000円にしてくれたら絶対!やめられるハズ
Commented by nenemu8921 at 2008-07-17 22:49
くーさん。
同じように考えている人が大勢いるかしらね。
Commented by tamayam2 at 2008-07-18 05:40
ドングリの実、栽培中のたばこ、めずらしいものを見せていただき
ました。私もex-smoker(元愛煙家)。やめるのにとても苦労しました。
孤独に感じることはないですよ。世間がすこし、嫌煙ヒステリーなん
だから。人それぞれに自分の生き方でやっていけばいいのよね。
宮澤賢治をちゃんと読んでみたくなりました。
Commented by nenemu8921 at 2008-07-19 00:40
tamayam2さん。なぐさめをありがとう。
なんといわれても……。(私は……水玉、冷たい雫…と詩では続くのですが)
単純には変われないものもあります。

ああ、ぜひ、宮沢賢治読んでみてください。
人生が楽しくなります。世界が新鮮に見えてきます。
教科書で教わらなかった宮沢賢治のなかに、本質があり、真の魅力があります。



by nenemu8921 | 2008-07-15 11:00 | 植物 | Comments(18)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921