カテゴリ:私の「下ノ畑」( 22 )

下ノ畑は…

ようやく、涼しくなりましたが、下ノ畑は夏の暑さですっかりぼろぼろになっていました。
全体が、枯れ枯れカラーです。

枯れていいのはラシャカキグサだけなのに。
c0104227_22461378.jpg


雨にぬれた翅を広げるキアゲハ。キアゲハの翅もやぶれていますね。
c0104227_18192838.jpg


雨上がりに一瞬陽がさしました。何だと思いますか?
c0104227_22342067.jpg


お住まいです。
c0104227_22533041.jpg


クレマチスもすっかり花が終わりました。
c0104227_22583820.jpg


下の畑はすっかり茶色です。フェンネルも。
c0104227_2382188.jpg


猛夏の後遺症は身体だけでなく、下ノ畑もたいへんそう。やれやれ。
by nenemu8921 | 2010-09-16 23:16 | 私の「下ノ畑」 | Comments(8)

バラ2

今年は京成バラ園へも谷津バラ園へも行けませんでした。
気温の低い日が続き、下ノ畑のバラもイマイチ精彩を欠いているように感じます。
賢治のバラといわれるグルース・アン・テプリッツに関しては、昨年ご紹介しました。こちらをどうぞ。

c0104227_23214768.jpg
サクラバラ
ノバラ系の園芸種。ビオラと混在しています。


c0104227_1653771.jpg
グリーンアイス
つぼみのときに紅く、花びらは白く…。それなのに、なぜ、グリーンなの? ミニバラです。


c0104227_23234940.jpg
レディ・ヒリントン
挿し木で2年目。2輪だけ咲きました。


c0104227_23271598.jpg
ノバラ系の園芸種。G.V.さんのガーデンです。今年はロザ・ムンディも中国の緑色のバラも姿を見せてくれず、淋しい。


c0104227_15431524.jpg
感謝という名前です。

More  つづきを見る
by nenemu8921 | 2010-06-03 00:02 | 私の「下ノ畑」 | Comments(6)

バラ

下ノ畑のバラも咲き始めました。
2,3日出かけていると、散ってしまうので
いちばん美人のときを撮りそこないます。

c0104227_16482123.jpg
昨年移植したら、今年は機嫌よく咲きました。名前が不明。

c0104227_16512123.jpg
シャルル・ド・ミル  オールドローズです。ライナーで殖えるらしく、あちこちに顔を出します。


c0104227_1733367.jpg
これも名前不明です。大輪ですが単です。


c0104227_18584934.jpg
グルース・アン・テプリッツ  賢治のバラと言われるこの花は今年はあまり元気がありません。両隣のバラはどちらも元気なのに。
c0104227_1945599.jpg
花びらの色もまっ赤に見えるときと濃いピンクに見えるときとあります。茎が細くて首を垂れます。


c0104227_18245258.jpg
スウィート・ブライヤー  ヨーロッパの原種のバラです。葉は青りんごの香がします。
アブが止まっていますね。↑ 
そしてこれは↓アブが好物のハナグモさんです。
c0104227_18301965.jpg



c0104227_10104079.jpg
それほど大きくない木なのに、数百の花をつけます。S・優子さんという友人が挿し木してくれたので、優子さんのバラと呼んでいます。


c0104227_18204156.jpg
ナニワイバラ  G. V.さんのガーデンの子です。


c0104227_10233125.jpg
ポルカ 大輪のアプリコット色の花を次々に咲かせます。


どちらといえば、ノバラ系のバラが好きですが、棘もあり、すぐに大きくなるので管理しにくいです。
明日もバラを続けます。
by nenemu8921 | 2010-05-29 12:05 | 私の「下ノ畑」 | Comments(8)
           桜が散ってしまうと、後は、次々に花が咲き始め、
               季節の巡るのが加速されるように感じます。
                寒い時期に待ち続け、ようやく咲いた花。 
                    「わあ、咲いてくれたね」と思い、見とれて、
                         撮ろうと思っている間に
                         タイミングを逸してしまうことが多い。
                     確か、去年もそんな風だったわと
                              苦笑しながら
                        下ノ畑で、青い花をさがしました。

c0104227_13582026.jpg
オリスルート(アヤメ科イリス属)Iris Germanica var.florentina 別名ニオイアヤメ
香水の原料になるアイリス。やさしいブルーで、次々と咲く。香もやさしい。
G.V .さんのガーデンからちいさな根茎を一つ貰って、埋めておいたのが大きな株になったので、
昨年、小分けにして友人に差し上げ、下ノ畑でも土手の下でも小分けにしたのを植えた。
今年は株は小さいがどの株も律儀に花をつけた。
外来種のアイリスは、みな丈夫で、花つきもよい。あっという間に時期が過ぎてしまいます。
賢治作品に登場するアイリスは日本アヤメですが、メモフローラには外来種のアイリスの記載もあります。
いずれ…。


c0104227_13472320.jpg
c0104227_13475591.jpg
ベロニカ・ブルーフォンティーン(ゴマノハグサ科ベロニカ属 )別名 ルリトラノオ
丈夫な宿根草です。春になると黙って芽を出し、ぐいぐい伸びて花を咲かせます。


c0104227_21354863.jpg

c0104227_21384943.jpg
カンパニュラ・アルペンブルー(キキョウ科)
ちいさな青い星です。毎年あきれるほど花をつけます。名前も色も形も賢治好みです。

c0104227_0313019.jpg
ヤグルマソウ(キク科セントウレア属)矢車草
ヨーロッパ原産の一年草。子どものときから庭にあったような気がするなつかしい園芸植物。やっぱりブルーが好き。

c0104227_0321085.jpg
ミヤマオダマキ(キンポウゲ科オダマキ属)深山苧環
本来は名前のとおり高山植物なのでしょうね。友人から戴いたもの。毎年花をつけるが、株は大きくならない。
これだけが1ヶ月前の画像です。去年も紹介できなかったので。


c0104227_21412761.jpg
タツナミソウ(シソ科タツナミソウ属)立浪草
路傍でも見かける野草です。でもガーデンで大事にしています。
えっ、ブルーに見えないですか?

でも、本格的ピンクはこちらです。(隣人のG.V.さんのガーデンから)
c0104227_21455357.jpg

by nenemu8921 | 2010-05-24 08:27 | 私の「下ノ畑」 | Comments(8)
オキナグサを下ノ畑に植え、一日ゆっくり遊びました。
下ノ畑で見つけたもの。
c0104227_22592656.jpg

c0104227_23504911.jpg


バラやユリを移植して、軽石を三袋すきこみました。
うまく育つか、どうか……。
周辺の整備はいずれゆっくりするとして。
c0104227_2372533.jpg


すると、さっそくジョビ子がやってきました。
c0104227_2319679.jpg

近くの杭に止まって
「なにやっているのよォ」
c0104227_23192521.jpg

「あれれ」
c0104227_23194285.jpg

「ふうむ…」 最後はお気に入りのニンジンボクの枝に止まって。
背後はユリオプスデージーです。
c0104227_23522694.jpg

c0104227_23203513.jpg

ついついこの子に夢中になってしまいます。
by nenemu8921 | 2010-02-22 23:35 | 私の「下ノ畑」 | Comments(14)

下ノ畑 1月の今

下ノ畑は冬枯れで淋しい。
手入れ不足です。
それでも、種を蒔いておけば、芽を出し、それなりに育ってくれて嬉しい。
初めて種を蒔いて作った大根、小ぶりですが、柔かいので感激!!
c0104227_1313910.jpg


初めて作ったブロッコリーが実になりました。
これは九月にイーハトーブに行ったとき、苗で購入したもの。ヤサイの先生に褒められました。
c0104227_133311.jpg


しかし、白菜のほうは難しいです。無農薬だとすぐ分かりますね。
ヤサイの先生いわく、肥料不足ですね。
c0104227_135611.jpg


そして、種からのレタス。ちょっと遅かったらしく…。間引きもしていないし…。
あれ……。雑草も混じっています。いいえ、雑草じゃなくて、ホトケノザでしょう。
「ホトケノザ、レタスの間作ですか」といわれそう。
賢治の詩に、友人の口調で、「すぎなを麦の間作ですか」と、自問する詩句があります。
c0104227_1365581.jpg



ジョウビタキを撮ろうと出ると、姿を見せてくれません。
カメラを持たずに出ると、近くまできます。
by nenemu8921 | 2010-01-20 01:42 | 私の「下ノ畑」 | Comments(10)

下ノ畑 10 月の今①

今日の下ノ畑です。トマトがまだこんなに元気です。もうじき11月だというのに。
この夏はトマトがたくさん出来て食べきれないほどでした。
c0104227_1702599.jpg


これから楽しみなのはハヤトウリ!です。サラダや漬物にします。
c0104227_17105970.jpg

こんな花を咲かせます。
c0104227_17113473.jpg


大根も楽しみです。
c0104227_17121610.jpg


トマトは何種類か作りましたが、ミニトマトが丈夫ですね。
生食のほか、スープやカレーなど煮込んで使いました。

More 続きを見る
by nenemu8921 | 2009-10-29 19:00 | 私の「下ノ畑」 | Comments(6)

がんばっています

コスモスも終り、シュウメイギクやバラは先日の台風ですっかりやられ、
コリウスはすっかり花穂がついてしまい、キクはこれからで、まだつぼみ。
ハーブ類だけが夏からずっと咲き続けています。
寂しいガーデンで出会ったもの
c0104227_8131684.jpg
チェリーセージにヤマトシジミ。

c0104227_363829.jpg
オレガノにはツマグロヒョウモン。

c0104227_8133855.jpg
カラミンサにはセセリチョウ。

More タッジー・マッジー
by nenemu8921 | 2009-10-26 03:06 | 私の「下ノ畑」 | Comments(4)

下ノ畑 9月の今①

しばらくサボっていたので、下ノ畑は草ぼうぼうで、
花も野菜も「咽喉が渇いたよう!」と叫んでいました。
それでも朝夕が涼しくなって、どうにか回復しました。
7月半ばに種を蒔いた朝顔やコスモスが、いま元気です。
(花の美樹館のパスポート券の更新手続きの折、戴いた種です。)

アサガオ(ヒルガオ科アサガオ属)
c0104227_18223673.jpg


コスモス(キク科コスモス属)別名秋桜
c0104227_18232728.jpg


レモンバーベナ(クマツヅラ科イワダレソウ属)
初夏から咲き始め、枝を伐っても伐っても、次々花を咲かせます。
さわやかなレモンの香が気持ちよくて、お茶に、お風呂に活用しています。
香水木、防臭木とも呼ばれているとか。
c0104227_1924946.jpg


ユーパトリウム(キク科ヒヨドリバナ属) 別名タマザキフジバカマ、青花フジバカマ。
フジバカマやヒヨドリソウはイーハトーブでも見ましたが、これは小さな花です。
でも丈夫で繁殖力がすごいので、今年はかなり処分しました。
c0104227_1910453.jpg


アニソドンテイア(アオイ科アニソドンテイア属)
派手な花が多いアオイ科の花のなかで、実に小さな可愛い花です。
c0104227_19274983.jpg

この後姿に惹かれました。
c0104227_19181719.jpg

by nenemu8921 | 2009-09-11 19:18 | 私の「下ノ畑」 | Comments(2)

下ノ畑  7月の今③

種山ヶ原ではまっかなアザミが詩人の心を捉えたようですが、
下ノ畑では、青いアザミがほころび始めました。

ルリタマアザミ(キク科エキノプス属)瑠璃玉薊 英名テッスル・グローブ
c0104227_20562034.jpg

c0104227_2151226.jpg


More  つづきを見る
by nenemu8921 | 2009-07-13 00:21 | 私の「下ノ畑」 | Comments(14)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921