釣鐘人参(ブリューベル)

あやしい鉄の隈取りや
数の苔から彩られ
また捕虜岩(ゼノリス)の浮彫と
石絨の神経懸ける
この山巓の岩組を
雲がきれぎれ叫んで飛べば
露はひかってこぼれ
釣鐘人参(ブリューベル)のいちいちの鐘もふるへる
(略)
                                   詩 一八一「早池峰山巓」

c0104227_14353720.jpg

c0104227_14311655.jpg
ツリガネニンジン(キキョウ科ツリガネニンジン属)釣鐘人参
山野や高原などに生える多年草。
釣鐘人参に賢治はブリューベルのルビを好んで使っている。英語のblue-bellは、ブルーベルで、野生のヒヤシンスのこと。日本の釣鐘草に対応するのはbell-flowerである。
賢治は釣鐘型のブルーの草花を、ブリューベルと呼びたかったようです。

早池峰山巓は、早池峰の山の頂上のこと。
捕虜岩(ゼノリス)は、地質学用語で、火成岩体中に取り込まれた(捕獲・捕虜となった)別種の岩石片のこと。
石絨は、せきじゅうと読むか、石綿、アスベストのこと。繊維状に成長するため神経のイメージと重ねたか。
早池峰山は、蛇紋岩や橄欖岩から成る残丘だという。頂上付近は岩場が多い。その地質学的な解説を賢治風に詩的に表現している。
(漢字は難しいですね。読みも表記も…。苦労します)
c0104227_1519073.jpg
早池峰山
山頂ではなくてごめんなさい。一昨年六月、小田越から入って針葉樹林帯を抜けたあたりです。
もう、頂上まで行く勇気はありません。
Commented by 夕焼け小焼け at 2008-09-04 16:20 x
シャンデリアみたいです。
1枚目の写真。
早池峰は登ったことがありません。
かなりきつそうですね。(*'-'*)エヘヘ
Commented by sdknz610 at 2008-09-04 21:53
釣鐘人参、まともに撮ったことなくて・・・、うらやましいです♪
トップのこんな照明器具がありそうですが・・。

早池峰・・・これでは私には無理ってことで・・・。秋田駒を、と思います。
来年か~、シッカリ計画しなくっちゃ♪
Commented by nenemu8921 at 2008-09-05 10:58
夕焼け小焼けさん。
小さな花なので、表情をつかむのにいつも苦労します。
賢治作品に登場する花は何枚も撮るのですが、なかなか気に入ったものはありません。
早池峰、地元の方はスイスイ登るので驚きます。

Commented by nenemu8921 at 2008-09-05 11:03
samさん。目立たない花です。
宮沢賢治は名前とイメージが気に入っていたのでしょうね。
早池峰は岩場の鎖のところがちょっとコワイのですよね。(=゚ω゚)ボー
秋田駒もいいですね。(#^.^#)
Commented by rinrin at 2008-09-05 21:20 x
此花は、ついこの間まで、その辺で見れましたよ
かわいいのね♪
時々自転車に乗って見つけて、ハッとさせられます。
最近は見ないのよね・・・・・・
Commented by nenemu8921 at 2008-09-06 11:03
rinrinさん。かわいいのだけれど、写真写りはイマイチです。
そうですね。平地の野原などでもありましたね。
大きな株になっても、花そのものは小さいので…。
私の畑の土手などにも生えてくれたらいいのだけれど…。(*^-^)ニコ
by nenemu8921 | 2008-09-04 14:30 | 植物 | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921