<   2014年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

スギナ

雨がぽしゃぽしゃ降ってゐます。
心象の明滅をきれぎれに降る透明な雨です。
ぬれるのはすぎなやすいば
ひのきの髪は延びすぎました
(略)
                        詩「手簡」

c0104227_17153326.jpg
スギナ(トクサ科トクサ属)Equisetum arvense 杉菜

c0104227_17541272.jpg


c0104227_17543315.jpg
スイバ(タデ科スイバ属)Rumex acetosa 蓚・酸い葉

雨降りが続き、思い出した詩句です。
少し前の画像から。
スイバは晴れの日のもので、失礼。
ひのきの髪とは、檜の枝が不揃いに伸びた状態か。
手簡とは、手紙のこと。 「春と修羅」補遺の作品。
あなた、白びかりの巨きなすあしのあなたへの書簡。


追記
スイバ、スカンポ、ギシギシ、イタドリは、どれもタデ科の植物だが、ちょっとややこしい。
以前にも、この植物の件で、問い合わせをいただいたので、ちょっと私見を述べたい。
スイバの別名はすかんぽで、イタドリも別名すかんぽと呼ばれる。(地方によって異なるようだ)
「土手のすかんぽ、ジャワ更紗~♪♪~」とうたわれたのは、イタドリでしょうし、
多くの方が子どものときに茎をかじったのはイタドリとおもわれます。

賢治作品ではイタドリの用例は一例のみ。ギシギシは登場しない。

中山街道はこのごろは誰も歩かないから蕗やいたどりがいっぱいに生えたり牛が遁げて登らないやうに柵をみちにたてたりしてゐるけれどもそこをがさがさ三里ばかり行くと向ふの方で風が山の頂を通ってゐるやうな音がする。
                                             童話「なめとこ山の熊」


今回ご紹介の他に、すいば、スカンコ、すかんぽなどの表記はいくつかあるが、文学は植物図鑑ではないから、限定はできないが、前後の形容や表現から、スイバをイメージしていると解釈できる。

畔はたびらこきむぽうげ
また田植花くすんで赭いすいばの穂 
             詩〔Largo や青い雲滃やながれ〕


この作品を手入れし、生前発表形の「陸中国挿秧之図」の、下書き稿では

畔畔はたびらこの花 きむぽうげ
また田植花くすんで赭いすかんぽの穂 
  とある。

爺さんの眼はすかんぽのやうに赤く
何かぶりぶり怒ってゐる
             詩〔爺さんの眼はすかんぽのやうに赤く〕


ちいさき蛇の執念の赤めを綴りたるすかんぽの花に風が吹くなり
                                  歌稿A149

しろつめくさが生えますか
上の方にはないでせう
そんならスカンコは生えますか
マルコや、、はどうですか
              詩〔それでは計算いたしませう〕

イタドリの花は白い。(まれに明月草と呼ばれる美しい赤い花もあるが) 赭く、赤い、穂と呼ぶのは、スイバのイメージである。
スカンコはすかんぽの地方名である。マルコはオオバコの地方名。ここでは農民の呼びなれた名で会話しているのである。
何よりも、春から初夏にかけて、田やあぜ道などで目につくのはスイバであり、イタドリの花は夏から秋にかけて目立つ。
賢治がスカンコ、すかんぽと呼ぶのは、イタドリではなくて、スイバのことと思われます。
by nenemu8921 | 2014-06-29 03:45 | 植物 | Comments(14)

ツバメ抱卵

ワールドカップ2014のおかげで早起きが続いている。

家人に付き合ってこうなるわけですが、実はあまり興味が持てない。

でも、早起きするといいこともある。小鳥の声が実に賑やかである。

オナガのげーげぇ声、ムクドリのがーがー声、カラ類のツピーツピー声。
どれもが、巣立ち雛の声だ。まだまだ一人前ではありません。がんばれ。

思いついて近所のツバメの巣を見に行った。バス停の横の建物の軒下にある。

c0104227_13133284.jpg


もう一番子は巣立ちし、二番子の抱卵状態らしい。

c0104227_16454227.jpg


♂ ♀ が交代で巣に入るが、その交代劇はまさに一瞬の早業だ。

c0104227_1646688.jpg


のろまな私にはなかなかキャッチできない。やっと撮れたのはこれだけ。(>_<)

c0104227_16463744.jpg


ここは京葉道路の原木インターを出た交差点で、終始すごい交通量だ。
周辺には、水田はほとんどない。

かなり劣悪な住宅事情である。ご苦労様。でも、頑張ってね。

c0104227_1647799.jpg


今年は、ヒナが並んだ写真を撮らせてね。

More おまけ
by nenemu8921 | 2014-06-27 21:56 | 鳥・動物 | Comments(12)

賢治+αですが。。。。

最近、大明敦さん(さいたま文学館勤務)からお送りいただき、興味深く拝読しました。
大明敦さんは≪宮沢賢治とアザリアの友たち≫というブログを展開されています。
ありがとうございました。

c0104227_15475341.jpg

埼玉県立歴史と民族の博物館 編
学陽書房 2014・6・10初版
定価 760+税

一言で言えば、埼玉県の地理と歴史の本です。

宮沢賢治に関する記述は、
≪若き宮沢賢治が宿泊した旅館旧本陣寿旅館(小鹿野町)≫ですが、
他にも興味深い記述がありました。
c0104227_9441178.jpg


ブログ仲間のsaitamanikkiさんがいつも展開される「さいたま日記」に度々登場する氷川神社や盆栽町、

敬愛するnamihei先生のフィールドである見沼たんぼや、

友人のTukeyさんのさまざまな埼玉の観光地の見どころ等に関した記述が身近に感じられました。

日頃拝見しているブログ仲間の記事が、こうした書物で確認すると、その背景が理解でき、
いっそう親愛感を感じます。

More おまけ 
by nenemu8921 | 2014-06-26 09:56 | 賢治情報・スクランブル | Comments(6)

ギンバイカ

実はこの日のお目当てはこの子でした!
昨年6月の末に出会ったときは花が終盤で、いい撮影ができなかったのです。
今年こそ!と思っておりました。

c0104227_261332.jpg


銀梅花という木です。
今年は遅いようです。まだまだつぼみ状態です。
c0104227_2194274.jpg


そしたら、なんとわがブロ友、tamayamさんが、話題にしているではありませんか。
こちらにtamayamさんの詳しい解説があります。
海外の植物探訪も多い彼女が取り上げているのはシナモンマートルという品種です。
c0104227_29274.jpg
ギンバイカ(フトモモ科ギンバイカ属) Myrtus communis 銀梅花

植物というのは、多くが1年1度花を咲かせる。1年365日、花が見られるのは長くて1週間か、2週間である。
種類によっては1日だけのものある。つまり、350日以上をその1~2週間の為にエネルギーを蓄えるのである。
当たり前のことだけれど、考えると、すごいことだと思う。
これを撮影したいと思ったら、その時期に撮らないと、翌年まで撮影できない。(>_<)

年によって、早すぎたり、遅かったり、植物との幸運な出会いは難しい。

今年のコマツナギはタイミングが良かった。ここの株は馬をつなげそうもありませんが。
c0104227_333190.jpg
コマツナギ(マメ科コマツナギ属 Indigofera pseudotinctoria Matsum 駒繋

アキノカラマツは、花期が長いものの、気に入った作品にはならないですね。
背後の白いボケは、ドクダミの花です。
c0104227_39221.jpg
アキノカラマツ(キンポウゲ科カラマツソウ属)Thalictrum minus var. hypoleucum 秋唐松
by nenemu8921 | 2014-06-23 10:29 | 植物 | Comments(16)

アオスジアゲハ

梅雨の晴れ間が嬉しくて出かけました。相変わらずの水元です。
花菖蒲には飽きたので、蝶や昆虫を中心に撮りました。

小さなハーブ園で。アオスジアゲハがポット・マジョラムに。
接近しても動じないので、真横からくっきり撮りました。
c0104227_1172942.jpg



何頭も次々やってきました。
c0104227_11827100.jpg


ようやく、開いてくれました。こんなに間近で撮ったのは初めてです。
c0104227_1164858.jpg


イブキジャコウソウ(タイム?) とキマダラセセリ
c0104227_9104236.jpg


ナミアゲハ&ブッドレア。正面顔ってみなよく似てますね。
c0104227_912431.jpg


これはシオヤアブだと思います。
c0104227_1282333.jpg


これは何か、わかりますか? ウマノスズクサ&ジャコウアゲハの幼虫ですね。
成虫も飛んできましたが、カメラでとらえられず。(>_<)
c0104227_9252362.jpg

by nenemu8921 | 2014-06-21 09:53 | 昆虫・クモなど | Comments(20)

銀座

在庫の画像から取り出してみました。

(略)
(とにかく国家が法律でもって
とるなといってゐるものを
いくら魅惑があるからたって
とってかまはん法はない
あなたが銀座を歩いて居って
魅惑のあるのを片っぱしから採集したら
どういふことになりませう)
           詩「花鳥図譜、八月、早池峰山巓」下書稿

c0104227_18365892.jpg


c0104227_18371472.jpg


久しぶりの銀座だった。用事を済ませた後、夕方からの会合に少し時間があったので、
雨の中、銀ブラしながら、コンデジで目に留まるものを撮影した。

c0104227_21214083.jpg


最近の銀座は海外の有名ブランドの進出が目立つ。
昔なじんだ光景とはだいぶ様変わりしている。

c0104227_18533414.jpg


たまにしか出かけて来ないものだから、世のなかの変化について行けずにいる。
使い慣れないコンデジの撮影も難しい。

c0104227_18535750.jpg


ふと、宮沢賢治は銀座について、何か書いていただろうかと、気になって調べてみた。

c0104227_21224450.jpg


作品は早池峰で出会った高山植物を盗掘しようとする不届きな男との会話である。

↓ こちらは先月友人と教文館で、島多代さんの絵本コレクションを見た折のスナップ。
内部は撮影禁止でした。古いイギリスの絵本は素晴らしかったです。

c0104227_18373064.jpg


この時はランチはイマイチでしたが、帰途、木村屋の2階のパーラーで
いただいたアイスクリームがおいしかった。

c0104227_18375353.jpg


早池峰山の貴重な自然は、銀座の名店のディスプレイに匹敵するだろうか。
宮沢賢治の比喩は独特で面白いですね。
by nenemu8921 | 2014-06-19 18:38 | 場所 | Comments(8)

水遊び

この日は気温がぐんぐん上がり、動物たちも、子どもたちもややお疲れ。
中央広場で、噴水のサービスがあって、みな大喜び。

c0104227_12293134.jpg


声をかけて撮影させていただきました。

c0104227_12432185.jpg


発表の許可もいただきました。

c0104227_12434764.jpg


子どたちの笑顔と。はじける歓声。

c0104227_12563676.jpg


変化にとんだ噴水でしたよ。

c0104227_12565623.jpg


初めての体験の子も!

c0104227_1364986.jpg


c0104227_1342062.jpg


c0104227_12573563.jpg


c0104227_12452191.jpg



子どもたちも、見ている方も楽しかったです。
梅雨の晴れ間の、暑い暑い日でしたから。
by nenemu8921 | 2014-06-17 01:21 | 番外 | Comments(24)

動物園のランチタイム

千葉市へ出たついでに、宿題を思い出して、動物園に立ち寄ってみました。
ここはいつ行っても、子どもたちがたくさん来ています。
久しぶりの太陽、どうぶつたちのランチタイムです。

プレイリードッグはリンゴがお好き!
c0104227_114596.jpg


でも草の葉も食べます。
c0104227_1146990.jpg


こども動物園では山羊さんや羊さんにエサをやることもできます。おそるおそる……。
これは毛刈りされた羊さんですね。
c0104227_11471286.jpg


こちらが山羊さんです。
c0104227_11482093.jpg


この動物園のスター、レッサーパンダの風太君の子どもです。
c0104227_1150269.jpg


パンダの好物はやっぱり笹ですね!
c0104227_11511251.jpg




さて、宿題は……?
by nenemu8921 | 2014-06-16 00:36 | 鳥・動物 | Comments(8)

写真展

日頃からお世話をおかけしている船橋の写真クラブ「花の会」の今年の展示会です。
私も参加させていただきました。駅から近いので、便利です。

ぜひお出かけください。

c0104227_951464.jpg


c0104227_9524554.jpg

by nenemu8921 | 2014-06-15 10:03 | その他 | Comments(6)

活版所

4月に千葉県の大多喜町へ撮影に行った折、 古い印刷所に立ち寄りました。
お店の一角に、昔、活版印刷をしていた時のままの様子をしのばせる状況が残されていました。

ジョバンニがアルバイトをしていた活版所を思い出し、撮影させていただきました。

c0104227_206852.jpg


(略)ジョバンニはすぐ入口から三番目の高い卓子に座った人の所へ行っておじぎをしました。
その人はしばらく棚をさがしてから、
「これだけ拾って行けるかね。」と云いながら、一枚の紙切れを渡しました。

c0104227_2073715.jpg


ジョバンニはその人の卓子の足もとから一つの小さな平たい函をとりだして向うの電燈のたくさんついた、
たてかけてある壁の隅の所へしゃがみ込むと、小さなピンセットでまるで粟粒ぐらいの活字を次から次と
拾いはじめました。

c0104227_2083788.jpg


青い胸あてをした人がジョバンニのうしろを通りながら、
「よう、虫めがね君、お早う。」と云いますと、近くの四五人の人たちが声もたてずこっちも向かずに冷くわらいました。

c0104227_20132667.jpg


 ジョバンニは何べんも眼を拭いながら活字をだんだんひろいました。
 六時がうってしばらくたったころ、ジョバンニは拾った活字をいっぱいに入れた平たい箱を
もういちど手にもった紙きれと引き合せてから、さっきの卓子の人へ持って来ました。
その人は黙ってそれを受け取って微かにうなずきました。(略)
                 童話「銀河鉄道の夜」


c0104227_20102533.jpg




2011年の3月11日の大震災の折に、活字が崩れて処分しようかと思っているところだということでした。
by nenemu8921 | 2014-06-14 20:16 | 場所 | Comments(4)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921