カテゴリ:植物( 928 )

もみじ山大町

大町自然公園に隣接しているもみじ山です。
個人の所有だそうですが、この時期一般開放されます。
写真クラブの撮影会があって出かけました。しかし、モミジは……。
c0104227_21325844.jpg

c0104227_23214171.jpg


池への映り込みがきれいでした。観光客が多かったです。
ここは地元の人でも知らない人も多いのに。なぜか、中国の観光客が多く、タブレットで記念撮影していました。
c0104227_23331097.jpg


あと1週間後くらいが見どころでしょうか。
c0104227_23212266.jpg

こちらの池を回っていつものカワセミちゃんに出会って帰りましたよ。
c0104227_23223404.jpg

しばらく待っているといつもの枝に飛んできて少し付き合って遊んでくれました。
この日は人が多かったので、望遠レンズをとりに行く気になれませんでした。
また、今度ゆっくり遊ぼうね~と。(どこにいるかわかりますか?)
池への映り込みが思ったより面白かったので満足でした。
c0104227_23221209.jpg



by nenemu8921 | 2016-11-27 23:46 | 植物 | Comments(12)

イソギク

今朝の地震には驚きましたね。津波報道にも! でも、大きな被害がなくてよかったですね。
千葉県も九十九里外房では津波警報も出て居ましたね。実は昨日家人の所用で九十九里の大原というところまで行ってきたばかりでした。
確かに声が出なくても運転はできますが…(車の送迎を頼まれたのでした)、曇り日で疲れましたよ。
途中立ち寄った太東岬。海は荒れていましたが、イソギクが満開でした。
c0104227_22475339.jpg


c0104227_22565467.jpg


灯台です。ちょっと寂しい雰囲気でした。周囲は公園風に整備されていますが…。
c0104227_22582879.jpg

やはり千葉は温暖なのね。もうスイセンが咲き始めていました。(@_@)
「水仙月の四日」も イメージ変わってしまうなあ。
房総では、この花は師走に満開になります。
c0104227_22490474.jpg



by nenemu8921 | 2016-11-22 23:55 | 植物 | Comments(8)

紅葉どき

松戸支部の写真展に行ったついでに写友たちと水元公園に立ち寄りました。
あいにくの寒い曇り日で。空も鳥も花もさえず、駐車場のモミジバフウばかりが鮮かでした。
c0104227_09420418.jpg


c0104227_09422457.jpg



c0104227_09424472.jpg

c0104227_09431414.jpg
カワウも寝ぼけた表情で羽を広げておりました。
メタセコイアはまだ色づかず。来月上旬ごろがきれいでしょうね。晴れた日にまた来たいですね。


by nenemu8921 | 2016-11-11 09:50 | 植物 | Comments(7)

野ばらの実が色づくころ

ようやく、安定した秋晴れの日が戻ってきました。野ばらの実も色づき始めました。
c0104227_12413791.jpg

ミゾソバの群落。紅色の金平糖も可愛いね。
c0104227_12460192.jpg

小さなシジミチョウがよく似合う~。
c0104227_12480343.jpg


花びらは目立たないけれど、こんなに小さくてもちゃんと開きます。
c0104227_12454538.jpg



サクラタデの花びらも小さいけれど、目に止まりやすいですね。
c0104227_12450843.jpg

このやさしい風情が好き。
c0104227_12421545.jpg

ミゾソバをバックに配して。
c0104227_12462288.jpg

こちらはイネタデ。
c0104227_12443531.jpg

ぐんと近づけば、やはり小さな花びらが開いていました。
c0104227_12440309.jpg
小さなもの、目立たないものに、なぜか、心惹かれます。
                 

by nenemu8921 | 2016-10-16 13:08 | 植物 | Comments(4)

秋の野草

久しぶりのお日様が嬉しくて、朝起きて思いつき、みずもと自然クラブのきのこの観察会に参加しました。
観察会は久しぶりだったので、皆さんに出会えてうれしかったです。
とりあえずは、この日、目に留まった野草とシジミチョウたち。

サクラタデ(タデ科イヌタデ属)、Persicaria macrantha subsp. conspicua

c0104227_10513813.jpg


こちらはシャクチリソバ(そばの原種だとか)。ベニシジミですね。
シャクチリソバ赤地利蕎麦、学名:Polygonum cymosum (シノニム: P. dibotrys Hara)は、タデ科タデ属多年草
c0104227_10533938.jpg


こちらはツバメシジミでしょうか。散り始めた萩の花です。
ウラナミシジミでした。ちょっと大きいなと思ったのでした。
konekoさん、いつもありがとうございます。
c0104227_11164572.jpg



c0104227_11212212.jpg
    これはウラナミシジミですね。シロバナサクラタデもこれから咲きます。
c0104227_11025254.jpg

by nenemu8921 | 2016-10-03 11:32 | 植物 | Comments(10)

彼岸花とコスモス

寺の周囲は休耕田で、畔には彼岸花がいちめん植栽されています。
まだ咲きそろっていませんが、みごとな景観です。
本当はこの中はコスモスが満開の予定でした(>_<)
相次ぐ台風の余波で花は倒れ、雑草が目立ちました。
c0104227_12031751.jpg
この花は各地におどろおどろした伝承や不吉な俗名も多いことで知られていますが。
ヒガンバナ ヒガンバナ科ヒガンバナ属ヒガンバナ Lycoris radiata 彼岸花 
曼珠沙華は、 サンスクリット語 mañjūṣakaの音写。如意花などと訳す。仏語。白色柔軟で、これを見る者はおのずから悪業を離れるという天界の花。(「デジタル大辞泉」)
英名では、red spider lily, spider lily (紅い蜘蛛百合?)
蜘蛛の巣に見えるともいえますねえ。
c0104227_11322760.jpg
開き始めが好きです。

c0104227_11331478.jpg

c0104227_12022838.jpg


c0104227_12033630.jpg
健気に咲いているコスモスもありました。このあたりは千葉県旭市蛇園という地名です。

by nenemu8921 | 2016-10-02 00:11 | 植物 | Comments(8)

彼岸花とモンキアゲハ

彼岸花の咲いているというお寺を訪ねました。でもあいにくの薄曇り。
モンキアゲハチョウがしきりに飛び回っていました。

c0104227_23065441.jpg
c0104227_23034896.jpg
c0104227_23043129.jpg

こんなお寺です。
             
c0104227_23580498.jpg

c0104227_23590391.jpg

裏山にはまだまだつぼみがたくさんありました。みんな開いたら見事でしょうね。

c0104227_23592838.jpg


素朴な風情が彼岸花より曼珠沙華という名が似合うような気がしました。
c0104227_00001846.jpg


by nenemu8921 | 2016-10-01 11:09 | 植物 | Comments(7)

水辺の植物

蜻蛉も鳥にも会えないので、水辺の植物を観察しました。
見慣れた植物も美しいと思いました。

ガガブタ(ミツガシワ科アサザ属) Nymphoides indica 鏡蓋
c0104227_0124657.jpg


トチカガミ(トチカガミ科トチカガミ属)Hydrocharis dubia 鼈鏡 
鼈はスッポンのことだとか。難しい文字ですね。光沢のある丸い葉を鏡に見立てて名付けられたそうです。
c0104227_0153122.jpg


ツユクサ(ツユクサ科ツユクサ属) Commelina communis 露草
c0104227_0142227.jpg


オモダカ(オモダカ科オモダカ属) Sagittaria trifolia L. 沢瀉・澤瀉・面高
c0104227_0174092.jpg


ヒメコウホネ(スイレン科コウホネ属)Nuphar subintegerrimum 姫河骨
流れの緩い小川に出現することもあり、根茎が骨のように見えることから、コウホネ(河骨、川骨)の名の由来だとか。
c0104227_13167.jpg


アサザ(ミツガシワ科アサザ属) Nymphoides peltata (S.G.Gmel.) Kuntze)浅沙、阿佐佐
c0104227_212029.jpg


不明 小さなマツヨイグサのように見えました。名前がわかりません。
図鑑じゃないから名前のわからないものもあっていいかな(^_-)-☆
c0104227_0164787.jpg


真夏の過酷な気象をどうにかやり過ごしてきた植物たちは、葉もボロボロ、茎もヨタヨタ。
(身につまされますねえ…。)
ですから、他に撮りようがなかったのです。(>_<)

賢治作品にはオモダカが登場する詩が1篇あります。

((ギルちゃんちつともぼくたちのことみないんだものぼくほんたうにつらかつた))
((さつきおもだかのとこであんまりはしやいでいたねえ))
                     詩「青森挽歌」


ギルちゃんは蛙であり、逝ってしまった妹のイメージと重ねていますね。

あっ、露草も登場しますよ。

「岸には茨やつゆ草やたでが一杯にしげり、そのつゆくさの十本ばかり集まった下のあたりに、
カン蛙のうちがありました。
                             童話〔蛙のゴム靴〕


沼地の植物というか、湿地の植物は、蛙の舞台装置のように登場するわけです。
by nenemu8921 | 2016-09-16 10:16 | 植物 | Comments(18)
暑さに負けています。在庫画像からです。
七月の高村光太郎記念館の庭で出会った動植物です。

1、アゼムシロ、都内では、見かけることが少なくなった植物
c0104227_2371962.jpg


2、オカトラノウにモンキチョウ。
c0104227_23255059.jpg


3、紫陽花がたくさん咲いていました。ヨツスジカミキリでしょうか。
c0104227_23281088.jpg


4、ツノアオカメムシだと思うのですが。
c0104227_231136100.jpg


5、アマガエル?
c0104227_23124068.jpg


6、フキバッタ?
c0104227_23131058.jpg


7、ハナムグリ?
c0104227_23135794.jpg


昆虫もあまり自信がありません。間違っていたら教えてくださいね。

つづきもありますが、長いもの怖いもの、苦手な方はスルーしてくださいね。

More つづきを見る
by nenemu8921 | 2016-09-09 21:15 | 植物 | Comments(12)
おみなえしが、斯う云いました。
「ベゴさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりましたよ。」
                 童話「気のいい火山弾」


1、オミナエシ(オミナエシ科オミナエシ属)  Patrinia scabiosifolia 女郎花
c0104227_19475297.jpg
 

そこで嘉助は、一生懸命それを跡けて行きました。ところがその路のようなものは、まだ百歩も行かないうちに、おとこへしや、すてきに背の高い薊の中で、二つにも三つにも分れてしまって、どれがどれやら一向わからなくなってしまいました。嘉助はおういと叫びました。
 おうとどこかで三郎が叫んでいるようです。   童話「風の又三郎」


2、オトコエシ(オミナエシ科オミナエシ属) Patrinia villosa  男郎花
c0104227_2144032.jpg


3、ヤブレガサ(キク科ヤブレガサ属)  Syneilesis palmata 破れ傘
c0104227_19515100.jpg


4、ジャコウソウ(シソ科ジャコウソウ属) Chelonopsis moschata 麝香草
c0104227_2143403.jpg


5、フシグロセンノウ(ナデシコ科センノウ属) Lychnis miqueliana Rohrb 節黒仙翁
c0104227_1947451.jpg


6、ソバナ(キキョウ科ツリガネニンジン属)  Adenophora remotiflora 岨菜
c0104227_2154567.jpg


7、ルイヨウボタンの実(メギ科ルイヨウボタン属) Caulophyllum robustum 類葉牡丹
葉の形がボタンの葉に似ているのでこの名がつく。
だが、花はゴージャス牡丹の花とは似ても似つかない清楚な小さな花だ。
c0104227_19523250.jpg


8、ヤマシャクヤクの実 (ボタン科ボタン属) Paeonia japonica 
c0104227_2147148.jpg


9、キブシの実(キブシ科キブシ属) Stachyurus praecox 木五倍子
c0104227_214699.jpg


10、イヌトウバナ(シソ科トウバナ属)Clinopodium micranthum (Regel) Hara 犬塔花
クルマバナ、トウバナ、イヌトウバナ、ヤマトウバナはみなよく似ている。同定に自信はない…。
c0104227_1361628.jpg


11、赤城自然園では、いつも歩かないコースも歩いてみました。
この小流れ沿いに初夏にはクリンソウが咲きそろいます。
c0104227_1347879.jpg


12、四季の森では木登りを楽しんでいた少女。お兄ちゃんは高恐怖症なのですって。
都会と違って人が多すぎず、家族連れもそれぞれに楽しんでいる様子でした。
c0104227_13475654.jpg

by nenemu8921 | 2016-08-17 00:32 | 植物 | Comments(7)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921