2014年 04月 24日 ( 1 )

アケビ

(略)
ここへ一っつ 六面体の
つたとあけびで覆はれた
茶亭をひとつ建てませう
(略)
   詩「三原 第二部」


1、アケビ(アケビ科アケビ属)Akebia quinata 木通、通草
雄花です。
c0104227_11125485.jpg


2、こちらが雌花ですね。
c0104227_114289.jpg


3、ミツバアケビ(アケビ科アケビ属)Akebia trifoliata 三葉木通、三葉通草
c0104227_11134966.jpg


4、ミツバアケビのほうが野趣ゆたかな感じがします。
c0104227_1145017.jpg



作品は伊藤兄妹を大島に訪ねた折の長詩の一節。
賢治のあふれる想いがモノローグで長々と綴られている。
宮沢賢治がイメージしたのは五つ葉アケビでしょうね。

五つ葉アケビは千葉で、ミツバアケビは群馬昆虫の森で撮影したものです。
いずれも三脚なしで、悔いが残りました。(>_<)
by nenemu8921 | 2014-04-24 00:11 | 植物 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921