行く春や

あっという間に春は過ぎゆきますね。

桜は散り

c0104227_21523517.jpg


c0104227_11304231.jpg

イロハモミジの新芽が芽吹き
c0104227_09414364.jpg

木々は緑に燃え

c0104227_09420901.jpg

紅くも燃え
c0104227_09460158.jpg

c0104227_09522523.jpg

もう、真夏日だなんて! 時よ、とまれ!!
この勢いだとあっという間に100歳になってしまいます。


# by nenemu8921 | 2017-04-19 09:57 | 植物 | Comments(8)

写真展

写真クラブの会員展です。私は浦安支部に属しています。
私は〇の日に会場におります
クリックすると画面は大きくなります。JR京葉線の新浦安駅前のビルです。

c0104227_08362922.jpg


こちらはちょっと先ですが、ぜひお出かけください。
いつもの船橋市民ギャラリーです。
c0104227_08370031.jpg
郵送のご案内が遅れています。
ご連絡を頂ければ、対応しますので、よろしくお願いいたします。


# by nenemu8921 | 2017-04-18 08:47 | 写真関係 | Comments(3)
筑前琵琶奏者の室井三紀さんのグループによる朗読会です。
ご案内が届いています。
琵琶の演奏にのせて、賢治童話の朗読をされます。
ソロの朗読、時として群読で。

c0104227_06381744.jpg
(予定が入っていて、この日、私はうかがえませんが、盛会を祈ります。)


こちらは室井さんのお仲間たちの琵琶の演奏と語りです。
c0104227_06391810.jpg

# by nenemu8921 | 2017-04-16 20:17 | 賢治情報・スクランブル | Comments(2)
子どもの本の活動を続けている友人のお誘いで
ウォルター・クレイン展を見ることができました。
予想したより多くの作品が展示されていて、その美しさに驚きました。
ぜひ、クリックして大きな画像でご覧ください。
これは「長靴をはいたねこ」ですね。
c0104227_22342654.jpg

こちらは「美女と野獣」です。
なんと、野獣はイノシシです!!
解説をしてくださった学芸員の方のお話ではこの時代は博物学の世紀でもありました。
動植物を非常にリアルに描くのも特色だそうです。(でも擬人化も上手いですね)
c0104227_22363860.jpg

こちらは「眠り姫」です。
フェリックス・ホフマンの「眠り姫」を思い出しました。
ホフマンもクレインの影響を受けているのかな。
c0104227_22373192.jpg

こちらは「フローラの饗宴」です。
ラッパズイセンは、ラッパを吹く妖精です。
花はリアリズムですが、妖精が可愛いですね。
c0104227_22380281.jpg


こちらは「妖精の船」
浮世絵の影響が顕著にみられる面でも話題になった作品ですね。
c0104227_22382577.jpg

たまたまこの日は学芸員の方のギャラリートークを伺うことができて、ラッキーでした。
クレインとともに絵本史のなかで論じられるランドルフ・コールディコット、ケイト・グリナウェイの作品も一部展示されていました。



# by nenemu8921 | 2017-04-16 00:51 | Comments(0)

カタクリ

僕、ここからかたくりの花を投げてあげたんだよ。
               童話「楢ノ木大学士の野宿」

c0104227_19034276.jpg

c0104227_19043753.jpg
c0104227_19061208.jpg

友人の情報で行ってみました。
柏の逆井にカタクリの小さな群生地があります。
今年はカタクリもゆるやかな開花で、今頃まで花が残っていました。
こういうことは実に稀です。
 
c0104227_20212596.jpg

小さな丘の斜面にカタクリの群生が保護されています。
道の向かい側の運動公園に臨時の駐車場があります。



# by nenemu8921 | 2017-04-14 19:10 | 植物 | Comments(10)

こぶしの花

「兄さん。ヒームカさんはほんたうに美しいね。
にいさん。この前ね、僕、ここからかたくりの花を投げてあげたんだよ。
ヒームカさんのおっかさんへは白いこぶしの花をあげたんだよ。
そしたら西風がね、だまって持って行って呉れたよ。」
                   童話「楢ノ木大学士の野宿」
c0104227_11543711.jpg

ヒームカさんとは、かつては姫神山のことといわれていたが、花巻市東和町の日向居木山(ひなたおりぎやま)(531m)がモデルらしい。
ヒームカさんのおっかさんとは、日向居木山と同じ蛇紋岩産地の早池峰である。
かたくりもこぶしも、桜より一足早く咲く。春の喜びを告げる花だ。

c0104227_21102984.jpg
c0104227_21175672.jpg
c0104227_11545550.jpg


# by nenemu8921 | 2017-04-12 00:35 | 植物 | Comments(14)

ご近所の桜

おなじみの原木山妙行寺の桜。
お彼岸に咲く名物の枝垂れさくらのほかにも、桜は数本あって、ちょうど満開でした。
c0104227_21205853.jpg


c0104227_20484619.jpg

ソメイヨシノの大木もみな満開でした。
ここではソメイヨシノもひっそり咲いている風情です。
c0104227_21282264.jpg


c0104227_21274675.jpg



# by nenemu8921 | 2017-04-10 21:43 | 植物 | Comments(8)

さくらのある風景

今年の桜はゆっくり咲いてくれましたが、遠出はできませんでした。
病院の帰りとか、会合のついでとかに撮影したものばかりです。
松戸市戸定歴史館です。
竹藪を背景に枝垂れ桜が有名なところです。

c0104227_20273560.jpg
c0104227_20295517.jpg


桜の花の満開の下は人との出会いの場所でもありますね。画像はクリックすると、みな大きくなります。
c0104227_20210361.jpg

c0104227_20370022.jpg

# by nenemu8921 | 2017-04-08 20:44 | 植物 | Comments(10)

シマアジ

谷津干潟にシマアジが来ているというので、早速行ってみました。
午前中はあいにくの小雨、降りやまず。
葦の茂みに入ってしまい、姿を見せないので、観察センターでセイタカシギを観察していたら、
目の前の淡水池に出てきてくれました。♂1羽です。雨も上がりました。
クリックすると、画像は大きくなります。ノートリです。
c0104227_15362828.jpg


ガンカモ科のコガモとほぼ同じ大きさ。多くは春、秋に旅鳥として渡来し、池、川、湖沼などに住むが、数は少ない。
昔、野鳥を見始めたころに見た記憶があるが、こんなに間近で、くっきり見たのは初めてだった。
泳ぎながら、洗顔するように水中に顔を沈め、顔を出すという繰り返しだった。
c0104227_15370930.jpg


c0104227_15372709.jpg

「しまあぢ」という名は、江戸中期から知られているそうです。
「しま」はやや変わった種類につける接頭語、「あぢ」はコガモの古名だそうで、コガモに似て、やや変わった種類の意だという。「鳥名の由来辞典」(柏書房)より
c0104227_15374521.jpg
谷津干潟の淡水池には4日前に飛来したという。
皆さんで見られるように、しばらくいてくれるといいですね。(^^♪


# by nenemu8921 | 2017-04-07 16:06 | 鳥・動物 | Comments(14)

お花見

都心に所用のついでがあったので、少し早めに出て、千鳥ヶ淵へ寄ってみました。
ちょうど桜は満開で、大勢の人がお花見を楽しんでいました。
外国の観光客も多かったですね。画像をクリックして大きな画面でご覧ください。
c0104227_19362033.jpg

この時期に来たのは初めてでした。
いつもテレビ報道で見るばかりですが、なるほど、きれいですねえ。
c0104227_19385265.jpg

ボート乗り場も盛況で長い行列になっていました。
「2時間半待ちですよ」とのことでした。
c0104227_19394581.jpg

皇居周辺は桜の種類もあれこれあって、楽しめますね。
c0104227_20045273.jpg

c0104227_20044035.jpg
c0104227_19395639.jpg

どの花も今が一番きれいでしょう(^^♪といった表情でした。

c0104227_19405988.jpg

# by nenemu8921 | 2017-04-06 20:10 | 植物 | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921