ドイツトウヒ

わがうるはしき
ドイツたうひよ
(かゞやきの
そらに鳴る風なれにもきたれ)     歌稿B461

わがうるはしき
ドイツたうひは
とり行きて
ケンタウル祭の聖木とせん       歌稿B461a462
   大正六年四月

c0104227_084278.jpg
ドイツトウヒ(マツ科トウヒ属)ヨーロッパ唐檜
明治中期に渡来した常緑針葉高木。高さ30mにもなるが、原産地では70mにも達する。老木では枝がたれる。5月ごろ開花。

c0104227_0182686.jpg

c0104227_017889.jpg
     
      球果はトウヒ属の中で最も大きく、長さ10~20cmの長楕円形。
      鳩時計のおもりはこれをかたどったもの。


大正六年は、賢治が盛岡高等農林学校3年生。このドイツトウヒは、構内にあったものを歌ったと思われる。
ケンタウル祭は「銀河鉄道の夜」に登場するが、聖木はクリスマスツリー風のイメージだろうか。

画像は7月22日、岩手大学を訪れて写したもの。生憎の雨の中での撮影で、ボケています。
岩大の構内には次のような標識がありました。
c0104227_0361487.jpg

Commented by グレ at 2008-07-29 01:42 x
見事な円錐形に育つんですね!
この球果どこかで見たようなと思ったら、鳩時計似下にさがってるやつですね(*^^)v
そういえばこんな柄も付いていますよね。
それにしても立派な球果ですね!
Commented by mo-su1717 at 2008-07-29 12:40
ご無沙汰しています。ドイツトウヒはあまり見かけられませんよね。↓のお地蔵さんかわいいですね。普通はよく見かけるのは赤ですがここのは気品な紫色なんですね。
Commented by satuki at 2008-07-29 17:10 x
鳩時計の錘、似ています!そうなのですか。
ぶら下がってるマツボックリも珍しいですね、どこかで拾いたいな~
Commented by sdknz610 at 2008-07-30 09:19
巨木こそ樹形が命!的感覚なんですが、ドイツトウヒですか~素晴らしいな~・・・。
新宿御苑にもあったかどうか・・・? 気を付けよう♪
Commented by tamayam2 at 2008-07-30 09:27
大好きはドイツトウヒの記事を興味深く拝見しました。カッコウ時計
の錘ですね。私の前のBlogで話題にしたことがあります。
http://tamayam.exblog.jp/4389642
2006年12月16日タンネンバウム と 12月18日 カッコウ時計
「タンネンバウム」に掲載した写真、もしかしたら、ドイツトウヒとは
別物かもしれません。若い球果です。賢治がうるはしき・・・と詠んだ
ドイツトウヒは、ドイツ人も大好きな木。祭りにも使われる神聖な木
です。
Commented by nenemu8921 at 2008-07-30 17:09
グレさん。写真では樹木の立派さが伝わらず、残念です。
こんな立派な球果をこともなげにたくさん付けている樹木もスゴイと
思いました。
鳩時計、最近はあまり見かけませんね。♪♪



Commented by nenemu8921 at 2008-07-30 17:13
基子さん。ドイツトウヒはやはり北国好みなのでしょうね。
お地蔵さん、可愛かったのに、いい写真にならなくて、心残りでした。
Commented by nenemu8921 at 2008-07-30 17:19
satukiさん。鳩時計は故障しやすくて、調整がとてもたいへんだった
ので、処分したことを思い出しました。
まつぼっくりは炭焼きにすると、ステキでいいオブジェになります。
Commented by nenemu8921 at 2008-07-30 17:20
samさん。
新宿御苑には大きな立派な樹木がありますね。
私も探して見ます。
Commented by nenemu8921 at 2008-07-30 17:26
tamyamさん。ご紹介のブログのページが開けません。
残念…。ドイツ人も大好きな樹木なのですね。
祭りではどんな風に使われるのでしょうか?
ケンタウル祭という表現はドイツにはありませんか。
よかったら、教えてください。
by nenemu8921 | 2008-07-29 00:18 | 植物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921