<   2012年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

宮沢賢治情報スクランブル
c0104227_8481983.jpg


宮沢賢治研究家でもあり、詩人でもあり、児童文学の作家でもある天沢退二郎氏が
国際子ども図書館で
「―21世紀の宮沢賢治―」と題した講演をされます。

詳しいことはこちらをどうぞ。↓申し込みもここから入れます。
http://www.kodomo.go.jp/event/event/event2012-10.html

国際子ども図書館といえば、宮沢賢治が大正10年家出をして、東京で過ごした時期に
しばしば通ったあの帝国上野図書館の建物ですね。
以前、ご紹介した帝国上野図書館の記事は こちらをどうぞ。
by nenemu8921 | 2012-08-31 09:35 | 賢治情報・スクランブル | Comments(2)
宮沢賢治情報・スクランブル

実は今回の夏休みは、小諸高原美術館に小林敏也さんの原画展が催されているというので
出かけたのであります。
c0104227_12492148.jpg


小諸インターから車で10分ほどの小高い丘の上のすてきな美術館でした。
c0104227_12542756.jpg


そこには「銀河鉄道の夜」の原画が大きな会場にずらりと展示されていました。
c0104227_1361751.jpg


もちろん、他の作品の原画もありました。
c0104227_1364892.jpg


お目当ての「ポラーノの広場」の原画はこんな風でした。
イメージしたより小さな原画でした。レイアウトも独特です。
c0104227_13826100.jpg
まるで「ポラーノの広場」トランプで遊んでみようという風です。
「ポラーノ広場」のジョーカーは何か??気になりますね(^_-)-☆

ゆっくり時間をかけて拝見し、帰り際、ふと目に付いたのは「撮影禁止」の看板。
あら、ごめんなさい。(抗議されちゃうかな)

 宮沢賢治作品を絵本にするという試みは
                多くのアーティストが
                        様々に手がけてきたことですが、
                小林敏也さんの仕事は
                      以前からずっと気になっていて、
                                   注目してきました。
    
c0104227_1325970.jpg
これは以前私のために描いていただいたイラストです。(もちろん有料ですよ!!)
大好きなセイタカシギに、私のトレードマークのベレー帽がさりげなくあしらわれています。(汗…)
(私の名刺をお持ちの方は見覚えがあると思います。エヘヘへ)

by nenemu8921 | 2012-08-30 14:00 | 賢治情報・スクランブル | Comments(8)

池の平

池の平という湿原まで足を伸ばしました。

1、尾瀬のように広大ではないので、健脚でない我々向きのハイキングコースです。
c0104227_81737.jpg


2、鏡池という 池塘周辺はそろそろ草紅葉でしょうか。でも日中は暑かったですよ。
c0104227_821887.jpg


風が吹くと 風が吹くと
傾斜になったいちめんの釣鐘草(ブリューベル)の花に
かゞやかに かゞやかに
またうつくしく露がきらめき
わたくしもどこかに行ってしまひさうになる…
            詩「山の晨明に関する童話風の構想」


3、賢治がブリューベルと呼んだツリガネニンジンもあちこちで見かけました。
c0104227_831731.jpg


More 続きも見てね
by nenemu8921 | 2012-08-29 08:59 | 場所 | Comments(10)

チモシイ

(略)
チモシイの穂がこんなにみじかくなって
かはるがはるかぜにふかれてゐる
   (それは青いいろのピアノの鍵で
    かはるがはる風に押されてゐる)
                   詩「オホーツク挽歌」

1、
c0104227_1866100.jpg

2、
c0104227_18262836.jpg

オオアワガエリ(イネ科アワガエリ属) 大粟返り
牧草。明治初期に牧草として輸入され、現在では広く各地に野生化している。チモシイの呼び名のほうがなじみがある。

作品はサガレンの海、オホーツク海に面した当時の栄浜での景観だが、
山でチモシイに出会うと、いつもこの詩句を思い出す。
ほんとうにいつも風にふかれている。
ピアノの鍵とはすごいイマジネーションだ!!どんな曲を奏でているのかな。

信州の高原にはチモシイのほかにもたくさんの花が咲いていました。
3、↑チモシイの手前の白い群落はこのゴマナです。
c0104227_18354147.jpg


4、黄色い群落はアキノキリンソウでしょうか。
c0104227_1829788.jpg


5、ウドも好きな花です。
c0104227_18294763.jpg


6、でも、ヤナギランが一番目立ちますね。
c0104227_18304169.jpg


7、こんな情景があちこちに見られました。
c0104227_1833169.jpg


More 続きを見る
by nenemu8921 | 2012-08-28 08:23 | 植物 | Comments(14)

アサギマダラ

高峰高原、池の平ではたくさんの野草を見ることができました。
ですから、蝶やトンボ、昆虫もたくさんいました。
ヨツバヒヨドリにアサギマダラがゆっくりと吸蜜していた様子は
                 こちらもリラックスしながら撮影できて気持ちよかったです。

1、
c0104227_0563160.jpg


2、
c0104227_0572189.jpg


3、
c0104227_058042.jpg


4、
c0104227_0584258.jpg


でもね、蝶の名前が正確には識別できないものが多くて~~(汗。。)
5、コウリンカに止まったこのヒョウモンチョウは何かな?
c0104227_7331646.jpg


6、これはベニヒカゲかな
c0104227_7532684.jpg


7、でも、こちらは?
c0104227_7544930.jpg


8、これはなかなか撮影させてくれなかったキベリタテハ
c0104227_7574186.jpg


More 続きを見る
by nenemu8921 | 2012-08-27 08:50 | 昆虫・クモなど | Comments(16)

高峰高原

短い夏休みを家人と共に高峰高原で過ごしました。
標高2000メートルの高原の風はさわやかで、空は青く、
            ここにもヤナギランがたくさん咲いていました。
画像はクリックするとみな大きくなります。

1、朝は眼下に雲海が広がります。八ヶ岳です。
c0104227_1017389.jpg


2、左奥のヤナギランとカラマツの間、小さな三角の山が富士山です。
c0104227_10441772.jpg


3、「気圏日本の青野原」賢治の詩句が浮かびます。
c0104227_1049935.jpg


4、さらにズームアップすれば~。
c0104227_10173883.jpg


5、朝食前のドライブは素晴らしかったです。「かげとひかりの八月の底」って思いません?
(賢治の詩句は六月の底なんですけど…)
c0104227_105458.jpg


6、
c0104227_1136873.jpg


7、
c0104227_10585894.jpg


More 続きを見る
by nenemu8921 | 2012-08-26 12:07 | 場所 | Comments(26)

宮沢賢治の時間と空間

宮沢賢治情報スクランブル
文教大学の賢治研究会のご案内をいただきました。
どなたでも参加自由だそうです。

c0104227_22104387.jpg

c0104227_22111374.jpg

by nenemu8921 | 2012-08-24 10:00 | 賢治情報・スクランブル | Comments(2)

クモの糸

ぎらぎらの太陽の下で、ゆらゆらしていた蜘蛛の巣。
c0104227_9373416.jpg


どうせ撮るならしっかり撮らんかい!
c0104227_9435649.jpg


三脚使って、ピンを定めて!!
c0104227_9443154.jpg


しっかりせいよ!!
c0104227_945537.jpg


天のお声がきこえたような気もしますが…。
c0104227_9453832.jpg

by nenemu8921 | 2012-08-22 18:04 | 昆虫・クモなど | Comments(27)

キツネノカミソリ

所用のついでに泉自然公園まで足を伸ばしました。
狐のカミソリが気になっていたからです。
でも少し遅かったですね。
c0104227_17553880.jpg


林の中は陽射しが強く、カナカナカナ……とヒグラシが鳴いていました。
c0104227_17583134.jpg


数人のカメラマンがいましたが……。
c0104227_175967.jpg


明暗差が激しいので撮影は難しかったです。
c0104227_17593581.jpg


あら、毎年同じようで……、進歩がないなあ…ハンセイ。
c0104227_1893414.jpg

by nenemu8921 | 2012-08-21 22:37 | 植物 | Comments(8)

会津若松

さて、最後の宿は会津若松でした。
yutorieさんのご案内で田事(たごとという古い割烹旅館に泊まりました。
ここがすばらしかったのです。
1、
c0104227_2344299.jpg


2、創業80年という古いお店で、お部屋も広々した和室で気持ちよくて、
c0104227_237842.jpg


3、料理もおいしかったし、仲居さんの対応も心のこもったものでした。
次々と料理が出てきて~。飲むほどに~~酔うほどに~~写真を撮るのは失念してしまいました。
c0104227_23104021.jpg


4、初めて食した馬刺しも新鮮で、おいしかったです。クセがなくてすごくやわらかい!!
c0104227_23173329.jpg


5、これはつきだし。稲穂を素揚げしたものが添えられておしゃれですね。
c0104227_23141649.jpg


6、これはとうもろこしのお豆腐。初めての味でしたね。
c0104227_2311385.jpg


7、そして翌朝は大きな囲炉裏のある部屋で名物のめっぱめしをいただきました。
会津地方では、農作業や山仕事の折、曲げわっぱと呼ばれる器にご飯を入れて持参し食事をしたとか。
この地方ではそれをめっぱめしと呼んだそうです。
メニューも山菜めっぱ、鮭めっぱ、うなぎめっぱ…と多彩ですが、
我々が選んだのはさっぱりしたしらすめっぱでした。
c0104227_10492438.jpg


8、
c0104227_10494545.jpg

こちらではランチメニューで提供もしているそうです。

More 続きを見る
by nenemu8921 | 2012-08-20 14:51 | 場所 | Comments(19)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921