こけもも うめばちそう

   ……向ふうではあたらしいぼそぼその雲が
      まっ白な火になって燃える……
ここはこけももとはなさくうめばちさう
かすかな岩の輻射もあれば
雲のレモンのにほひもする
                     詩一八一「早池峰山巓」

c0104227_812344.jpg
コケモモ(ツツジ科スノキ属)苔桃
高山の岩地やハイマツの下に群落を作って生える常緑小低木。

c0104227_846246.jpg
ツルコケモモの花

c0104227_803367.jpg
ウメバチソウ(ユキノシタ科ウメバチソウ属)梅鉢草
山地の日当りのよい湿り気のあるところに生える多年草。花の形が天満宮の紋章として知られる梅鉢紋に似ることからの名前である。

輻射は車の輻(や)のように周囲へ放出すること。放射。
この作品は1924(大正13)年、8月17日の日付のある作品。コケモモは花でしょうか、実でしょうか。ウメバチソウも咲き始めた頃でしょうか。

早池峰の山上で雲のレモンの匂いを感じてみたいですね。
Commented by sdknz610 at 2008-09-06 09:46
雲のレモンの匂い・・・だなんて、すごい表現・・・。創造力とはこういうことかと。
でも、語感は何だかわかるんですよね。詩とは、そういうものかと・・・♪
真っ赤かのコケモモ・・・好きです。
Commented by namiheiii at 2008-09-06 22:07
8月ではコケモモはもう実の時期でしょうね。ウメバチソウは8月末秋田駒ケ岳で見たことがあります。雨が降ってきましたがレモンの匂いはしませんでした^^;
Commented by オキザリス at 2008-09-06 23:03 x
こんばんわ。ウメバチソウ,かわいいですね。
大好きです。
この詩も好きです。
nenemuさんはよくイーハトーブに出かけるのですね。
いいなあ。早池峰に行ったのですか?
Commented by かぐら川 at 2008-09-07 08:09 x
 菅原道真を祭神とする天満宮系の神社の「梅紋」――基本的に5弁が接している。本家本元の太宰府天満宮は「梅鉢紋」ではなく「梅紋」――も様々なヴァリエーションがあります。その中の「梅鉢紋」はむしろ加賀前田家が菅原道真を祖とするという伝承をオーソライズしたことによって、自家の紋を広く世に定着させたものと言われています。
 前田藩でも↓をみていただければわかるように本家加賀前田と支藩の富山前田家・大聖寺前田家では真ん中の部分が違います(さらに時代によっても細かなヴァリアンテがあります)。実は「梅鉢」の「鉢」とは何だろうと長い間疑問だったのですが、これは「鉢」ではなく「撥」(三味線などのバチ)を花蕊にかたどったことによってその形も名前も生まれたもののようです。
http://www.asahi-net.or.jp/~jt7t-enmt/indextop/kamon.html
http://www.chiyoda-necktie.co.jp/jp-site/shokubutsu/ume/ume.htm
Commented by グレ at 2008-09-08 00:43 x
こけももとクランベリー(ツルコケモモ)とは違うものなのですねーー;
同じものかと思いました(ー_ー)!!
以前どこかでコケモモのムースを食べたのですがとても美味しかったですよ(*^^)v

”あたらしいぼそぼその雲が
      まっ白な火となって燃える”この表現も面白いですね!
Commented by nenemu8921 at 2008-09-08 04:12
samさん。
早池峰を歌った詩には、特別の想いがこもっているような気がしますね。
10数年前、早池峰に登ったとき、たしかに、雲に近づいた気がしました。
(*'-'*)エヘヘ
Commented by nenemu8921 at 2008-09-08 04:19
namihei先生。
コケモモは花も実も、実物は出会ったとき、感動的ですが、
あまりいい写真にはなりません。( ´△`)アァ-
高山植物はみな難しいです。
秋田駒、登られたのですか
Commented by nenemu8921 at 2008-09-08 04:26
オキザリスさん。ウメバチソウは賢治もお気に入りだったようですね。
たびたび、イーハトーブへ行く機会はありますが、早池峰にはなかなか登れません。
10数年前、頂上まで行ったのですが、最近はいつも麓でうろうろしています。


Commented by nenemu8921 at 2008-09-08 04:31
かぐら川さん。すごい博識ですね!!
宮沢賢治もかぐら川さんほどいろんなこと知らなかったでしょうね。
梅紋も多彩なものですね。
いつも、いろいろ教えてくださってありがとうございます。
HPも拝見して、ふーむ、なるほどと思うのですが…、このごろはすぐ又忘れてしまいます^^;
Commented by nenemu8921 at 2008-09-08 04:39
グレさん。コケモモもツルコケモモも、アカモノも皆よく似ているのですよ。
時々、私も間違えて、ごらんいただいた方からご指摘をいただいて訂正したりします。
m( ̄ー ̄)m ゴメン
グランベリーも種類はいろいろあるのではないですか?
実はこのコケモモ、一粒味見をさせていただいたら、色に似合わず、すっぱかった!!です。
賢治にかかると、「ススキも白い火のように燃え」るのですよ。
お気に入りの表現だったのでしょうか。
by nenemu8921 | 2008-09-06 08:19 | 植物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921