2017年 05月 09日 ( 1 )

佐原の山車の続きです。
町内ごとに法被の背中には、町内の頭文字が描かれているのが面白い。こちらは「た」ぐみ。

c0104227_01514493.jpg


こちらは「か」ぐみ。
c0104227_01522677.jpg


やかんまで、このようにみなデザインされていました。
担ぐ人の飲み物補給用です。
c0104227_01354436.jpg

こちらは「て」ぐみ。長老が目立ちますね。
小野川沿いの町並みに似合います。
c0104227_01331249.jpg

おなじ「て」組でも女性陣のコスチュームはこんな感じです。
c0104227_01554178.jpg


こちら、山車の人形は日本武尊ですね。
c0104227_01532884.jpg

まるで、時代劇の一場面のようです。
背景の街並みが~。(笑)
c0104227_01344142.jpg


こちらの長老は深刻な表情。
「まあ、あの女のことはあきらめなよ」と、言っているのか、どうか。(^^♪
c0104227_20072735.jpg

小野川沿いの道は狭くてたいへんです。
c0104227_01543094.jpg


何だと思いますか? これぞ、乱曳き!!
山車が人力でブレーキを掛けながら曲がるときに地面についた轍(わだち)ですね。
舗装された道路でこんな跡がくっきり! すごいなあ。
c0104227_10432635.jpg

食事をしたところで、向かいの席の少女にもモデルになってもらいました。
召しあがっているのは、なんとモツ煮!
小学生にしては通っぽいですね。(^_-)-☆
c0104227_01562072.jpg

やがて、提灯に灯が入り、雰囲気は盛り上がってきました。
c0104227_01573088.jpg

夜はライトアップするとか。
でも、疲れたので、このまま、駐車場へ。
c0104227_01585078.jpg

まあ、楽しいお祭りでした。佐原の皆さん、おめでとうございました。
(しかし、この後、駐車場であの雷に出会ったのでした。)


by nenemu8921 | 2017-05-09 08:35 | 祭り | Comments(12)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921