カテゴリ:鳥・動物( 333 )

三番瀬で出会った鳥たち

翌日も良いお天気ったので、又三番瀬へ行きました。
貝採りの人たち、磯遊びのファミリー。バードウォッチャー、にぎやかでした。
頑張って大きなレンズを担いで鳥たちをアップで撮りました。
ミヤコドリの次に、ウミネコの群れが目立ちました。何しろ体が大きいですから。
それからハマシギ、ミユビシギが増えました。
c0104227_17181018.jpg

ウミネコの群れ。若鳥も交じっています。
c0104227_19531702.jpg

オオソリハシシギ。
c0104227_19533809.jpg
冬羽になっています。
c0104227_20411288.jpg



ハマシギの群れ。
c0104227_14144585.jpg

これがアメリカウズラシギ? 違いますねえ!!
バーダーの皆さんがそう言って、夢中で見ていましたが、どうも小さすぎます。
シロチドリの幼鳥かな。
長いこと水浴びをしていましたが、逆光気味で識別は難しかったようです。
c0104227_13594657.jpg


この時期のシギチドリは、夏羽から冬羽へ移行時期で羽色も定まらないし、幼鳥も交じっています。
逆光の中では識別は難しいですね。
c0104227_20381620.jpg


c0104227_14274701.jpg


こちらはミユビシギ。完全な冬羽ですね。
c0104227_13210518.jpg


脚を持ち上げたところ。足指が3本確認できますか。
c0104227_13204047.jpg

これはオバシギかな。コオバシギ?
c0104227_20402030.jpg
c0104227_20394790.jpg


少数派のチュウシャクシギ。逆光でした。
c0104227_19530219.jpg


こちらはまだ夏羽が残っているダイゼン、好物のゴカイをうまく捕まえました。
c0104227_19540696.jpg

水鏡に映っているのは、だあーれ。
c0104227_13191771.jpg


この日もキラキラの太陽で干潟は真夏のように暑かったです。
サギたちもたくさん集まっていました。
c0104227_13231646.jpg

かわいい表情を見せてくれたシロチドリ。
c0104227_13200578.jpg


たくさん撮影したので、整理が追いつきません。お見苦しいまま載せます(>_<)
三番瀬の雰囲気を味わってください。
c0104227_17173692.jpg



by nenemu8921 | 2017-10-12 17:23 | 鳥・動物 | Comments(10)

ミヤコドリ飛来

中潮で晴天でした。
遠くから訪れたバーダーも、貝採りの人も多かったです。
それ以上に多かったのは、ミヤコドリです。300羽は優に超えていました。
よく飛んでくれました。飛ぶ鳥撮影の練習になりました。
ズームレンズで遊びました。
陽が差したり、雲に入ったりの天候でしたが、潮の引いた砂浜はキラキラ光り鏡のようでした。
c0104227_21342035.jpg

c0104227_23415537.jpg

c0104227_23410021.jpg
c0104227_21312255.jpg
c0104227_21335067.jpg



c0104227_23443712.jpg

c0104227_23452145.jpg

c0104227_23541052.jpg

c0104227_23552927.jpg
ミヤコドリ(チドリ目ミヤコドリ科)Haematopus ostralegus 都鳥 

伊勢物語で名にし負はばいざこと問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」と歌われているのは、

カモメ科のユリカモメのことで、この標準和名のミヤコドリではない。






by nenemu8921 | 2017-10-10 00:12 | 鳥・動物 | Comments(18)

お食事中


ダイサギのお食事に出会いました。
見つけて咥えて、咥えなおして、あっという間に飲み込みました。

c0104227_15044265.jpg


ハゼでしょうか。おいしそう。
c0104227_15051572.jpg




by nenemu8921 | 2017-10-08 15:32 | 鳥・動物 | Comments(8)
巣立ちして間もないと思われるオナガです。
ギャーギャー啼きわめく声、10羽以上いたと思います。
でも、木立の茂みに入って姿はとらえられません。
カワヤナギの茂みになかにようやく見つけました。
しきりに羽ずくろいをしていました。
画像はトリミングしてあります。クリックして大きな画像でご覧くださいね。

c0104227_20334027.jpg


c0104227_20332289.jpg

c0104227_20334805.jpg


c0104227_20341587.jpg

他の鳥にさんざ促されて少し先のしだれ柳に入りました。
c0104227_20344211.jpg

c0104227_20342821.jpg
次々と飛んでいくのですが、飛翔姿は撮れませんでした。みなブレブレでした。(>_<)


おまけです
今年初めて出会ったヒガンバナ。咲き始めたばかりでした。
c0104227_22583477.jpg


by nenemu8921 | 2017-09-14 00:29 | 鳥・動物 | Comments(11)

渡りの季節

一週間ぶりの三番瀬です。
相変わらずの曇天です。

c0104227_21233454.jpg


先週はいなかったオバシギ。2羽入っています。
夏羽が残っていますね。
c0104227_20260918.jpg


1PPという標識がついています。
c0104227_20263383.jpg


こちらは夏羽のダイゼン。
c0104227_20264310.jpg

c0104227_20271190.jpg


オオソリハシシギもかなり入っていました。
c0104227_20281967.jpg

c0104227_20281083.jpg

一番多いのはウミネコです。若鳥もいます。
c0104227_20283659.jpg


c0104227_21242416.jpg

そしてこちらは先週の三番瀬。ミヤコドリの群れ。
c0104227_21312117.jpg



でもね、こんな雲り空のもとでは鳥たちの色が出ず、撮影に熱が入らない。
c0104227_21322653.jpg

でも、この日は面白いものに出会いました。続きは明日です。





by nenemu8921 | 2017-08-20 21:52 | 鳥・動物 | Comments(6)

カルガモファミリー

ここでいつも出会うオシドリの姿はなく、カルガモばかりがくつろいでいました。
c0104227_22490873.jpg



c0104227_22503071.jpg


c0104227_22490094.jpg


大家族でしょうか。この春生まれの若鳥も交じっているのかな。
c0104227_22482867.jpg

おまけです。タマムシだと思うのですが…。
見つけたものの、すぐに飛ばれてしまいました(>_<)
タマムシは縁起の良い、幸運をもたらすものという俗信がありますが、幸運が訪れるかなあ。
c0104227_23505808.jpg


by nenemu8921 | 2017-08-09 23:57 | 鳥・動物 | Comments(4)

ムクドリ

巣立った鳥たちが目立つ季節である。
お寺で蓮の撮影の折、向かいの木立の中に、
ムクドリの小集団が、まだ青いガマズミの実を啄んでいる姿が目に止まった。
c0104227_14445492.jpg

c0104227_14455790.jpg


c0104227_14472842.jpg

c0104227_14472021.jpg


c0104227_14484949.jpg

c0104227_14453365.jpg



ちょっと群れから離れて、一人前宣言!でしょうか。
c0104227_14473581.jpg

こちらは墓石の上で羽繕い。
くつろいで繰り返し、右も左も丹念に手入れしていました。
c0104227_14474255.jpg


c0104227_14474631.jpg

嘴や脚がまだ黄色いですね。でも面構えはなかなか凛々しいでしょう。
c0104227_14484397.jpg

宮沢賢治の作品に登場するムクドリは、すべて百舌、もずと表記されています。
当時の東北地方では、ムクドリのことをモズと方言で呼ぶのが普通でした。
以前、ご紹介した「賢治のモズはムクドリである」は、こちらのページを見てね。
http://nenemu8921.exblog.jp/6243205/

by nenemu8921 | 2017-08-01 11:40 | 鳥・動物 | Comments(2)

園内にはホテイアオイもたくさん咲いていました。
この花びらを見ると、孔雀の翅を連想してしまいます。


c0104227_12384764.jpg

ミソハギも咲き始めていました。
c0104227_12385981.jpg

c0104227_13153865.jpg
c0104227_12435696.jpg


実はここは利根川沿いなのです。背景は利根川の流れです。画像はクリックすると大きくなります。
c0104227_13203120.jpg


川沿いに咲いていた見慣れぬ花を吸蜜していたのはヒメアカタテハでしょうか。
c0104227_12430730.jpg

c0104227_12433733.jpg
c0104227_12432160.jpg


花が気になって、帰宅してから調べたら、ミズヒマワリのようです。
ミズヒマワリ(キク科ミズヒマワリ属)学名:Gymnocoronis spilanthoides
熱帯アメリカ原産の多年性草本ですが、特定外来生物に指定されています。(>_<) 「帰化植物写真図鑑第2巻」(全国農村教育協会)
やれやれ。
c0104227_12434355.jpg
 

こちらは見慣れたミズカンナですね。もう終盤でした。
c0104227_12434637.jpg

友人の写真展も素晴らしかったけれど、おまけの撮影会もよい気分転換になりました。




by nenemu8921 | 2017-07-28 13:51 | 鳥・動物 | Comments(12)
友人の写真展を見に行った帰りに水生植物園に立ち寄りました。
蓮や睡蓮、ホテイアオイなど、たくさんの植物を撮影しましたが、
数回に分けて連載します。
とりあえず、涼しそうな画像から。
(実際には汗だくになって撮影しました(^_-)-☆)

c0104227_18501541.jpg


c0104227_18502984.jpg

c0104227_18504461.jpg
トンボや小魚もたくさんいましたよ。

c0104227_18505022.jpg

園内の一部です。
c0104227_19461963.jpg

by nenemu8921 | 2017-07-25 19:47 | 鳥・動物 | Comments(8)

蓮池で出会ったもの

蓮池では、夕方、聞き覚えのある声、はっとしてみると池の向かい側の墓地にカワセミがやってきました。
でも、ここでは絵にならないなあと後ろに回ると~。
c0104227_12311333.jpg

カワセミ君は飛んで池の中央の蓮の花へ止まりました。
c0104227_23470124.jpg

ちらっとこちらを向いてくれましたが、やがて飛んで行きました。
ああ、この時300ミリのズームレンズしか、手元になくて残念。
c0104227_23465187.jpg

池にはチョウトンボもヤンマも姿を見せました。
でも、撮れたのはおなじみのショウジョウトンボ。
c0104227_12381152.jpg

しかし、この蓮の葉、フェイスですね。(^_-)-☆
c0104227_12330675.jpg


こちらもおなじみのシオカラトンボ。
c0104227_12325408.jpg

傍らの八大竜王を祀ったお宮の奥の素朴な石の彫刻に飛んできたのはアカボシボマダラでした。
c0104227_12313011.jpg

c0104227_12315989.jpg
犬も歩けば、棒に当たる!でしょうか。
暑い日々、涼しい部屋にいては、被写体に出会えないですもの。

by nenemu8921 | 2017-07-21 13:20 | 鳥・動物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921