カテゴリ:食( 19 )

切り口

庭にたくさん実るからといただきました。何だと思いますか?
品種改良された新しいフルーツではありませんよ(^_-)-☆

c0104227_23174375.jpg

オニユズと呼ばれている大きな柚子の実。
切り口が面白いと思ったので、撮りました。

c0104227_23181662.jpg




More 続きを見る
by nenemu8921 | 2016-12-13 23:58 | | Comments(12)

珍しいもの

珍しい果物を房総の友人からいただきました。

何だと思いますか? 大きさはこぶりの鶏卵くらいです。
c0104227_9301675.jpg


香りは甘いトロピカルムード!
お味は甘くてさわやかで、ほのかな酸味!!
c0104227_9304113.jpg


この花はご存じでしょう!!
c0104227_7445613.jpg


そうです。フェイジョアです。こんな実になるなんて知らなかったわぁ。
c0104227_7452697.jpg
フェイジョア(フトモモ科)Feijoa sellowiana 原産地はパラグアイ、ブラジル南部

千葉はあたかかいのですね。友人のお庭で実ったものです。
収穫してから、2,3日追熟させて食します。
by nenemu8921 | 2015-11-22 09:57 | | Comments(14)

野菜

少し前のことですが、東庄町へ相撲祭りの取材で出かけた折、
匝瑳市のふれあいパークという市場で、目新しい野菜を見つけて、買い込んで帰りました。

c0104227_10382827.jpg


あかいけれど
c0104227_10403477.jpg


オクラです。
c0104227_10412351.jpg


こちらは白いけれど…ナスでした。
c0104227_1042216.jpg


そしてこの緑色は
c0104227_10424816.jpg


カットしてみれば。そうです。ナスでした。
c0104227_10431529.jpg


これはおなじみの新しょうがですね、フォルムが面白いのでパチリ。
c0104227_10472397.jpg


ご存知ですか・この瓢箪型のものは?
c0104227_10391957.jpg


バターナッツという名前です。パンプキンです。
c0104227_10393491.jpg


甘いトウガラシやオレンジピーマン(パプリカとは違うみたい)等々。
どれもフォルムや色が美しくて魅かれました。

クッキングしたものを画像で紹介したかったけれど、この後、旅行が入り、前後バタバタして
果たせず、残念です。バターナッツはお勧めのポタージュにしたら好評でした。

宮沢賢治は戦前、珍しかったトマトを好んで栽培し、食したことがよく知られています。
作品にも、トマトやセロリが登場します。
おもちゃかぼちゃもたくさん栽培してお父さんに叱られたというエピソードもあります。
良かったら、こちらをどうぞ。
by nenemu8921 | 2015-09-02 12:57 | | Comments(18)

魚 (鱸・すずき)

「わしだよ。そこでさっきの話のつづきだがね、おまえは魚屋の前からきたとすると、いま鱸(すずき)が一匹いくらするか、またほしたふかのひれが、十両(ジッテール)に何斤くるか知ってるだろうな。」
「さあ、そんなものは、あの魚屋には居なかったようだぜ。(略)
                              童話「山男の四月」

c0104227_15155174.jpg


鱸(すずき)という魚をご存知ですか? これですよ!!
鱸は東京湾ではおなじみの魚。夏は脂が乗って美味しい、今が旬である。

一匹いくらするか? 
体長5~60センチ、1.2キロくらいで¥2000前後とのことです。
賢治の時代はどうだったのでしょうね?

近くの船橋漁港では毎日水揚げがある。近くなので、立ち寄って撮影させていただいた。

c0104227_15165928.jpg


c0104227_15171744.jpg


More つづきを見る
by nenemu8921 | 2015-08-03 15:17 | | Comments(14)

花巻の宿の朝食

1、今年の賢治祭では、どういうわけか、いつものホテルが満室で、どなたもご苦労されたようです。
c0104227_20112883.jpg


2、私は、運良く3月に友人の紹介でお世話になった宿に泊ることが出来ました。ここの朝食が美味しいのですよ。
今回はこの宿の朝食をご紹介します。
c0104227_20132973.jpg
主にパンと野菜中心のメニューです。この日は熱々のパンプキンスープが嬉しかった。(早朝に撮影に出かけたので。。。)

3、本当のことを言えば、内緒にしておきたい情報ですが、
一人締めするのはずるいかなと思うので、ご紹介しようというわけです。
c0104227_2014233.jpg


4、ホテルというより知人のお宅に世話になった気分ですが。。。
c0104227_20144989.jpg


5、そして、この日の朝食は和食でした。どれも一口づつ。新鮮な素材を使った野菜中心のメニューです。
ちょっと、取材させていただきました。
c0104227_20155534.jpg
サーモンのマリーネ・モズクの酢の物・青梗菜のピーナツ和え・アスパラとトマトのサラダ・海老と若芽の酢の物・冬瓜の煮物・野菜のピクルス(コリンキというカボチャが格別美味しかった)・ヤマイモと大葉の梅肉和え・野菜入り玉子焼き・鮭の塩焼き・昆布の佃煮・五穀ごはん・キノコの味噌汁
フレッシュ・ジュースはトマトジュースかと思ったら、味はルビー・グレープフルーツかしら!
と思ったら、ブラディ・オレンジだそうです。

6、ヨーグルトはサックルベリー(苺の種類でしょうね)とナッツ入り。
c0104227_20163090.jpg

7、
c0104227_20164850.jpg
フルーツはいつも凄く新鮮でした。ドライのイチジクが一切れ添えられていました。


8、三日目は温かいベーグルと具沢山のサンドイッチ。網焼き野菜(これが甘くて、いろんな野菜が一口づつ)・ピクルス・食べるスープ。
c0104227_20171356.jpg


9、アールグレイのポットもいつも熱々。これが嬉しい。私は紅茶党です。
(もちろん、コーヒーもあります)
c0104227_20173655.jpg


10、珍しいぶどうやもも、梨などのフルーツの盛り合わせ。新鮮だが、一口づつ。これがいい。
c0104227_2017565.jpg


11、この日のヨーグルトはおしゃれなデザイン。
c0104227_20181878.jpg


12、このベーグルがボリュームたっぷりでした。
サンドイッチは紙ナプキンに包んで、ランチにいただきました。
c0104227_20191158.jpg


More つづきです
by nenemu8921 | 2013-10-04 00:12 | | Comments(23)

落花生

ご近所の農家の方が掘りたての落花生を持参してくれました。泥つきです。
c0104227_1823229.jpg


じゃぶじゃぶと洗って、塩茹でします。20分くらいです。
c0104227_18251188.jpg


大粒です。(このまま冷凍保存も出来ます)
c0104227_1826818.jpg


甘くておいしい!!
c0104227_18305124.jpg


こんなに大きいのですよ(^.^)(^.^)
c0104227_1827793.jpg


一番おいしい落花生の食べ方です!

賢治作品には落花生は登場しません。残念!

More 続きを見る
by nenemu8921 | 2012-10-10 21:00 | | Comments(18)

すずき

あたま重きひるはつゝましく錫色の魚の目球を切りひらきたり
                                歌稿147

c0104227_1652533.jpg


すゞきの目玉つくづくと空にすかし見れば重きあたまは癒えんともせず
                                    歌稿148


c0104227_16533382.jpg


短歌は大正3年4月~のもの。宮沢賢治、盛岡中学を卒業し、肥厚性鼻炎の手術を受け、看護婦の一人に恋をし実らぬまま、家業にも身が入らず、将来の展望が開けぬまま、悶々としていた時期の歌。
 
すずきは魚の鱸で、昼餉の菜であろう。煮魚かな。

鱸はどんな魚か、気になっていた。
船橋漁港の方の話では一年中 水揚げがあるから朝早く来れば、見られるよとのこと。
なかなか機会がなくて出会えぬままだった。
が、昨夜、出先の会で、ゴージャスな鱸の料理が目に付いたので、コンデジで撮影させてもらった。
白身のおいしい魚でした。
だいぶ、イメージが違いますね(冷汗)

More 続きを見る
by nenemu8921 | 2011-09-02 17:56 | | Comments(12)

トマト

         宮沢賢治学会の定期大会後の参加者交流懇親会は、
               毎年趣向を凝らして、
                    賢治作品にちなんだ料理が並べられます。
          中野由貴さんのコーディネートで、
               北上パークホテルのシェフが腕を振るいます。
                    今年は「セロ弾きのゴーシュのおいしい音楽会」と称して、
        トマト、キャベツ、パン、ドイツソーセージ、ザワークラフト、インドカレー、ピンチョイス
             ひっつみ、洋ナシのコンポートや栃のだんごなどが並びました。
c0104227_456454.jpg


(三毛猫は)ゴーシュの畑からとった半分熟したトマトをさも重そうに持って来て、
ゴーシュの前におろして云ひました。
「ああくたびれた。なかなか運搬はひどいやな。」
「何だと」ゴーシュがききました。
「これおみやです。たべてください」三毛猫が云ひました。
                         童話「セロ弾きのゴーシュ」
                   
c0104227_21344942.jpg
これみんなトマトですよ。味見をしてみました。三毛猫がおみやげに持ってきたゴーシュの畑のトマトはどれかな?
 
追記
中野由貴さんから、トマトの正確な品種名のご紹介がありました。
名前を聞くといっそうおいしそうですね!! ゆきさん、ありがとう。

c0104227_2129494.jpg
花巻の友人の話では青いトマトはぬか漬けにしてもおいしいとか。グリーンゼブラトマト↑

c0104227_2130764.jpg
赤いトマトもいろいろあります。 ブラックゼブラトマト ↑
c0104227_21302613.jpg
これはレッドチェリー系? ときめきトマト ↑

c0104227_21323698.jpg
こちらはポンテローザ系? ?です。 改めてご連絡がありました。↑ イエローブライトだそうです。由貴さん、ありがとう。
c0104227_21325562.jpg
それとも、こっち? グリーングレーブトマト ↑
c0104227_21331986.jpg
味ですか。これは完熟でおいしかったです。 ブラックチェリートマト↑
c0104227_21333784.jpg
しかし、一番おいしかったのはこれかな?

c0104227_2134368.jpg
なんと、「賢治のトマト」でした!

黒く巨きな松倉山のこつちに
一点のダアリア複合体
その電燈の企画(プラン)なら
じつに九月の宝石である
その電燈の献策者に
わたくしは青い蕃茄(トマト)を贈る
(略) 
                詩「風景とオルゴール」


華やかなダリアの花束のような電燈をプランニングした人に、(勲章よりももっとすてきな)贈り物として、青いトマトをささげるというのです。
賢治が好む青い蕃茄(トマト)は、象徴的ニュアンスがあったと思います。
さわやかな青、フレッシュな青、若々しい青、未使用の青、それゆえ未来がいっぱい詰まった色だったのかもしれません。
賢治の時代はトマトはまだ非常に珍しい野菜でした。食べなれなくて苦手だった人も少なくなかったようです。

完熟しても、青くて、甘い、さわやかなトマトが開発されたら、「賢治のトマト」といえるかもしれません。
by nenemu8921 | 2010-10-01 05:49 | | Comments(12)
           今年のイギリス海岸は、20日夜、大雨が降って、
           せっかくのダム放流を調整した役所の粋な計らいも効果なし。
                              満々と水が流れておりました。
c0104227_21233266.jpg

c0104227_21282729.jpg

こちらに昨年の画像があります。
 近くの胡桃の里ではライブコンサートが催され、
           こんなおいしいものもサービスされていました。
 お餅です。くるみ餡とずんだ餡と。添えられたきゅうりの古漬けもおいしい。賢治祭って、花巻の人、それぞれにとってもお祭りなんですね。
c0104227_21301983.jpg


夕方からは「雨ニモマケズ」詩碑前の広場で賢治祭が催されました。
市民の皆さん手作りで、準備された様子がわかりますね。
c0104227_21212334.jpg

c0104227_21215493.jpg


9月21日は宮沢賢治の命日ですが、全国から賢治ファンが花巻を訪れ、、
「雨ニモマケズ」の詩碑の前に集うようになったのが賢治祭の始まりです。

More  続きをみる
by nenemu8921 | 2010-09-29 08:00 | | Comments(16)

みのり

東北から帰りました。20~26日までの1週間、あちこち寄り道してのイーハトーブ探訪でした。
賢治祭や宮沢賢治学会の定期総会にも出席し、多くの友人に出会いました。
少しづつ、画像を整理しながら、ご紹介します。お付き合いください。
出かけるときは30℃を超す残暑でしたが、帰りは冷たい雨に首をすくめ、持参したTシャツを重ねて着、
宿では毛布を出してもらいました。
東北道は黄金の稲田が実にきれいでした。車から撮影したい気持ちを抑えるのがたいへんでした。

        方十里稗貫のみかも
        稲熟れてみ祭三日
              そらはれわたる      

c0104227_18255485.jpg
花巻市谷内周辺の景色です。画像はクリックすると、みな大きくなります。

        (いたつき)のゆゑにもくちんいのちなり
        みのりに棄てばうれしからまし   
                                      (絶筆) 

c0104227_18263427.jpg

宮沢賢治の絶筆として知られている短歌二首です。稗貫(ひえぬき)は、地名。
賢治作品では、みのりの喜びを歌った作品は多くないですね。当時の東北の農業は凶作や不作が続き、農民は苦労が絶えませんでした。

福島西で高速を降りたら、すばらしい光景に出会いました。一家総出で稲刈りをする家族です。
小学4年生だという少女も一人前にお手伝いを楽しそうにしていました。
声をかけたら、包丁で剥いていた大きなゆで栗を、あるじから、たくさんいただきました。

c0104227_18394710.jpg


c0104227_1847660.jpg


c0104227_1850585.jpg


c0104227_1853290.jpg

by nenemu8921 | 2010-09-27 21:23 | | Comments(20)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921