カテゴリ:祭り( 36 )

毎年8月4日、5日は、匝瑳市八重垣神社の祇園祭が盛大に行われます。
20数基の神輿が繰り出され、笛、太鼓の軽快なお囃子に合わせ、「あんりゃどした」という威勢の良い掛け声が響きます。
4日は女みこしが繰り出され、5日は水かけ祭りとしてもよく知られています。
4日の午後から出かけてみました。
画像はクリックすると大きくなります。
c0104227_21281905.jpg

c0104227_21283404.jpg

c0104227_21284747.jpg

c0104227_21300551.jpg

c0104227_21294443.jpg


c0104227_21295462.jpg

c0104227_21303360.jpg

c0104227_21304696.jpg

c0104227_21310300.jpg

c0104227_21313581.jpg

c0104227_21315084.jpg
c0104227_21330802.jpg
c0104227_21323903.jpg
c0104227_21325464.jpg

c0104227_21333287.jpg

c0104227_21301199.jpg
陽が落ちてから祭りは最高潮に達します。
素晴らしいお祭りでした。
ここ数年は、八日市場の水かけ祭りで、「ああ夏だわぁ」と、実感します。
5日には行けなかったのが残念でした。


by nenemu8921 | 2017-08-11 08:12 | 祭り | Comments(6)
佐原の山車の続きです。
町内ごとに法被の背中には、町内の頭文字が描かれているのが面白い。こちらは「た」ぐみ。

c0104227_01514493.jpg


こちらは「か」ぐみ。
c0104227_01522677.jpg


やかんまで、このようにみなデザインされていました。
担ぐ人の飲み物補給用です。
c0104227_01354436.jpg

こちらは「て」ぐみ。長老が目立ちますね。
小野川沿いの町並みに似合います。
c0104227_01331249.jpg

おなじ「て」組でも女性陣のコスチュームはこんな感じです。
c0104227_01554178.jpg


こちら、山車の人形は日本武尊ですね。
c0104227_01532884.jpg

まるで、時代劇の一場面のようです。
背景の街並みが~。(笑)
c0104227_01344142.jpg


こちらの長老は深刻な表情。
「まあ、あの女のことはあきらめなよ」と、言っているのか、どうか。(^^♪
c0104227_20072735.jpg

小野川沿いの道は狭くてたいへんです。
c0104227_01543094.jpg


何だと思いますか? これぞ、乱曳き!!
山車が人力でブレーキを掛けながら曲がるときに地面についた轍(わだち)ですね。
舗装された道路でこんな跡がくっきり! すごいなあ。
c0104227_10432635.jpg

食事をしたところで、向かいの席の少女にもモデルになってもらいました。
召しあがっているのは、なんとモツ煮!
小学生にしては通っぽいですね。(^_-)-☆
c0104227_01562072.jpg

やがて、提灯に灯が入り、雰囲気は盛り上がってきました。
c0104227_01573088.jpg

夜はライトアップするとか。
でも、疲れたので、このまま、駐車場へ。
c0104227_01585078.jpg

まあ、楽しいお祭りでした。佐原の皆さん、おめでとうございました。
(しかし、この後、駐車場であの雷に出会ったのでした。)


by nenemu8921 | 2017-05-09 08:35 | 祭り | Comments(12)
4月29日、30日には、香取市佐原で、
「ユネスコ無形文化遺産登録記念祝賀山車曳き廻し」が行われました。
24町内の山車が勢ぞろいするというので、29日の午後、写友に誘われて出かけてきました。
すごかったです。
コミュニテイセンターが会場でしたが、山車も人もカメラさんもすごい数でした。
祝賀イベントは会場で整列の後、各町内に分かれて乱曳きが行われ、
分散したゆえか、撮影はしやすかったです。
まずは、イベント会場で。
次々に登場する各町内の山車は、それぞれ立派でしたが、
乱曳きの主役のお兄さんたち、祭りのスナップに的を絞って撮影しました。
2回に分けて紹介します。
c0104227_18470039.jpg
c0104227_18473405.jpg
c0104227_18475528.jpg
c0104227_18483029.jpg
c0104227_18492030.jpg


c0104227_18503956.jpg
c0104227_20100015.jpg
すごい迫力でしょう。(^_-)-☆

by nenemu8921 | 2017-05-06 22:16 | 祭り | Comments(10)

きつねの嫁入り

郷里に出かけていたためにしばらく更新ができませんでした。
留守の間にご訪問いただき、やさしいコメントをくださった皆さん、ありがとうございます。

郷里の前橋では所用に追われて、あわただしかったのですが、
せっかくのいい季節、少しの時間の合間を見つけて、あちこちで、せこせこと?撮影しました。
まずは高崎市のみさとの芝桜公園で行われた出前公演「きつねの嫁入り」です。
(本番は今年は10月1日(日)に行われます)
クリックして大きな画面でご覧くださいね。

芝桜はこれからが満開? 
でも青空とふりそそぐ日差し!
c0104227_17432329.jpg

行列はかなりリラックスした雰囲気でした。
c0104227_15493259.jpg


お女中の皆さんもとっておきの笑顔です。
c0104227_17300273.jpg


しかし、この日は上州名物の風が~。
c0104227_18024203.jpg


道中、小休憩のひととき、一瞬、吹き抜けた風!! 
c0104227_18061277.jpg

あっという間に傘はこのとおり(>_<)
c0104227_15502992.jpg

見物客もカメラマンさんもきつねのご一行もびっくり(@_@)
c0104227_15511998.jpg

「お女中、ごくろうでござる」
c0104227_18082479.jpg

でも、ハプニングも一興です。きつねパワーは動じませんでした!!
こちらが今年のきつね嫁です。
c0104227_15533100.jpg

「ようこそ、皆さん」さわやかなお女中。
c0104227_17353309.jpg

子ぎつねたちも楽しそう。
c0104227_15542291.jpg

狐にしては健康優良児?
c0104227_15545719.jpg


ラストは赤い鳥居の前で記念撮影。きつね舞のご披露もありました。
c0104227_15560094.jpg

すてきでしたよ。
c0104227_15562776.jpg

白毛が風に舞いこの通りの迫力です。

c0104227_16000926.jpg

終了後も和気あいあいとした雰囲気でした。
「太鼓たたいてごらん」

c0104227_17391781.jpg
楽しいひと時でした。

by nenemu8921 | 2017-04-25 18:28 | 祭り | Comments(16)
市川市のほぼ中心にある葛飾八幡宮で33周年式年大祭と呼ばれる大きな祭りが、2017・3・31~4.2にかけて行われました。
私は体調がよくなくて、すべてを取材することはできませんでしたが、4月1日に見聞した一部をご紹介します。
33年に一度のお祭りであり、隣接している市川市市民会館もリニューアルされ、境内もきれいに整備され、祭りは実に盛大でした。
3日間のプログラムはまことに盛りだくさんなもので、大勢の市民の参加、報道陣も詰めかけました。
幟ははためき、桜は開き始めた風情でした。

c0104227_16030556.jpg

稚児行列です。
c0104227_15385714.jpg

幼い子は信号待ちで早くも疲れてしまいましたが…。
ここは近くに京成電車の駅があり、踏切がひっきりなしに降りるので、
行列もたいへんなんです。警備の方のご苦労は一通りではなかったようです。
c0104227_15390089.jpg

こちらは子どもたちのおみこし。街のお祭りという風で迫力はありませんが、和気あいあいとしていました。
c0104227_15394200.jpg

大人も子どももやや照れくさそうでしたよ。
c0104227_15395551.jpg

それでも元気いっぱい! 頑張りました。
c0104227_15404926.jpg


お参りする人であふれんばかりです。
c0104227_16093149.jpg

戻ったみこしを並べて神事も厳かにおこなれました。
c0104227_16093791.jpg
画像はクリックすると、みな大きくなります。


by nenemu8921 | 2017-04-03 00:16 | 祭り | Comments(10)

佐原 ひな舟

おとなしい一週間を過ごしました。
あたたかさに誘われて、ゆるゆると午後から出かけてみました。
佐原のひなまつりです。やっぱり友人に出会いました。
町の中央を流れる小野川にひな船が浮かびます。
c0104227_14503099.jpg

柳は青らみ、かの町並みに。
c0104227_15025974.jpg


少女たちも少し緊張して、晴れがましく。
c0104227_14511206.jpg


みやびな鉦鼓の演奏もゆったりと流れます。
c0104227_14513919.jpg
千葉県のゆるキャラ「チーバくん」も応援に駆けつけました。
                       
c0104227_15093160.jpg

今年のお雛様は美女ぞろいでしたよ。
c0104227_15132150.jpg

思わず身を乗り出して、見つめる幼い子
c0104227_20295268.jpg

町のあちこちに本物のお雛様も飾られています。
c0104227_20291391.jpg

ショーが終われば、舟から上がるのも大変そう、でもうれしそう。
おかみさん会のスタッフの皆さん、ご苦労さまです。

c0104227_20311306.jpg


舟から上がれば、素顔に戻って。
c0104227_20315760.jpg

でも、声をかけるとポーズしてくれましたよ。
c0104227_20262691.jpg
背景の町並みがいい雰囲気です。
c0104227_20335382.jpg

帰りに佐原名物のお醤油と、しょうが味のアイスクリームをいただきましたよ。
友人と半分づつ味見をして満足でした。

c0104227_20343525.jpg
c0104227_20350175.jpg
ゆるゆると帰りました。少しストレス解消になりました。(^^♪



by nenemu8921 | 2017-03-20 22:31 | 祭り | Comments(18)
行ってみました。市内の白幡天神社です。先週のことです。
春を呼ぶ祭りと言われる「湯の花祭り」。湯の花祭りは、大釜にぐらぐらと煮えたぎらせた熱湯を、熊笹の大束でもって参詣者に振りかけ、一年間の無病息災を願うもの。神事の後、熊笹は参詣者によって持ち帰られ、一年間大切に祀られます。そして、翌年の「湯の花祭り」折に、大釜の湯を沸かす火にくべられる事となります。また、地元の婦人たちが、昔ながらの素朴な味わいのする里芋の田楽や甘酒を参詣者に振舞います。境内の紅梅・白梅の蕾もうれしそうに咲いていました。例年多くの参詣者で大変な賑わいだそうですが、近所の園児や小学生も参加していました。
c0104227_17594484.jpg

でもね、肝心の神事の撮影はとっても難しい(>_<)  
狭い境内に人が多くて湯気が立ち込めるんですもの。
小さな脚立を用意して行ったのですが…。あまり役には立ちませんでした。
c0104227_17585907.jpg


でもね、祭りを撮らずに、祭りで撮れ!という名言?を思い浮かべて、
スナップを楽しみました。
小学生もこの通り!
c0104227_17580443.jpg


c0104227_18001603.jpg

c0104227_18004605.jpg
里芋とこんにゃくの田楽、甘酒が振舞われ、
皆さん、笑顔でいただいておりました。
c0104227_18011542.jpg

撮るのに夢中で味見する暇はありませんでしたよ。
c0104227_18063891.jpg

子どもたちも嬉しそう。
c0104227_05010603.jpg

カメラを向けると、喜んでポーズしてくれました。
c0104227_18015369.jpg

でも、周囲の子が「ぼくも~」「ぼくも~」になって、早々に引き上げました。
c0104227_05442586.jpg

ありがとう。皆さん。


by nenemu8921 | 2017-02-28 13:40 | 祭り | Comments(10)

秩父夜祭 ②

秩父夜祭りは夜が更けてから、夜明けまで続くそうですが、われらシニアはそんなお付き合いはできませんね。
夕方到着して9時ごろまで楽しみ、おいしいイワナ寿司などをいただき、花火を見て、車に戻りました。
でも、どの道も人、人、人。

c0104227_15443019.jpg

c0104227_14533603.jpg

c0104227_14524204.jpg

c0104227_15484944.jpg

花火は駐車場に戻ってからのほうがよく見えました。
山車と花火を入れた画像を新聞などで見かけますが、報道カメラマンは場所の確保が大変でしょうね。
c0104227_14314024.jpg

簡単にカメラ任せのオートで撮りました。何しろ三脚なしですから。
一眼レフより花火モードとか、夜景モードのついているコンデジのほうがいい画像が撮れるのかもしれませんね(^^♪
c0104227_14320824.jpg
c0104227_14323255.jpg
c0104227_14330481.jpg


More 続きを見る
by nenemu8921 | 2016-12-07 15:55 | 祭り | Comments(6)

秩父夜祭

友人のお誘いをいただき、秩父の夜祭に行ってきました。

c0104227_13182753.jpg

ユネスコの無形文化遺産への登録が決まったこともあり、また週末で、よい天候に恵まれたこともあって、すごい人出でした。
一人では絶対行けないと思いました。

c0104227_13172780.jpg

 
豪華絢爛な4基の「屋台」と、「笠鉾」と呼ばれる2基の山車が、夜更けまで市内を練り歩きました。
c0104227_13175859.jpg

冬空に約6500発の花火が打ち上げられ、集まった観客はおよそ33万人とか! 無事に帰ってこられたのが不思議です。
友よ、いつもありがとう。


by nenemu8921 | 2016-12-06 15:33 | 祭り | Comments(12)

芝山はにわ祭り

蛇祭りのあった日は、近くの芝山町で「はにわ祭り」も開催されていました。
友人たちが取材しているというので、帰途、立ち寄ってみました。
主なプログラムは終了していましたが、たくさんの屋台が並び、人出も大勢でした。
出会った古代人のスナップをご紹介しますね。
c0104227_11014436.jpg
c0104227_11021872.jpg
c0104227_11040514.jpg
c0104227_11080386.jpg
c0104227_11082981.jpg
c0104227_11030415.jpg
c0104227_11044026.jpg

c0104227_11174550.jpg

こちらは芝山町挙げての大きなイベントで、遠方からの観光客も大勢参加します。
楽しいお祭りです。古代人のチーズを味見させていただいたり、商店街の皆さんのつきたてのお餅をごちそうになったり、銀杏や柚子を格安で購入したり…。素敵な自転車が当たる〇×ゲームに参加したり、特別賞のいっぱい詰まった餅投げにも参加しました。
わたくしはゲームは1回戦で敗退し、餅投げも3個拾えただけでしたが、楽しかったです。
出会った友人はお餅は30個ぐらい、特別賞の詰まったカラーボールは5,6個ゲットしていました。(@_@)
こういう時はと、カメラは車において、空の袋を広げて用意していました、心構えが違います。!!
来年は見習いましょう。

古代人たちは静かに帰っていきました。また、来年、行き会いましょう。
c0104227_11453173.jpg

会場が広いので、帰り際、駐車した場所がわからなくなってしまい、困ってしまいましたが、スタッフの方たちが行き届いた対応で、助かりました。
無線でやり取りしながら、山の向こう側のスタッフと連携プレイで、見つけてくれたのです。ありがとうございました。


芝山町のはにわ祭りはこちらを見てね


by nenemu8921 | 2016-11-20 12:01 | 祭り | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921