ここにはたくさんの蓮の種類がありました。これも蓮? と思うような花もありました。
立ち寄ったのは正午近くでしたが、曇り日だった故か、しっとりした雰囲気でした。
ほとんど貸し切り状態で、ゆっくり撮影できました。
蓮の花の周辺にはいろんなトンボも見られました。

c0104227_12092626.jpg



c0104227_12270006.jpg

カナブン君が邪魔だと言われれば、その通りかもしれませんが。
c0104227_12240859.jpg


チューリップと言われれば、そんな風も見えますね(^^)/
c0104227_15405531.jpg

c0104227_12100688.jpg

一体、花びらが何枚あるのでしょう。
c0104227_12101741.jpg


大きな葉と葉の隙間から見つけました。
花托がなければ、まるでバラのようです。

c0104227_12105561.jpg


ハナムグリ(花潜)と呼ばれるわけがわかります! 
c0104227_12121423.jpg

おなじみのショウジョウトンボやイトトンボはたくさんいました。
ヤンマやチョウトンボも見かけました。でも、撮れなーい。
うじゃうじゃいないと捕らえられませーん。
c0104227_12104704.jpg


和菓子を連想してしまうのは、私だけかしら。
c0104227_12095883.jpg


c0104227_12232181.jpg
c0104227_12233088.jpg
c0104227_15440776.jpg


c0104227_15420980.jpg




More つづきを見る
# by nenemu8921 | 2017-07-26 17:55 | 昆虫・クモなど | Comments(1)
友人の写真展を見に行った帰りに水生植物園に立ち寄りました。
蓮や睡蓮、ホテイアオイなど、たくさんの植物を撮影しましたが、
数回に分けて連載します。
とりあえず、涼しそうな画像から。
(実際には汗だくになって撮影しました(^_-)-☆)

c0104227_18501541.jpg


c0104227_18502984.jpg

c0104227_18504461.jpg
トンボや小魚もたくさんいましたよ。

c0104227_18505022.jpg

園内の一部です。
c0104227_19461963.jpg

# by nenemu8921 | 2017-07-25 19:47 | 鳥・動物 | Comments(8)

ヤマユリ

房総風土記の丘へヤマユリの撮影に行きました。
草原の中にたくさんのヤマユリが自生しています。
ちょうど、見ごろのいい時期でした。
c0104227_22455649.jpg


いつものコースとは別の道を歩きました。暑い日でした。
出会う花一輪づつが語りかけてくるようで、ついついシャッターを押してしまいます。
でも、PCで確認すると、みな似たような印象の作品ばかり。(>_<)
c0104227_00031126.jpg



手前の草に留まったトンボと背後のユリを入れたくて、慣れない多重露光で撮影してみました。
うーん、難しいわねえ(>_<)
c0104227_22365715.jpg


正装しています!という声が聞こえて来たような気がしました。
c0104227_22363000.jpg


こんな環境です。マムシに注意しながら歩きました。
(でも、一度くらい出会ってみたいとも思いながら)
c0104227_22451609.jpg

ユリにはセセリチョウが避暑?に来ていました。
c0104227_09355711.jpg

アゲハのほうが絵になるのになあ…とつぶやきながら撮りました。ゴメン。
c0104227_09362789.jpg


すると、ユリの花で遊んでいる子もいました。
未だ若いカマキリ君でした。
c0104227_09422347.jpg


「ちょっと香りが強すぎるんだなあ」
c0104227_09421025.jpg

一時もじっとしていないモデルさんでした。
c0104227_09415598.jpg
撮影に夢中になって、作ったばかりの遠近両用のサングラスを失くしてしまったけれど…(>_<)
いろいろチャレンジ出来て、いい撮影会でした。
ご案内いただいた地元の写友に感謝です。いつも、本当にありがとう。


# by nenemu8921 | 2017-07-23 09:58 | 植物 | Comments(16)

蓮池で出会ったもの

蓮池では、夕方、聞き覚えのある声、はっとしてみると池の向かい側の墓地にカワセミがやってきました。
でも、ここでは絵にならないなあと後ろに回ると~。
c0104227_12311333.jpg

カワセミ君は飛んで池の中央の蓮の花へ止まりました。
c0104227_23470124.jpg

ちらっとこちらを向いてくれましたが、やがて飛んで行きました。
ああ、この時300ミリのズームレンズしか、手元になくて残念。
c0104227_23465187.jpg

池にはチョウトンボもヤンマも姿を見せました。
でも、撮れたのはおなじみのショウジョウトンボ。
c0104227_12381152.jpg

しかし、この蓮の葉、フェイスですね。(^_-)-☆
c0104227_12330675.jpg


こちらもおなじみのシオカラトンボ。
c0104227_12325408.jpg

傍らの八大竜王を祀ったお宮の奥の素朴な石の彫刻に飛んできたのはアカボシボマダラでした。
c0104227_12313011.jpg

c0104227_12315989.jpg
犬も歩けば、棒に当たる!でしょうか。
暑い日々、涼しい部屋にいては、被写体に出会えないですもの。

# by nenemu8921 | 2017-07-21 13:20 | 鳥・動物 | Comments(16)

蓮の花

近くの中山法華経寺で、蓮が咲いているというので行ってみました。
小さな蓮池に大輪の薄紅色の花が開いていました。

c0104227_18303056.jpg


c0104227_18301009.jpg

ご近所の方らしいお年寄りが「やっぱりつぼみがいいね」と話しているのが聞こえました。
c0104227_18294951.jpg


きれいな花をきれいに撮るという撮り方はスマホみたい?!
「触れなば落ちん」という風情の、散り始めた花に惹かれました。
つぼみより魅力的だと思いません?
c0104227_18290349.jpg


c0104227_18294411.jpg

ズームレンズで引き寄せると、凄艶な感じもします。
c0104227_18293802.jpg

# by nenemu8921 | 2017-07-19 22:40 | 植物 | Comments(6)

ミヤコドリ

ミヤコドリといえば、三番瀬に訪れる冬鳥というイメージがありますが、20羽前後のミヤコドリは越夏するようです。
コアジサシの幼鳥を撮影しようと出かけたのでしたが、コアジサシは防波堤に集結して撮影できず。
c0104227_19111968.jpg

東京湾は赤潮が発生してニュースになっていた数日後です。
c0104227_19115683.jpg

やはり海の色が少しおかしかったですね。
c0104227_19120804.jpg


c0104227_19213849.jpg



遠く袖ヶ浦のコンビナートがゆらゆらしていました。
c0104227_19362035.jpg
暑い日が続きます。
画像はクリックすると大きくなります。



# by nenemu8921 | 2017-07-17 10:39 | 鳥・動物 | Comments(10)

在庫画像から

ちょっと更新をさぼっている間にも、多くの方のご訪問をいただきありがとうございます。
撮影に出かけられずにいますが、先月の在庫画像からです。

これはカノコガですね。キハダカノコガ(黄肌鹿の子蛾)です。
h6928さんからご指摘をいただきました。いつもありがとうございます。
c0104227_12080780.jpg


こちらがカノコガですね。胴体の色が違うのがわかりますね。
c0104227_12385300.jpg

樹木の幹にも小さな宇宙がありました:
c0104227_12083493.jpg


見慣れた流れも視点を変えれば、新鮮です。
c0104227_12085183.jpg

駐車場の脇で目に留まった竹林。
c0104227_12090956.jpg
画像はクリックすると少し大きくなります。



# by nenemu8921 | 2017-07-14 12:42 | 昆虫・クモなど | Comments(12)

沼地のトンボたち

沼地にはチョウトンボだけでなく、たくさんのトンボや生物が生息しています。


レッドデータの絶滅危惧種に指定されているオオセスジイトトンボの交尾。
地元の写真家の方のコメントでは、トンボは直接交尾はせず、交接器を介するとか。
一般的には尾で首を掴んでいるほうが♂、掴まれているほうが♀とのことです。
タコイスブルーが♂、ライトグリーンの子が♀ですね。
岸からかなり離れた水草の浮く水面です。
セスジイトトンボより大きいけれど、イトトンボですから、300ミリではきつい撮影でした(*_*;
c0104227_08094823.jpg

 この子は岸の草むらに姿を見せてくれました。
c0104227_08414131.jpg

この子も遠かった!ああ! でも思いっきりトリミングしましたよ。
c0104227_09243945.jpg



こちらは準絶滅危惧種のベニイトトンボですね。
c0104227_08100223.jpg

おなじみのショウジョウトンボ
c0104227_08413320.jpg


青空全部ボクのもの。シオカラトンボ
c0104227_08100849.jpg


蓮の花も咲き始めたところです。
c0104227_08461570.jpg


やっぱり、チョウトンボの行動が気になります。
c0104227_08110513.jpg

飛翔しながらの行為は必死さを感じさせます。
ピンが甘いけれど、載せちゃう。
c0104227_08110145.jpg

蓮田?沼地はこんなに広く、こうした沼があちこちにあるのです。すごいでしょう。
c0104227_08485683.jpg

くち縄が水辺を泳いでいきました。賢治の文語詩を思い出しました。
c0104227_08515089.jpg
ワイルドな自然にすっかり夢中になりました。


# by nenemu8921 | 2017-07-09 10:11 | 昆虫・クモなど | Comments(14)

チョウトンボ交尾


先日チョウトンボに出会えなかった私に、
写真仲間の友人が「こっちには、うじゃうじゃいるわよ」とのこと。
そこで出かけていきました。
チョウトンボが喜びそうな、とびきり暑い太陽の照っている日に。
いましたよ。ひらひら飛んでいるのです。あっちにも、こっちにも。
しかし、なかなか止まらない。
飛んでいるところはなかなかピンが合わない。
止まっても、太陽の向きで真っ黒に見えるときも、、宝石のように青く虹色に輝くときもあります。
どうにか愛のシーンを捕らえよと夢中になりました。
ここは横芝光町の蓮田がつづく沼地です。

c0104227_21233985.jpg

c0104227_21240717.jpg

c0104227_21241466.jpg

c0104227_21195729.jpg

c0104227_21222823.jpg

c0104227_21224139.jpg


光の当たり方で、こんなにも違って見えます! !
上の画像とは別のカップルです。
c0104227_21211184.jpg
チョウトンボ(トンボ科チョウトンボ属チョウトンボ)蝶蜻蛉 Rhyothemis fuliginosa

ラストの画像はクリックすると大きくなります。

# by nenemu8921 | 2017-07-08 00:10 | 昆虫・クモなど | Comments(14)
「世界が見た、驚きと感動の大自然ネイチャーズベスト傑作写真展」を覗いてみました。
さすが世界のアマプロ交えてのネイチャー写真コンテストというだけあって素晴らしかったです。
日比谷図書文化部が会場ですが、撮影も自由だというので、たまたま手持ちのカメラで撮影させてもらいました。少し、ご紹介しますね。

ハンガリーの国立公園内での撮影。トラフズクのヒナです。
巣立ったばかりで、芝に落ちたときに遭遇したとか。精一杯大きく見せようと翼を膨らませた一瞬だそうです。
c0104227_21415588.jpg


スマトラオランウータンだそうです。インドネシアのバリ島で撮影。
突然の雨。タロイモの葉をちぎってかざし、雨をよけようとしているシーンをとらえたもの。
c0104227_21430565.jpg

 これはペンギンですね。俳優のようなキャラクターですね。
もちろん、ペリカンです。誤植です。冷汗。
c0104227_21425122.jpg

テントウムシです。つる草がアートですね。
c0104227_21423599.jpg

ハエトリグモです。エメラルドのような目です。
ブロ友さんのブログで拝見するけれど、ユニークで美しい生物なのね。
c0104227_21421301.jpg
追記
コメントをいただいたので、この作品の横にあった解説文を添付します。
c0104227_22161200.jpg


こちらにネイチャーズベスト傑作写真展の案内があります。
http://hibiyal.jp/hibiya/museum/naturesbest2017.html



More つづきを見る
# by nenemu8921 | 2017-07-07 00:25 | 写真関係 | Comments(5)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921