<   2012年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ドイツ村のイルミネーションは夕暮れと共に始まります。
1、
c0104227_8582717.jpg


光のトンネルを抜けると、そこはメルヘン・ワールドでした。
2、
c0104227_8594589.jpg


3、
c0104227_901085.jpg


4、
c0104227_9131441.jpg


5、
c0104227_9154437.jpg


6、
c0104227_9162591.jpg


7、
c0104227_9165785.jpg


8、
c0104227_9205135.jpg


9、
c0104227_925749.jpg


10、
c0104227_925362.jpg


11、
c0104227_9345720.jpg


12、
c0104227_1014487.jpg


見る人は誰もが歓声をあげ、幸せそうでした。
恋人どうしも。子どもづれも、お年寄りとご一緒のファミリーも。

まだまだお見せしたいのですが、目がチカチカしてきましたので、
これで終わりにします。

ご案内くださった友人に感謝です。ありがとうございました。
by nenemu8921 | 2012-01-30 10:09 | 場所 | Comments(20)
友人の案内で東京ドイツ村のイルミネーションの撮影に行きました。
東京とありますが千葉県袖ヶ浦にあります。
なぜ、ドイツ村なのか、不明ですが、関東一の規模だということです。
広い園内の起伏のある丘いちめんにカラフルなイルミネーションが広がります。
c0104227_12445355.jpg


どうも、賢治ファンとしては連想力が働いてしまいます。
c0104227_8323119.jpg


(略)
野原にはあっちにもこっちにも、燐光の三角標が、うつくしく立ってゐたのです。
遠いものは小さく、近いものは青白く少しかすんで、或いは三角形、或いは四辺形、あるいは電(いなずま)や鎖の形、さまざまにならんで、野原いっぱい光ってゐるのでした。
 童話「銀河鉄道の夜


どこか、似ていませんか?雰囲気が…。
c0104227_8325864.jpg


燐光の三角標に見えません? 三角標の解説は こちらです。
c0104227_13343545.jpg


白鷺だったらサイコーだったのですが・・・・
c0104227_130353.jpg


これがリンドウだったら良かったです・・・
c0104227_12483026.jpg


どうも、こじつけで失礼しました。
こちらにKAGAYAさんの素敵な「銀河鉄道の夜」があります。

風もなくて、素晴らしい夜でした。
c0104227_13131517.jpg


ドイツ村のイルミの本領はあすの記事です。
by nenemu8921 | 2012-01-29 13:56 | その他 | Comments(16)

スィートピー

部屋で切花をとってみました。
c0104227_143187.jpg


一輪として同じ形はないものですね。
c0104227_1454440.jpg


おもいっきり遊んでみました。
c0104227_1444297.jpg


しかし室内撮影は背景がむずかしい、光のかげんもむずかしい。
c0104227_14191017.jpg


普通に撮ればこんなふうです。
c0104227_1461797.jpg
スイートピー(マメ科レンリソウ属)Lathyrus odoratus 和名では、ジャコウエンドウ(麝香豌豆)やカオリエンドウ(香豌豆)、ジャコウレンリソウ(麝香連理草)などと呼ばれているそうですが、戦後生まれの私は聞いたことがありません。
地中海沿岸原産で、日本に園芸植物として入ったのは明治期になってからだそうです。

宮沢賢治の作品には登場しませんが、「銀行日誌手帳」と名づけられて居る手帳の
花壇日誌風な記述のなかに
(昭和5年と推定されている)5月17日(土)に、

スヰートピー支柱立
朝顔発芽ヲハジム

とあります。
この時期の宮沢賢治は小康状態だったらしく、書簡やその他の資料を勘案すれば、
草花の種を取り寄せて、苗を作ったり、花壇設計も考えていた様子です。
スィートピーは茎が伸び始めてきたら、支柱をたてて、まきヒゲを巻き付けるようにしないと、
茎が倒れてしまう。
宮沢賢治は園芸家でもあったわけです。

どんな花が咲いたのか、不明です。

More  おまけです
by nenemu8921 | 2012-01-27 00:10 | 植物 | Comments(23)

蝋梅

  昨日の続きです         
          お目当ての
             ロウバイの木に
                行き着くまでに
                   あちこち寄り道をしたので
                       綿帽子は溶けかかっていました。
c0104227_204455.jpg


c0104227_20504526.jpg


c0104227_20561863.jpg


More おまけ
by nenemu8921 | 2012-01-25 21:27 | 植物 | Comments(18)

首都圏では、この冬はじめての積雪でした。
水元公園へ行ってみました。
すごい渋滞でいつも1時間で行けるところが2時間以上かかりました。
c0104227_17462730.jpg

メタセコイアの森は雪化粧。
c0104227_17464514.jpg

人は少なくしんとしていました。
c0104227_17473156.jpg

中央広場は青空を独り占め。
c0104227_17475851.jpg


More おまけ
by nenemu8921 | 2012-01-24 18:05 | 気象 | Comments(16)

モミジバフウ

薄日しかささない日が続きます。
モミジバフウの実の遠い後ろに、「ここにいますよ」とか弱くつぶやいていますが……。
c0104227_1623311.jpg

by nenemu8921 | 2012-01-23 17:03 | 植物 | Comments(14)

寒牡丹

友人たちのお誘いをいただき、寒牡丹を見に行きました。
雪になれば、いい風情になるかな…と期待したのでしたが…。
c0104227_1754399.jpg

冷たい雨のなかでひっそり咲いておりました。
c0104227_1755932.jpg

それでも、やっぱり牡丹です。
c0104227_17553855.jpg

ゴージャスで気品がありました。
c0104227_17555866.jpg


坂のふもとで見てゐると、漆にかぶれた坊さんや、少しびっこをひく馬や、萎れかかった牡丹の鉢を、車につけて引く園丁や、いんこを入れた鳥籠や、次から次とのぼって行って、さて坂上に行き着くと、病気の人は、左のリンパー先生へ、馬や羊や鳥類は、中のリンプー先生へ、草木をもった人たちは、右のリンポー先生へ、三つにわかれてはいるのだった。(略)
                                             童話「北守将軍と三人兄弟の医者」


牡丹はリンポー先生のアイテムといった役割程度である。

More おまけ
by nenemu8921 | 2012-01-22 00:10 | 植物 | Comments(14)

エナガ

   ミソサザイが藪に入ってなかなか姿を見せないので、
           がっかりしていたら、小鳥の集団がやってきました。
              シリリ、シリリと鳴きながら、枝から枝へと飛び移ります。
          シジュウカラ、エナガ、メジロ、コゲラなどでした。
  お気に入りのエナガに絞って必死でシャッターを押しました。

c0104227_15324517.jpg


c0104227_1534315.jpg


c0104227_1535830.jpg


More おまけ
by nenemu8921 | 2012-01-21 00:10 | 鳥・動物 | Comments(10)

ミソサザイ

(略)
汽車はたち、あちこちに朝の新らしい会話が起りました。
(へえ、けれどもみそさゞゐなら射てるでせう。)
(いゝえ、みそさゞゐのやうな小さな鳥は弾丸で形も何もなくなります。)
窓の蘭の葉の形の結晶のすきまから、東のそらの琥珀が微かに透えて見えて来ました。
(略)
                                      童話「氷と後光(習作)」


c0104227_1021229.jpg
ミソサザイ(スズメ目ミソサザイ科 Troglodytes troglodytes 鷦鷯
キクタダキについで、もっとも小さな鳥の一つ。茂った森林の中に生息する。特に渓流の近辺に多い。単独か番いで生活し、群れを形成することはない。早春の2月くらいから囀り始める習性があり、平地や里山などでも2月頃にその美しい囀りを耳にすることができる。 小さな体の割には声が大きく、高音の大変に良く響く声で「チリリリリ」とさえずる。

作品は若い夫婦と赤ん坊を乗せた夜行列車の断片的なスケッチ。
引用部分は、夜が明けた車内のなかで、目覚めた人々の会話を捉えたもの。
ミソサザイを撃つ人は居ないだろう。いくら狩猟が自由な時代であっても。
「小さな鳥が弾丸で形も何もなくな」るイメージは、小さな赤ん坊の未来と重なるように、
空の微塵に散らばれとつぶやいた詩人の行く末を暗示するような壮絶な不吉さがある。



毎年この自然公園に姿を見せるミソサザイだが、根気よく付き合わないといい写真は撮れません。
夏の渓流沿いで元気にさえずる姿を捉えたいと思うから、どうも撮影に熱が入らない。
(負け惜しみです)

More 続きを見る
by nenemu8921 | 2012-01-20 00:01 | 鳥・動物 | Comments(10)

アオジ

久方振りに撮影の時間がとれた。
るんるんるん気分で市川市郊外へ。
出会いました!!でも、アオジです。
画像はクリックすると、みな大きくなります。
c0104227_17265022.jpg
アオジ(スズメ目ホオジロ科)Emberiza spodocephala 青鵐

c0104227_17272967.jpg
地味な子です。
しぐさも地味でちょっとモデルとしては物足りないな。
心のつぶやきが聞こえたのか、どうか…。
急接近されてしまいました。

c0104227_17274885.jpg
しかし、アオジとは?→青字? 違います。 →青地? 違います。
実は青鵐と書きます。ししどと読み、ホオジロの仲間(ノジコ、ホオジロ、ホオアカなど)の総称というか、古名です。
青いししどの意です。でも、何処が青いの?

c0104227_1728542.jpg
頭の部分が青く見えますか? みどり色? この色を青とよんだようです。
なぞに満ちた由緒ただしいネーミングでした。
英語ではBlack-face Bunting(黒い顔のホオジロ)ですね。

見返り美人のポーズもとってくれました。(^.^)

賢治作品ではアオジという名前は出てきませんが、小禽(小鳥)は、たびたび登場します。
by nenemu8921 | 2012-01-18 18:25 | 鳥・動物 | Comments(24)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921