カテゴリ:植物( 924 )

アケビの蔓



心象のはいいろはがねから
あけびのつるはくもにからまり
のばらのやぶや腐蝕の湿地
いちめんのいちめんの諂曲模様
         詩「春と修羅」

c0104227_16265333.jpg
ミツバアケビは野趣に富んでいて好きな花。
この蔓を見れば、諂曲模様を連想させるのがわかりますね。



こちらは五葉アケビと呼ばれるアケビです。
やさしい新緑だけれど……。
c0104227_17130287.jpg

ゴヨウアケビの雄花。
c0104227_17142100.jpg


こちらが雌花。蕊を見ると実になるのがわかりますね。
c0104227_17140713.jpg


by nenemu8921 | 2017-05-16 17:26 | 植物 | Comments(9)

香るもの

外に出れば、花の香りが気になる季節である。
柑橘類の花はみな香りが高い。夏みかんだろうか。レモンだろうか。柚子だろうか。
c0104227_00115313.jpg
c0104227_00105350.jpg

ハリエンジュだけれども、賢治風に言えばアカシアのランプだ。
谷津の駐車場の奥の草原に、アカシアの木がたくさんあって、あまい香りが一面漂っている。
c0104227_00142532.jpg


こちらは野茨の花。賢治もお気に入りだった。
近くの真間川を散歩すれば、野ばらの藪がこの時期ばかりは饒舌になる。
c0104227_00242017.jpg

スイカズラも香る。野茨の隣に茂っていた。賢治作品に登場しないのは不思議だ。
c0104227_21373000.jpg

海岸周辺を歩くと、香るトベラの花。
c0104227_21403062.jpg

同じ時期に咲くシャリンバイ、似た環境に自生する。暖地性の海岸に多い。いつもどっちがどっちだったか忘れてしまう。
c0104227_22152574.jpg


香らないのはこの花。ハナダイコン。
海岸に多い。群生していても無口だ。もうじきハマヒルガオも咲きだす。
c0104227_21395025.jpg





More おまけです
by nenemu8921 | 2017-05-14 09:23 | 植物 | Comments(10)

オニグルミ

にはとこが
月光いろに咲いたので
鬼ぐるみにも
まばゆい青や緑金や
瓔珞がみなかけられる
      詩〔あちこちあをじろく接骨木が咲いて〕(下書き稿🉂)
c0104227_15535564.jpg
c0104227_15515849.jpg
ぐんま昆虫の森で、オニグルミの瓔珞を見つけた。(GWの前だった)
温暖化の故か、まだ四月だというのに、緑の紐がいっせいに垂れている。
賢治風に言えば、瓔珞である。胡桃の雄花である。
その元のところに小さな鮮紅色の雌花が10個ほど固まっている。
これが受精すれば、「黄金のあかご」となるのである。

c0104227_15523662.jpg

だが、この雌花は小さいし、高い枝の葉の根元にあるのでなかなか見つけられない。
今回は胡桃の木の下でお弁当を食べながら、ゆっくり観察した。
c0104227_16204976.jpg


こんなにくっきり撮影できたのは初めてである。
c0104227_15532783.jpg

どこのくるみの木にも
いまみな金のあかごがぶらさがる
          詩「おきなぐさ」


これは以前にも紹介した「金のあかご」オニグルミの実。
確認してみたら。千葉市佐倉で6月の撮影だった。
c0104227_16485495.jpg

宮沢賢治が胡桃と表記しているのはオニグルミのこと。
たびたび詩や童話に登場させているが、雌花に関しての言及はない。

by nenemu8921 | 2017-05-13 00:28 | 植物 | Comments(8)
妙義のさくらの里では、ソメイヨシノは花びらが落ち、桜吹雪を演出していましたが、よく見ると様々な種類の桜が健在でした。
でも名前がわからなーい。
手元に「サクラハンドブック」〔文一出版)という、識別に便利な本がありますが、時間をかけて解明できませーん。
出会った桜の画像を載せますね。
他にウコンも満開でしたが、気に入った画像にはなりませんでした。
桜の微妙な表情の違いを見てやってください。

c0104227_21534811.jpg
c0104227_21562717.jpg
c0104227_21560532.jpg
c0104227_21533105.jpg
c0104227_21541239.jpg
桜はバラ科の代表選手ですが、同じバラ科の梨、李などとよく似ていますね。
by nenemu8921 | 2017-05-02 23:56 | 植物 | Comments(6)
上毛三山の一つ、妙義山は急峻な岩山ですが、近年整備されて桜の名所になっているというので、前橋からの帰途、単独で立ち寄ってみました。
画像はクリックすると大きくなります。
c0104227_13532783.jpg

桜は散り始めたところ。
でもウィークディにもかかわらず、大勢の観光客でにぎわっていました。
c0104227_13545893.jpg

c0104227_13543896.jpg

どうも、似たような構図になってしまいます。
大きな看板を入れないように頑張ってみましたが…。
c0104227_13551840.jpg

c0104227_13574066.jpg


c0104227_13575585.jpg

風が吹くと、桜吹雪がすごかったです。でも撮影は難しい。(>_<) 
背景が暗くないと目立たないし、花びらにピンを合わせると手前の桜はぼけてしまうし。
c0104227_13581644.jpg
驚いたのは、こんなところで千葉の写真仲間に出会ったことです。車2台で7,8人のグループでいらしていました。
きっといい写真を撮られたでしょうね。(^^♪

by nenemu8921 | 2017-05-01 15:31 | 植物 | Comments(4)

梨の木

「アアッハッハ、大目に見て置きませう。ところがまあ、あの梨の木をごらんなさい。枝が剪られてゐますので身体が一向釣り合ひません。まるで蛹の踊りぢゃありませんか。」
「蛹踊りとはあんまり可哀さうですよ。すっかりしょげて化石(二字不明)しまったやうぢゃありませんか。」
「(三字不明)なるとは。そいつはあんまりひどすぎる。おおい、梨の木。(二字不明)まんまでいいんだよ。けれども仲々人の意見をすなほに(二字不明)るやつぢゃないんです。」
                  童話〔研師と園丁」
c0104227_00350178.jpg
〔研師と園丁)は、〔若い研師〕の「二、チューリップ酒」の章が独立発展したものであり、本編がさらに発展して別紙に清書されたものが「チューリップの幻術」である。「チューリップの幻術」の下書き稿というか、下書きメモともいえる断片である。
果樹園の園丁と刃物類を研ぐのを職業とする研師との会話で成立している物語だが、園丁も研師も最近ではあまり使われなくなった言葉である。
園丁はガーデナーだろうか。刃物を研ぐという仕事は現在も職業として成立しているのかどうかわからない。

梨の剪定はいい果実のできる枝を残し、樹木全体の枝の配置を考え、日当たりが良くなるようにし、古い枝を新しい枝に更新する大事な作業である。剪定に失敗した梨の木をからかっているのであろう。小さな梨園で蛹のような枝ぶりの樹木を探してみた。
牧歌的な時間がゆっくり流れている。

梨の花の美しい季節だ。千葉でも群馬でも梨は美しい花を咲かせる。
咲いたばかりの花は蕊がこのようにピンク色だ。

c0104227_01152223.jpg


c0104227_01233683.jpg

数日で蕊の先端は黒ずんでしまう。花弁は純白のままだけれども。
c0104227_01525955.jpg


c0104227_01533566.jpg
梨栽培農家の方の話では、この時期、受粉作業でたいそう忙しいそうだ。

by nenemu8921 | 2017-04-28 01:41 | 植物 | Comments(14)

行く春や

あっという間に春は過ぎゆきますね。

桜は散り

c0104227_21523517.jpg


c0104227_11304231.jpg

イロハモミジの新芽が芽吹き
c0104227_09414364.jpg

木々は緑に燃え

c0104227_09420901.jpg

紅くも燃え
c0104227_09460158.jpg

c0104227_09522523.jpg

もう、真夏日だなんて! 時よ、とまれ!!
この勢いだとあっという間に100歳になってしまいます。


by nenemu8921 | 2017-04-19 09:57 | 植物 | Comments(12)

カタクリ

僕、ここからかたくりの花を投げてあげたんだよ。
               童話「楢ノ木大学士の野宿」

c0104227_19034276.jpg

c0104227_19043753.jpg
c0104227_19061208.jpg

友人の情報で行ってみました。
柏の逆井にカタクリの小さな群生地があります。
今年はカタクリもゆるやかな開花で、今頃まで花が残っていました。
こういうことは実に稀です。
 
c0104227_20212596.jpg

小さな丘の斜面にカタクリの群生が保護されています。
道の向かい側の運動公園に臨時の駐車場があります。



by nenemu8921 | 2017-04-14 19:10 | 植物 | Comments(10)

こぶしの花

「兄さん。ヒームカさんはほんたうに美しいね。
にいさん。この前ね、僕、ここからかたくりの花を投げてあげたんだよ。
ヒームカさんのおっかさんへは白いこぶしの花をあげたんだよ。
そしたら西風がね、だまって持って行って呉れたよ。」
                   童話「楢ノ木大学士の野宿」
c0104227_11543711.jpg

ヒームカさんとは、かつては姫神山のことといわれていたが、花巻市東和町の日向居木山(ひなたおりぎやま)(531m)がモデルらしい。
ヒームカさんのおっかさんとは、日向居木山と同じ蛇紋岩産地の早池峰である。
かたくりもこぶしも、桜より一足早く咲く。春の喜びを告げる花だ。

c0104227_21102984.jpg
c0104227_21175672.jpg
c0104227_11545550.jpg


by nenemu8921 | 2017-04-12 00:35 | 植物 | Comments(14)

ご近所の桜

おなじみの原木山妙行寺の桜。
お彼岸に咲く名物の枝垂れさくらのほかにも、桜は数本あって、ちょうど満開でした。
c0104227_21205853.jpg


c0104227_20484619.jpg

ソメイヨシノの大木もみな満開でした。
ここではソメイヨシノもひっそり咲いている風情です。
c0104227_21282264.jpg


c0104227_21274675.jpg



by nenemu8921 | 2017-04-10 21:43 | 植物 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921