<   2013年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

c0104227_15523814.jpg
クリックすると綿毛はみな大きくなります

「おう、柔(や)つけもんだぞ。」
「泥のやうにが。」
「うんにや」
「草のやうにが。」
「うんにや。」
「ごまざいの毛のやうにが。」
「うん、あれよりあ、も少し硬(こは)ぱしな。」
「なにだべ」
「とにかぐ生ぎもんだ」
「やっぱりさうだが。」
「うん、汗臭いも。」
おれも一遍(ひとがへり)行ってみべが」
五番目の鹿がまたそろりそろりと進んで行きました。
(略)
                   童話「鹿踊りのはじまり」


c0104227_16402856.jpg
ガガイモ(ガガイモ科ガガイモ属) Metaplexis japonica )蘿藦、鏡芋、芄蘭
ごまざいとはガガイモの地方名。
日当たりのよい草原や空地、林縁など見られるつる性多年草。花は都市公園などでも見かけるが、
実がつき綿毛が飛ぶ季節になると、たいてい刈り取られて、見かけることが少なくなった。

c0104227_15531333.jpg

近くのお寺の境内で南天の枝に見つけた!

c0104227_1637729.jpg
こんな莢に収まっています。
日本神話の、スクナビコナの神が乗ってきた天之蘿摩船(あまのかがみのふね)とは、このガガイモの綿毛がとび、空っぽになったさやのことだという。

c0104227_17375754.jpg
こちらが花です。
これは2008年、7月に岩手大学の構内で撮影したもの。
宮沢賢治はこのガガイモの花については全く言及していないので残念です。

童話「鹿踊りのはじまり」は、賢治童話のなかでも、私が最も好きな作品の一つ。
民俗芸能「鹿(しし)踊り」の起源をすきとほった秋の風から聞いたものがたりである。
by nenemu8921 | 2013-11-30 20:09 | 植物 | Comments(26)

神宮外苑

外苑通りはイチョウが黄葉していて人通りも多かったですね。
c0104227_1523220.jpg

西に傾きかけた夕陽がイチョウの木を黄金色に染めていました。
c0104227_15231998.jpg

ほとんどの人がケータイやスマホで撮影していました。
c0104227_15233663.jpg

ゆっくり撮影したかったけれど、美容院の予約の時間が迫っていたので諦めて帰りました。

More 青山通り
by nenemu8921 | 2013-11-29 23:50 | 番外 | Comments(8)

田ノ岡哲也写真展

田ノ岡哲也さんの写真展に行ってきました。
この方が華宇宙で登場したときは衝撃でしたね。
c0104227_21463336.jpg

今年のテーマはフルーツだそうです。
果物ではなくてフルーツというのが田ノ岡さんの世界ですね。
c0104227_21464953.jpg

作品は都会的でおしゃれですが、ご当人はとても気さくな方です。
c0104227_2147157.jpg

来客が込み合う前に少しお話ができてよかった。この作品の手法は企業秘密だとか (^_-)-☆
c0104227_21471782.jpg


帰途、外苑の銀杏並木を通って帰りました。
by nenemu8921 | 2013-11-28 22:34 | 番外 | Comments(2)

母の身終い

数日前ですが「母の身終い」というフランス映画の試写を見ました。

c0104227_2345238.jpg


尊厳死を選ぶという生き方(いや、死に方)を考えさせられました。
これは母と息子の物語でもありました。

c0104227_2314380.jpg



追記

昨日、京葉道路に入ったところで、後からすごいスピードで走ってきた車にぶつけられました。
愛車はぐしゃぐしゃになりましたが、奇跡的に、私も暴走車に乗っていた人も無事でした。
しかも骨折もなく、胸と頚椎が軽いむち打ち症状のみ。エア・バックというのはすごいですね。

老後も長いし、交通事故でも簡単には死なない時代なのですね。

本日、宮沢賢治研究会企画の伊勢神宮へ修学旅行は参加できませんでした。
久しぶりで、お目にかかるのを楽しみにしていた多くの皆さん、失礼しました。

当人は元気ですので、心配はなさらないで下さいね。11/30

by nenemu8921 | 2013-11-27 08:59 | 番外 | Comments(10)

大町・もみじ山

大町のもみじ山がこの時期だけ一般開放されています。
今年はいつもより早いのかなと思いきや。
まだまだ青い葉も見られました。
ちょっと視点を変えてチャレンジしてみました。

c0104227_8224280.jpg


c0104227_8225942.jpg


c0104227_8231892.jpg


c0104227_823522.jpg


c0104227_8242699.jpg


c0104227_1893248.jpg

by nenemu8921 | 2013-11-26 00:10 | 植物 | Comments(25)

かわせみ


   まだ魚狗はじっとして
   川の青さをにらんでゐます

(あたいといふのが誰だとおもふ?)
(わからないわ)
(あすこにとまってゐらっしゃる
目のりんとしたお嬢さん)
(かはせみ?)
(まあそのへん)

                 詩[北上川は熒気をながしィ〕


c0104227_1518476.jpg


c0104227_15182827.jpg
カワセミ(ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属)Alcedo atthis 翡翠 魚狗

作品は「春と修羅」第二集中の作品。北上川を眺めながらの兄妹の会話。
タイトルの〔北上川は熒気をながしィ〕は、最初、「夏幻想」だった。

熒気は、けいきと読み、熒はひかり、ひかるの意だが、下書稿の表記から、顥気、浩気と同義という解説が
「宮沢賢治語彙辞典」にはある。
顥気の顥は白く光るの意から、転じて天空の広々として明るいさま。
浩気は浩然の気の略。広々とした大きな気。
北上川がきらきら光って流れる様子を天空と重ねるイメージの形容であろう。

会話はウィットに富んでいて、楽しい。
この作品ではカワセミは、目のりんとしたお嬢さんとなっているが、
「よだかの星」ではヨタカのおとうという設定である。

画像は、大町へ紅葉の撮影に行ったとき、ハンノキにカワセミがいて、カメラを構えたら
とびこんで魚を捕らえ、目の前の小枝に止まってくれた。
〔長い時間、カメラを構えて待機していらした方には申し訳ない)
カワセミの雌雄の区別は、この画像のように下嘴が赤いのが♀ つまり正真正銘のお嬢さんです。(^_-)-☆
♂の嘴は上下とも黒い。
by nenemu8921 | 2013-11-24 16:22 | 鳥・動物 | Comments(24)

夕ぐれ

深み行きてはてはそこなき淵となる
夕ぐれぞらのふるいかなしも
              歌稿B・39

c0104227_8465873.jpg


c0104227_8472516.jpg


明治45年4月~の短歌。賢治盛岡中学4年生の折の作品。


秋晴れの日が続きます。日が暮れるのが早いですね。
出先でマゴマゴしていると、あっという間に、陽が落ちてしまいます。

東金まで撮影に行きましたが、お目当てのものは既に枯れ落ち、果たせず。
成東の植物群落まで足を伸ばして夕陽を見ました。
by nenemu8921 | 2013-11-22 09:05 | 気象 | Comments(10)

シナサワグルミ

数日前、紅葉がきれいだった千葉市動物公園の大池ですが、
気になったのはこの樹木でした。

1、巨大な根っこ
c0104227_22365849.jpg

c0104227_22342180.jpg


2、湖面に被いかぶさるほどの枝ぶりが八方に広がっています。
c0104227_22355884.jpg


3、枝先にはカルガモのカップル。
c0104227_223547.jpg


4、ひき寄せて見ればのどかな光景
c0104227_22353036.jpg


5、実がたくさん瓔珞のように下がっています。
c0104227_23432872.jpg


6、サワグルミかな? こんなところに? こんなに巨大な?
c0104227_23392289.jpg


7、調べたら、シナサワグルミでした。外来種です。
c0104227_23415893.jpg
シナサワグルミ(クルミ科サワグルミ属)Pterocarya stenoptera 支那沢胡桃 中国原産、公園樹、街路樹として植栽されるとあります。


被写体に負けた撮影でした。魅かれながら、どうにも撮りようがわからなかったです。
こんなとき、どうしたらいいの? どなたか、アドヴァイスをしてほしいな。
by nenemu8921 | 2013-11-21 00:43 | 植物 | Comments(8)

紅葉 成田山公園

初めて行ってみました。

1、成田山公園の紅葉です。
c0104227_19103525.jpg


2、ちょうど一番きれいなときでした。
c0104227_19303559.jpg


3、
c0104227_1931740.jpg


4、書道美術館周辺を歩きました。
c0104227_19223356.jpg


5、青空に恵まれました。
c0104227_19231153.jpg


6、池のほとりのクヌギの大木に魅かれました
c0104227_1926914.jpg


7、
c0104227_19342798.jpg


8、
c0104227_22135040.jpg


早めに帰りました、人はほどほどに多かったです。
by nenemu8921 | 2013-11-20 00:26 | 植物 | Comments(18)

古民家

1、ミゾゴイを撮影した帰り、公園内で見つけました。
すてきですね。
c0104227_20463257.jpg



2、こんな光景が似合うでしょう。訪れた方にモデルになってもらいました。
c0104227_21193112.jpg



種明かしはつづきをどうぞ。

More  続きを見る
by nenemu8921 | 2013-11-19 00:30 | 建物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921