デコラチーブ→ダリア

略)
第百一号これはまことに一位を得たのでありますが
かつその形はありふれたデコラチーブでありますが
更に仔細にその色を看よ
そは何色と名づけるべきか
赤、黄、白、黒、紫、褐のあらゆるものをとかしつつ
ひとり黎明のごとくゆるやかにかなしく思索する
この花にもしそが望む大なる爆発を許すとすれば
或いは新たな巨大な科学のしばらく許す水銀いろか
或いは新たな巨大な信仰のその未知な情熱の色か
容易に予期を許さぬのであります


デコラティブ咲きダリア
c0104227_944859.jpg


まことにこの花に対する投票者を検しましても
真摯なる労農党の委員諸氏
法科並びに宗教大学の学生諸君から
クリスチャンT氏農学校長N氏を連ねて
云はば一千九百二十年代の
新に来るべき世界に対する
希望の象徴としてこの花を見たのであります(略)
                    詩ノート 一〇八六 「ダリヤ品評会席上」

デコラティブ咲きダリア
c0104227_959168.jpg

ダリア(キク科ダリア属)
デコラチーブ→デコラティブとは、ダリアの咲き方の分類である。
デコラティブ咲きとは八重咲きで、中央の筒状花は見えない。舌状花の花冠は幅広く平らかやや湾曲する。捩れることもある。いわゆる一般的なダリアである。
ダリアはメキシコ原産の多年草。18世紀にダリアの原種がメキシコからスペインへ送られ、スウェーデンの植物学者アンドレス・ダール氏にちなんで名付けられたという。
また日本へは江戸時代末期にオランダから持ち込まれ、昭和期には家庭の庭先を飾る花として普及した。和名は天竺牡丹。

作品は、詩ノートに書かれたものだが、後に手を入れられて文語詩「萎花」となる。
作品の日付のある昭和2年の夏に、じっさいにダリヤ品評会があったかどうか不明。
資料がない。どなたか、ご存知の方がいらしたらご教示願いたい。
画像はデコラティブ咲きの最近の品種である。
Commented by オキザリス at 2008-10-08 09:28 x
きれいですね。上の写真は本当に様々な色彩が溶け込んでいるようです。
写真は光のマジックですね。
賢治は園芸種も造形が深かったのですね。
あっ、花壇設計もしてますものね。
Commented by bella8 at 2008-10-08 12:03
ダリやは好きなお花のひとつです。
優しい感じに撮られましたね。
派手なのにどこか品のいいお花ですね。
nenemuさんの下の畑にも咲いていましたっけ?
ここ最近ちょっとご無沙汰しています。
来週あたり行ってみたいと思っているんですよ。

Commented by sdknz610 at 2008-10-08 17:30
天竺牡丹というのが、いいな~・・・♪ キク科でしたか・・・何も知らない私です♪
Commented by nenemu8921 at 2008-10-08 18:25
オキザリスさん。ありがとう。
ダリアは正面から撮るしかない花ですね。
賢治の時代、ダリアはかなり高級な園芸植物だったようです。
バラより、ダリアやキクが人気だったみたいですね。
Commented by nenemu8921 at 2008-10-08 18:39
ベラさん。ようこそ。
ダリアは「下ノ畑」には入れてないのですよ。
これまで興味をもてなかった花ですが、賢治作品のイメージが気になって、町田のダリア園へ行ってきました。
本当に派手だけれど、どこか品のある花ですね。

お母様の誕生祝、拝見しましたよ。いいなあ。銀座でお寿司なんて。

来週お出かけの折にはケータイしてね。行き会いたいわ。ぜひ。
うちの秋バラはぜんぜんダメです。虫にすっかりやられました。(泣)
Commented by nenemu8921 at 2008-10-08 18:43
samさん。天竺牡丹なんて、江戸時代みたいです。(#^.^#)
大輪のキクそっくりのダリアもありましたですよ。

Commented by グレ at 2008-10-08 23:01 x
こんばんは(*^。^*)/
私はダリアにはあまり興味がないのですが、最近は皇帝ダリアが人気ですよね。
江戸の末期には入ってきていたのですね!
そういえば子供のころ夏になると咲く花がダリア、玉すだれそれとマツバボタン、カンナの花もあったような…・?
Commented by nenemu8921 at 2008-10-09 08:22
グレさん。そうですね。ダリアはどこか懐かしい花ですね。
皇帝ダリア、うちにもありますよ。
そろそろですね。(#^.^#)
Commented by rinrin at 2008-10-09 09:59 x
おはようございます。
きのこ・・・・と思っていたらもうダリア・・・・
お話の全文を読むのが楽しいので、これも読んでます^^v
昔読んだものも随分、適当に読んでいたのですね、カタカナが変に覚えておりまして1人で笑っています^^;
・・・ダリアってこの辺は球根が越冬しないので、ほりあげてから、おがくずの中に入れて、暑くも寒くもないところに置く!これが1番難しい。
Commented by nenemu8921 at 2008-10-09 21:17
rinrinさん。拝見しましたよ。お宅のキノコは高級マツタケ!!いいなあ。
都会のキノコは食べられないものばかりで…。
ダリアも拝見しましたよ。きれいですね♪♪
そうですか。ダリアの球根は管理が大変なのね。
皇帝ダリアはやはりほりあげておがくずに入れて管理することというお達しでしたが、忘れてそのままにしておいたのですが、翌年無事に芽を出しました。
どうも、温暖化の影響かなと思います。霜が下りなければ、セーフなのですよ。
でも、フルーツセージやブルーエルフィン、ニオイバンマツリなどはダメになりました。(´_`。)グスン
やっぱり丁寧に面倒見ないと、いい花は咲きません。
なかなか思うように行きませんが…。
by nenemu8921 | 2008-10-07 09:03 | 植物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921