<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

【80】 蜘蛛の糸

蜘蛛の糸
ながれて
きらとひかるかな
源太ヶ森の
碧きやまのは
                  歌稿B375


c0104227_9355998.jpg
画像提供は堀内洋介さん

蜘蛛の糸
源太ヶ森は源太ヶ岳のことか。
大正5年10月より に整理されている短歌である。
by nenemu8921 | 2007-02-26 09:46 | 昆虫・クモなど | Comments(4)

【79】 コブシ

沃土ノニホヒフルヒ来ス、   青貝山のフモト谷、
荒レシ河原ニヒトモトノ、   辛夷ハナ咲キタチニケリ.

    文語詩〔沃土ノニホヒフルヒ来ス〕


c0104227_0572811.jpg


c0104227_059313.jpg


c0104227_143870.jpg


コブシ(モクレン科モクレン属)辛夷
マグノリアである。
賢治作品にはたびたび登場するので、下手な写真をお許しいただきたい。

文語詩 一百篇 中の一つ。
沃土は沃素。賢治作品には科学用語がごく当たり前に出てくるので戸惑う。
2行の定型が8連つづく作品。
海の匂うようなさわやかな山の朝だ。谷川はそこにささやかな河原を広げていた。
山仕事の人々の集合地には1本のコブシの木が立っていた。
「宮沢賢治文語詩の森」 (宮沢賢治研究会編)では、このように解説が始まっている。


by nenemu8921 | 2007-02-24 01:37 | 植物 | Comments(3)
 盛岡の産物のなかに、紫紺染といふものがあります。
 これは、紫紺といふ桔梗によく似た草の根を、灰で煮出して染めるのです。
                                童話「紫紺染について」


c0104227_23351870.jpg


c0104227_2336088.jpg


ムラサキ(ムラサキ科ムラサキ属) 紫
ムラサキ科の多年草。
根が紫色で太く、古くから染料または薬用とされ、万葉の歌などにも多く詠まれてきた。
6~8月にこのような小さな花をつける。
明治維新以降、新しい染料が開発されるに伴って、紫の栽培は急速に衰えた。

紫紺染は普通は紫根染と書く。
童話「紫紺染めについて」は、町の工芸学校の先生や 紫紺染研究会の人が、西根山の
山男を招いて紫紺染めの製法を聞き出す話である。
by nenemu8921 | 2007-02-23 23:56 | 植物 | Comments(2)

【77】 ツバキ

海鳴りのとどろく日は
郵船(ふね)もより来ぬを
火の山の燃えさかりて
雲の流るる
海鳴りよせ来る椿のはやしに
ひねもす百合掘り
今日もはてぬ
    歌曲「火の島の歌」


c0104227_23445644.jpg

c0104227_23395952.jpg

c0104227_23404557.jpg

c0104227_23413888.jpg


ツバキ(ツバキ科ツバキ属)椿
宮沢賢治が三原島を訪れたのは昭和3年の6月のことで、実際には大島の椿の花を見ることはなかったと思われるが、後に作ったこの詩には椿のはやしが登場する。
「椿のはやし」は自生するやぶ椿と思われる。つややかな緑の林だったろうか。

数年前の夏、私が三原島を訪れた時はアシタバの栽培が目立った。

画像は今日千葉市郊外の都市公園で出会った園芸種である。
by nenemu8921 | 2007-02-21 23:54 | 植物 | Comments(4)
葱いろの春の水に
楊の花芽ももうぼやける……
はたけは茶いろに掘りおこされ
並樹ざくらの天狗巣には
いぢらしい小さな緑の旗を出すのもあり
みづみづした鶯いろの弱いのもある……
            詩「小岩井農場」パート四

c0104227_23565174.jpg


c0104227_2357411.jpg


イヌゴリヤナギ(ヤナギ科ヤナギ属)犬行李柳
日あたりのよい川岸や湿地などにふつうに生える落葉低木。
コリヤナギがその枝で柳行李の材料として使われたのに対して、
こちらは役に立たないことからイヌを冠した名がついた。
山野や水辺に自生するヤナギはいくつか種類があるが、総称してカワヤナギとよぶ。
これもその一つである。

長詩「小岩井農場」は、壮大な春のスケッチ集でもある。
もうぼやけるとは、この尾状花序がすっかり開いた風情をさすのだろう。

c0104227_0203994.jpg


桜の天狗巣
天狗巣とは植物の病害。菌類などの寄生、生理的障害の結果、高等植物の側芽が
異常に発達し、小枝が密生する現象。桜によく見られる。
賢治は目立たない自然の美しさを発見する達人であったが、同時に植物への専門的なまなざしも持っていた。天狗巣病は気にかかったものとみえ、文語詩にはよもぎの天狗巣という表現もあるが、それはその形状の比喩であろう。
by nenemu8921 | 2007-02-20 00:40 | 植物 | Comments(4)
私どもの方でねこやなぎの花芽をべむべろと云いますが、
そのベムベロが何のことかわかったやうなわからないやう
な気がするのと全くおなじです。
とにかくべむべろといふ語(ことば)のひゞきの中にあの柳の
花芽の銀びろうどのこゝころもち、なめらかな春のはじめの
光の具合が実にはっきり出てゐるやうに……
                          童話「おきなぐさ」

c0104227_18154549.jpg

c0104227_18582849.jpg

c0104227_1859375.jpg

c0104227_18593097.jpg


ネコヤナギ(ヤナギ科ヤナギ属)猫柳
山野の水辺などに自生する落葉低木。
この花の美しさを教えてくれたのは宮沢賢治だ。
そしてカメラのレンズがこんな不思議なしべの存在を気づかせてくれた。
しかし撮影のテクニックまではなかなか取得できません。
by nenemu8921 | 2007-02-19 19:04 | 植物 | Comments(1)

【74】 ましろなる塔

ましろなる塔の地階に、    さくらばなけむりかざせば、

やるせなみプジェー神父は、  とりいでぬにせの赤富士。

                        文語詩 「浮世絵」


c0104227_2184974.jpg


ましろなる塔←盛岡天主公教会(四ッ谷天主堂)
カソリックの教会である。神父のアルマン・プジェは芸術家肌の闊達な人であったという。
浮世絵や切支丹鍔の収集を行っていたが、北斎の赤富士のにせものをつかまされたという
噂だった。
宮沢賢治が盛岡高農時代のことである。
盛岡天主公教会は当時盛岡市の四ッ谷町にあったため、四ッ谷天主堂とも呼ばれた。
この建物は移築されて、現在、盛岡大学付属高等学校の敷地内に当時のままの面影を伝えている。

追伸
この画像を撮影したときからかなりの年月が経過しているので、確認のメールを盛岡大学のほうへ入れておいたところ、最近お返事をいただいた。
教会は今も健在で、名称は「盛岡大学細川泰子記念礼拝堂」というそうです。
by nenemu8921 | 2007-02-18 21:31 | 場所 | Comments(2)

【73】 アナグマ←洞熊

赤い手の長い蜘蛛と、銀いろのなめくじと、顔を洗ったことのない狸が、いっしょに洞熊学校にはひりました。洞熊先生の教へることは三つでした。
 一年生のときは、うさぎと亀のかけくらのことで、も一つは大きなものがいちばん立派だといふことでした。
それから三人はみんな一番にならうと一生けん命競争しました。
一年生のときは、なめくじと狸がしじゅう遅刻して罰を食ったために蜘蛛が一番になった。
なめくじと狸とは泣いて口惜しがった。
二年生のときは、洞熊先生が点数の勘定を間違ったために、なめくじが一番になり蜘蛛と狸とは歯ぎしりしてくやしがった。
三年生の試験のときは、あんまりあたりが明るいために洞熊先生が涙をこぼして眼をつぶってばかりゐたものですから、狸は本を見て書きました。そして狸が一番になりました。
                                   童話「洞熊学校を卒業した三人」


c0104227_9264318.jpg
画像提供はfieldnoteさん

ニホンアナグマ(イタチ科)←洞熊(ホラクマ)
イタチ科のアナグマはクマ(クマ科)の仲間ではない。その亜種であるニホンアナグマは、本州・四国・九州に広く分布している。生息密度は低いと考えられ、地域によっては絶滅の恐れもある。
名前から想像されるように、地下に巣穴を掘って家族単位の穴居生活をしている。そのため、穴を掘るためのきわめて長い爪を持っている。アナグマの足は丈夫である。一見クマのそれによく似ている。徹底した夜行性で野生のアナグマは、月夜には出歩くことがないという説もある。
タヌキと似ているため、混同されることも多かったようで、地方によっては、ムジナ、マミ、ササグマなどとも呼ばれていた。

c0104227_928589.jpg

宮沢賢治の最初期の童話「蜘蛛となめくぢと狸」はブラックユーモアと素朴な風刺に満ちている。
この作品に手をいれ、寓話としたものが「洞熊学校を卒業した三人」である。
しかし、洞熊とは何だろうと思っていた。
最近、アナグマの生態を知る機会があり、なるほどと納得した。洞熊先生が明るいのが苦手なのは生態に基づくもっともな事情だったのである。
洞熊(ホラクマ)の洞は、洞、穴であり、ほら吹きのホラでもある。
そして狸伝説、ムジナ伝承のキャラクターも引きずってもいるということであろう。
賢治は改稿の折、いったんは山猫先生の案も試みた痕跡があるが、はるかにこの洞熊先生のネーミングのほうがすばらしい。
by nenemu8921 | 2007-02-17 10:40 | 鳥・動物 | Comments(0)

【72】 蕗の薹

陶標春をつめたくて、   水松(いちい)も青く冴えそめぬ。

水うら濁る島の苔、    萱屋に玻璃のあえかなる。

瓶(へい)をたもちてうなゐらの、みたりためらひ入りくるや。

神農像に饌(け)ささぐと、   学士はつみぬ蕗の薹

                          文語詩「医院」


c0104227_17531825.jpg


フキ(キク科フキ属)
フキノトウは若い花茎をいう。早春の味として親しまれている。

賢治の文語詩は定稿だけではなかなか解しにくいが、下書き稿や題材の一部を共有している口語詩などを勘案すれば、イメージできる。
陶器製の表札を掲げた医院の庭先の情景を歌ったものと読めよう。
立春過ぎてのころであろうか。雪はまだだいぶ残っている。
島の苔は唐突だが、「いちゐの囲み池をそなへた小さな医院」と、口語詩にはあることから池の中の島と思われる。いちゐの葉は雪が融けてつややかに青々している。
萱屋は萱葺き屋根を指す。玻璃はここでは氷柱であろう。
新米の3人の看護婦が薬瓶をささげもって部屋に入ってくるのが見える。
(医院の医師でもあるかつての)学士はようやく顔をのぞかせたフキノトウを 神農像にそなえようと摘んでいる。
人々が慎ましやかに穏やかに、心足りて暮らしている時間が、こちらにも流れてくるような情景である。
神農像は中国の古い伝説上の人物。漢方薬の神としてあがめられていたという。
群馬の薬王園というハーブ園を訪れたら門前にこの神農像が立っていた。

c0104227_18333021.jpg


いちゐ(イチイ科イチイ属) 水松
寒い地方に多い常緑針葉樹。このように赤い実がつくのは9~10月。
by nenemu8921 | 2007-02-13 00:02 | 植物 | Comments(2)
二疋の蟻の子供らが、手をひいて、何かひどく笑ひながらやって来ました。
そして俄かに向ふの楢の木の下を見てびつくりして立ちどまります。
「あつあれなんだらう。あんなとこに真白な家ができた」
「家ぢゃない山だ」
「昨日はなかつたぞ」
「兵隊さんにきいてみよう」
                      童話「朝に就ての童話的構図」


c0104227_1135792.jpg
画像提供はグッド群馬さん

コトヒラシロテングタケ(カサブタシロテングタケ)
蟻の視点から世界を見たら、ある朝森のなかに出現したキノコも家になり、山になり、大きな工事になって、大騒動になってしまいます。
この白いキノコが、これだと特定できるような論拠はないのですが、いかにも童話的な森の朝の構図にふさわしいなと、この画像を選んでみました。
このままケーキの上にのせられそうなメルヘンチックなキノコですが、ご用心ください。テングダケ科です。
この作品は従来「蟻ときのこ」の題名で全集などに収録されて来たが、「天才人」第6号(昭和8.3発行)にこの題名で発表したことから、最近の全集ではこのタイトルが採られている。
by nenemu8921 | 2007-02-12 11:24 | きのこ | Comments(0)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921