<   2014年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

イソシギ

谷津でイソシギにも出会った。岩場を単独で歩いていた。

五匹のちひさないそしぎが
海の巻いてくるときは
よちよちとはせて遁げ
(ナモサダルマプフンダリカサスートラ)
浪がたひらにひくときは
砂の鏡のうへを
よちよちとはせてでる
             詩「オホーツク挽歌


『定本宮沢賢治語彙事典』を広げて、唖然とした。
いそしぎの項目に下記のような解説がある。
「いそしぎ【動】磯鴫。チドリ目シギ科の小鳥。河川や湖畔、磯辺に渡来するところからその名がある。
翼長11cmほどで体色は黄褐色、黒い斑点があり、腹部は白い。長いくちばしでピィーピィーツィーツィーと
細く高く鳴く。詩〔オホーツク挽歌〕に「五匹のちい(ひ)さないそしぎが/海の巻いてくるときは/よちよちと
はせて逃げ」とある。
翼長11cmとあるが、普通は全長 (嘴の先から尾の先までの長さ。Lで表す) を基準にする。
イソシギの全長は20cmである。

これは詩の解釈としては、間違いである。

野鳥図鑑 (どこの図鑑だろう、イソシギの解説としても十分ではない) の「標準和名イソシギ」の解説を安易に当てているが、ここで賢治が描いているのは「標準和名イソシギ」ではない。磯べのシギという意味であろう。
なぜなら、「標準和名のイソシギ」は群れることはなく、磯の岩場などで単独で行動することが多い。
浜辺で波を追いかける行動もとらない。

この画像が「標準和名のイソシギ」である。
c0104227_10123696.jpg


c0104227_1013884.jpg


賢治が見た「ちひさないそしぎ」は
「海の巻いてくるときは/よちよちとはせて遁げ/浪がたひらにひくときは/砂の鏡のうへを/
よちよちとはせてでる」とある。
この習性はミユビシギという鳥の生態にぴったりとあてはまる。


ミユビシギは、波間を飛ぶハマトビムシを追いかけて食べるので、傍目にはよちよちとはせて遁げ、はせて出るように見える。
『フィールドガイド日本の野鳥』(日本野鳥の会発行)では、
「ミユビシギは旅鳥、冬鳥として砂浜に渡来し、波打ち際で波の進退とともに動いて餌をとる。時には干潟や入り江にも来る。全長19cm。嘴は短い。夏羽では頭上、顔、くび、胸、背が赤褐色で黒い斑点があり、額と喉は白く、肩羽の軸班は黒くて赤褐色と白の羽縁がある。冬羽では上面灰白色で翼角の部分が黒く見え、下面は白く、小形シギ類の中では全体にもっとも白っぽく見える。クリーッと鳴く。」とある。
日本では、冬羽で見かけることが多いが、夏のオホーツクの浜辺では夏羽の可能性が強い。

こちらがミユビシギの画像である
以前、この作品とともに紹介した。これは2011年の12月に船橋市の三番瀬で撮影したものである。

c0104227_1174381.jpg
クリックしてご覧ください。

文学は科学書でも図鑑でもないが、言葉には実態がある。
いそしぎという名前だけででなく、その描写を読み解くことが作品に迫ることではないだろうか。
小さな鳥が波の進退とともに繰り返すしぐさは、詩人の心の動きと連動して読むことが可能である。
標準和名イソシギは歩くときは尾を上下に振り、けいれんするように翼を動かして低く飛ぶ。
そうしたイメージは、この作品世界に全くそぐわない。

既にこのことは中谷俊雄が「間違いの多い新宮沢賢治語彙事典」(Annual vol10)で指摘している。
『賢治鳥類学』(新曜社)でも明記している。
版を改めた際、何故、きちんと確認し、訂正していないのだろうか。
しかも、定本とは恐れ入った! 
by nenemu8921 | 2014-04-30 09:50 | 鳥・動物 | Comments(2)

セイタカシギ

シギチドリの多くは渡り鳥で、すが、一年中、日本列島で見られて、繁殖し、越冬する鳥もいます。
セイタカシギです。もともとは渡りの鳥だったと思われますが、最近では東京湾周辺で、
越冬し、繁殖する個体が増えています。(渡りのセイタカシギも健在ですね)

堂々とした立派な♂ですね。
c0104227_15343710.jpg
セイタカシギ(チドリ目セイタカシギ科) Himantopus himantopus 背高鷸

おや。うちの奥さんどこへ行ったかな
c0104227_15345517.jpg


今年も谷津干潟で繁殖できるかな。
今年は蛇やカラスに負けないでヒナを育てることができるかな。

かわいいけれど、成鳥です。♀です(羽色が淡いでしょう)
c0104227_15353175.jpg


あらら、別のお父さんがいたのね。
c0104227_15364560.jpg


そろそろ育児計画をかんがえなきゃあ。
c0104227_15374410.jpg


でも、アタシ、もう少し、自由でいたいのよ!
c0104227_15355550.jpg


谷津干潟の淡水池の光景です。この日、カップリングならず。

More おまけです
by nenemu8921 | 2014-04-29 16:32 | 鳥・動物 | Comments(10)
佐倉に行く予定でしたが、京葉道路がすごい渋滞だったので、降りて、近場の谷津へ行きました。
シギやチドリの渡りの季節です。
干潟は広く、鳥たちは小さく、私のカメラは200ミリ。(>_<)
野鳥を撮るのは厳しかったです。でも、いい天候に恵まれ気持ちよかったです。

メダイチドリ、キョウジョシギ、ハマシギがうじゃうじゃいるのがわかりますか?
牡蠣床の中では保護色で、肉眼では目を凝らさないと、わかりませーん。
c0104227_8543322.jpg


ハマシギはすっかり夏羽で、おなかが黒くなっていました。
c0104227_855116.jpg


ホウロクシギも入っていました。
c0104227_8553820.jpg


メダイチドリです。
c0104227_856512.jpg


キョウジョシギです。狂女? 京女? いいえ、今日女かな(^_-)
c0104227_14332546.jpg


キアシシギです。足が黄色いでしょう。
c0104227_14385920.jpg


これはチュウシャクシギ。シャクはくちばしのこと。
c0104227_14391517.jpg


サルハマシギ(珍鳥)が話題になっていましたが、冬羽で、ちょっとがっかり。
おなかの黒いハマシギと並ぶと違いが分かりますか?
c0104227_1322055.jpg


ハマシギ君
c0104227_13241723.jpg


サルハマシギが広げるとこんな風です。
c0104227_14172378.jpg


久しぶりの谷津干潟で久しぶりの友人に出会い、新しいお友達もでき、いい時間を過ごしました。
干潮時間がよかったので、そのあとも2日もつづけて、つい谷津へ。
たくさんの鳥に出会いました
ムナグロ、ダイゼン、キアシシギ、トウネン、オバシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、オオメダイチドリ(これも珍鳥です)、などなど。

これからもっと多くのシギやチドリが入ります。みなさんもどうぞお出かけください。
私に出会ったら、声をかけてくださいね(^_-)-☆

More もっと谷津を見る
by nenemu8921 | 2014-04-28 14:47 | 鳥・動物 | Comments(16)

ハンカチノキ

ハンカチノキも花をつけ始めました。話題性でしょうか。日本人的なネーミングだと感じます。

c0104227_10154650.jpg


c0104227_1016410.jpg


c0104227_10162535.jpg
ハンカチノキ(ミズキ科ハンカチノキ属)ハンカチノキ Davidia involucrata ハンカチノキ

追記
H6928さんから、ご丁寧な解説を伺いましたが、ハンカチノキって日本的だなあと思って調べてみると、
原産地の中国では、中国名では珙桐(コントン)というそうです。英名では鳩の木ですね。
こんな伝説があるそうですよ。

現東京大学 大学院理学系研究科・理学部 附属植物園 助教の下園文雄さんによれば,この木には「昔,皇帝の一人娘に白鳩という美しい姫がいた.皇帝と行楽に出かけた姫は,農村で質素な身なりの珙桐という青年に出会い,恋するようになった.姫はかんざしを半分にして思いを託し,青年に渡した.これを知った皇帝は怒り,青年を殺させてしまった.姫がその場所に行くと,珙桐は木になっていた.姫は幹にとりすがり,最後には姫の魂が木に移って,白い鳩が木に群れるような花が咲くようになった」との伝説があるとの事.
by nenemu8921 | 2014-04-27 08:29 | 植物 | Comments(18)

ハナミズキ

世界はサラド色? ハナミズキが目立つ季節ですね。
(画像はみな大きくなります)

c0104227_930631.jpg


c0104227_930377.jpg


c0104227_9305831.jpg


c0104227_9311659.jpg
ハナミズキ(ミズキ科ミズキ属
ヤマボウシ亜属) Cornus florida 花水木

ある時期、菜食主義を志向した宮沢賢治ですが、サラダの用例は多くありません。
木々の緑をサラド色と表現しています。
当時は生野菜を食する習慣はなく、付け合せのゆでた野菜が主だったようです。
一般に野菜を生で食するようになったのは戦後でしょうね。
by nenemu8921 | 2014-04-26 00:27 | 植物 | Comments(16)

カラタチ

雲焼けの
からたち坂を
ほこらかに
油瓶もて
おりくる児あり
      歌稿B715a717

雲焼けという表現も賢治独特のもの、夕焼けの意か。歌稿Aでは暮れがたのとある。
からたち坂は、実在の地名ではなく、賢治のネーミングか。
昔は油もしょゆも量り売りだったのだろう。瓶を持参してお使いに行った少年。
誇らしい表情がほほえましい。

c0104227_9375245.jpg


c0104227_945756.jpg


c0104227_9381052.jpg


c0104227_9382286.jpg
カラタチ(ミカン科カラタチ属)Poncirus trifoliata 枳殻、枸橘

サクラソウを見に行った折、駐車場にカラタチの並木があって、白い花が満開だった。
by nenemu8921 | 2014-04-25 00:38 | 植物 | Comments(6)

アケビ

(略)
ここへ一っつ 六面体の
つたとあけびで覆はれた
茶亭をひとつ建てませう
(略)
   詩「三原 第二部」


1、アケビ(アケビ科アケビ属)Akebia quinata 木通、通草
雄花です。
c0104227_11125485.jpg


2、こちらが雌花ですね。
c0104227_114289.jpg


3、ミツバアケビ(アケビ科アケビ属)Akebia trifoliata 三葉木通、三葉通草
c0104227_11134966.jpg


4、ミツバアケビのほうが野趣ゆたかな感じがします。
c0104227_1145017.jpg



作品は伊藤兄妹を大島に訪ねた折の長詩の一節。
賢治のあふれる想いがモノローグで長々と綴られている。
宮沢賢治がイメージしたのは五つ葉アケビでしょうね。

五つ葉アケビは千葉で、ミツバアケビは群馬昆虫の森で撮影したものです。
いずれも三脚なしで、悔いが残りました。(>_<)
by nenemu8921 | 2014-04-24 00:11 | 植物 | Comments(8)
園内の雑木林の足元にはカタクリのほかにも、咲き始めたばかりの草花がたくさんありました。

1、セリバオウレン(キンポウゲ科オウレン属) Coptis japonica 芹葉黄連
今年は遅咲きの花を見つけることができました。
c0104227_16203547.jpg


でも、ほとんどはこんな感じになっていました。
c0104227_1639680.jpg


毎年見かけるのは花が終わったこの状態の群落なのですが。
c0104227_16394274.jpg


2、キクザキイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)Anemone pseudoaltaica 菊咲一華
 咲き始めていました。
c0104227_16215618.jpg


c0104227_16224079.jpg


3、オキナグサ(キンポウゲ科オキナグサ属) Pulsatilla cernua 翁草
地面に這いつくばって開いた一輪を見つけました。
c0104227_1623128.jpg


4、サンカヨウ(メギ科サンカヨウ属)Diphylleia grayi  山荷葉
最初に開いた花だと思います。面白い文字ですね。どんな意味があるのかな。
c0104227_16235462.jpg


5、シラネアオイ(キンポウゲ科シラネアオイ属) Glaucidium palmatum 白根葵
c0104227_1646848.jpg


6、ショウジョウバカマ(ユリ科ショウジョウバカマ属) Heloniopsis orientalis 猩々袴
c0104227_16434790.jpg


7、ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属) Anemone flaccida 二輪草
c0104227_16263329.jpg


こちらは園芸種のゾーンで見つけました。黄色いニリンソウ?
c0104227_1650323.jpg


他にもたくさんの花が見られました。菫の種類も多かったです。
でも、今回はこれでおしまいにします。
by nenemu8921 | 2014-04-23 00:27 | 植物 | Comments(24)

赤城自然園


赤城自然園にも立ち寄りました。この日は暑い日でした。
やっと目覚めたばかりの春。カタクリは真っ盛り。木々はこれから芽吹きます。
まさに「若い木霊」の世界でした。
アカヤシオと呼ばれているツツジが雑木林のあちこちに見え隠れして、美しかった。
画像はクリックするとみな大きなります。

1、
c0104227_11472739.jpg


2、
c0104227_2303273.jpg


3、
c0104227_11484121.jpg


4、
c0104227_1155295.jpg


5、
c0104227_1148359.jpg


c0104227_13252196.jpg


6、
c0104227_11482386.jpg


7、ヤブレガサです。これが食せるとは知らなかった。
c0104227_165573.jpg


8、トンボ池です。キブシがたくさん春の紐を下げていました。
c0104227_135480.jpg


園内はかなりの広さです。この頃、ようやく迷わなくなりました。

More つづきを見る
by nenemu8921 | 2014-04-22 00:10 | 場所 | Comments(12)

赤城村

元気になって郷里の前橋へ行ってきました。

所要の合間に友人のクロツグミさんの案内で赤城村の素敵なレストランへ行き、
ヘルシーなランチをご馳走になり、彼女の車で周辺をご案内いただきました。

この日、山を登るにつれ、深い霧が立ち込め、車の10メートル先は真っ白。
土地勘のあるクロツグミさんの運転でも、内心はコワカッタです。(^_-)-☆

でも思いがけない撮影ができました。


1、ブドウ畑。水仙ばかりが鮮やかでした。

c0104227_13115880.jpg



2、ワイン工場ができるのかな。霧で幻想的な光景になりました。

c0104227_2012437.jpg



3、天地の湯という温泉の中庭です。ここの桜はいまが満開です。

c0104227_20143131.jpg



4、おなじみの峯公園。観察小屋から。水面がかすんでいます。

c0104227_13142640.jpg



5、かすんでいても対岸は春景色です。

c0104227_20181499.jpg


More つづきも見る
by nenemu8921 | 2014-04-20 00:12 | 場所 | Comments(19)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921