<   2014年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

(略)
私は書いたものを売ろうと折角してゐます。それは不真面目だとか真面目だとか云ってくださるな。愉快な愉快な人生です。(略)
図書館へ行っ見ると毎日百人位の人が「小説の作り方」或は「創作への道」といふやうな本を借りやうとしてゐます。なるほど書く丈けなら小説ぐらゐ雑作ないものはありませんからな。うまく行けば島田清次郎氏のやうに七万円位忽ちもうかる、天才の名はあがる。どうです。私がどんな顔をしてこの中で原稿を書いたり綴ぢたりしてゐるとお思ひですか。どんな顔もして居りません。
これからの宗教は芸術です。これからの芸術は宗教です。いくら字を並べても心にないものはてんで音の工合からちがふ。頭が痛くなる。同じ痛くなるにしても無用に痛くなる。
今日の手紙は調子が変でせう。
斯う云うふ調子ですよ。近頃の私は。
                              書簡195  


大正10年7月13日の日付がある。宮沢賢治が家出をして東京で過ごしていた時期、従弟の関徳弥あての書簡である。
島田清次郎という名が気になっていて、最近読んだ本。

c0104227_10222025.jpg


どんな内容かといえば、こちらに荒俣宏さんの書評があります。

この書簡の時代の背景、風を知りたいと思った。
島田清次郎の伝記としては、杉森久英「天才と狂人の間」が有名ですが、本書は
精神病理学の専門家からの視点でとらえたもの。
宮沢賢治ともかかわりのある暁烏敏が島田清次郎の作家デビューにも因縁があることを知った。

c0104227_12492686.jpg
               セリ(セリ科セリ属)Oenanthe javanica 芹

うーん。大正時代は大衆ゴシップのあだ花が咲き誇った時代なのですね。
大正8年に発表した「地上」が大ベストセラーになって、大正10年には島田清次郎は講演旅行で
全国を回っていた時期でした。翌年4月から12月にかけて、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアを
周遊する旅に出ます。

c0104227_12491081.jpg
                ソクズ(スイカズラ科ニワトコ属)Sambucus chinensis そくず、クサニワトコ

うまく行けば島田清次郎氏のやうに七万円位忽ちもうかる、天才の名はあがる。
本書には、大正10年11月20日の読売新聞のゴシップ記事の紹介がある。
「洋行費用の出所を明らかにするために警察が調べたところ、清次郎の預金は川崎銀行に五万円あり、さらに「地上」の印税が月々千円以上入っていたというのである。試みに日本銀行が発表している企業物価指数を用いて計算してみると、当時の五万円は2012年の約2600万円にあたる。月々千円の印税は52万円である。大金持ちとまでは言えないが、確かに23歳の青年としては破格の金額である。」
ちょっと時期がずれるが、当時、いかに巷の話題になっていたか推測できますね。
宮沢賢治は25歳。東大赤門前の文信社で筆耕のアルバイトをしたと伝えられているが、
いかほどの賃金をもらっていたのだろうか。

画像はこの夏の在庫から。
by nenemu8921 | 2014-08-30 12:57 | 読書 | Comments(8)

梨畑

梨の実が目立つ季節です。千葉県は梨の栽培が盛んです。

c0104227_10145185.jpg


思い出した作品がありました。

(略)
雲はぐらぐらゆれて駆けるし
梨の葉にはいちいち精巧な葉脈があって
短果枝には雫がレンズになり
そらや木やすべての景象ををさめてゐる
わたくしがここを環に掘ってしまふあひだ
その雫が落ちないことをねがふ
(略)
                  詩「過去情炎」

c0104227_9554566.jpg

c0104227_9565179.jpg



梨の花
c0104227_10155224.jpg


在庫画像から集めて、編集してみました。

作品は1923年10月15日の日付がある。
アカシアを移植しようとして、その傍らの梨の木、葉に宿ったしずくへの愛着を恋愛感情に例えて、
ユーモラスに歌っている。いや、恋愛感情をしずくへ託したというべきか。
やや大げさな比ゆにも感じられるのは、詩篇全体からは、恋する情念がやや理屈っぽくて、共感しにくく、
梨という果樹の描写ばかりがリアルなせいだろうか。

短果枝とは、園芸用語。前年に腋果芽で実を生らせ、その翌年花芽になったものを短果枝という。
文字通り、5センチ以内の短い枝に花芽がある。

梨畑も黄葉します。
大町自然公園の隣の梨畑、昨年11月の画像です。
c0104227_9172923.jpg


More おまけです。
by nenemu8921 | 2014-08-29 10:33 | 植物 | Comments(14)

ガガイモ

ガガイモの花の香りがするなあと思って、辺りを見回すと、イチョウの木にガガイモの蔓が絡まっていた。
めずらしく立派な青い実がついている。
晩秋にはこの実から白い綿毛が飛びたつだろうか。その瞬間を見たいなあ。

c0104227_11115379.jpg


c0104227_1112693.jpg
ガガイモ(ガガイモ科ガガイモ属) Metaplexis japonica 蘿藦、鏡芋、芄蘭

宮沢賢治の作品に度々登場するこのガガイモは、ごまざい、草綿という呼び名でなじんでいる。
この小さな花は可憐で、かすかな芳香があって、いとおしいが、宮沢賢治は花には言及していない。
残念だなといつも思う。

以前、ご紹介したごまざい・草綿の綿毛はこちらをどうぞ。


More つづきを見る
by nenemu8921 | 2014-08-27 07:53 | 植物 | Comments(25)

小鹿野賢治の会

埼玉県、小鹿野町の小鹿野賢治の会課からこんなご案内が届きました。
役所に、賢治の会課なんてすごいですね。

c0104227_625275.jpg


c0104227_647730.jpg


c0104227_6472435.jpg

by nenemu8921 | 2014-08-26 08:14 | 賢治情報・スクランブル | Comments(4)

六神丸

「あなた、支那反物よろしいか。六神丸たいさんやすい。」

c0104227_17464610.jpg


(やられた、畜生、たうたうやられた、さっちからあんまり爪が尖ってあやしいとおもってゐた。畜生、すっかりうまくだまされた。)
山男は悔しがってばたばたしようとしましたが、もうただ一箱の小さな六神丸ですからどうにもしかたありませんでした。                                                童話「山男の四月」


「山男の四月」は、山男が出会った支那人に騙されて六神丸にされてしまう夢のお話。

c0104227_17401277.jpg


ご存知ですか? 六神丸とはこんな薬です。いろいろメーカーがあるようです。
拙宅に出入りしている富山の薬屋さんからお借りして撮影させていただきました。
確かに小さな箱(6cm×9cm)です。

c0104227_1740639.jpg


箱の中に小さな香水の瓶みたいに入っています。

c0104227_17401562.jpg


小さな黒い丸薬が100粒以上あるとか。六神丸って気つけ薬だそうです。

c0104227_17404477.jpg


山男が出会った支那人は反物と一緒に真田紐で結んだ行李のなかに薬を入れていました。
最近の薬屋さんはアタッシュケースです。

c0104227_17423817.jpg


漢方系の家庭用常備薬が多いですね。

c0104227_17422152.jpg


昔からある薬は六神丸の他にこんな薬も健在だそうです。
なつかしい方もいらっしゃるのではないかしら。

c0104227_1742457.jpg

by nenemu8921 | 2014-08-25 06:21 | その他 | Comments(16)

秋の渡り 谷津干潟

潮が満ちてきて、澪の流れが大きくなってきたとき、サギが集まり始めました。
何かなと思って、三脚を抱えて移動すると、カワウの群れがしきりに派手な動きをしています。

c0104227_2115747.jpg


カワウの集団採餌です。カワウの追込み漁と呼ばれるものです。

c0104227_212322.jpg


カワウの数はそう多くなったのですが、おこぼれにあずかろうというダイサギ、コサギ、アオサギは
かなり多かったです。

c0104227_213249.jpg


漁はながく続きませんでした。サギたちはなにやら不満そうです。

c0104227_825343.jpg


カワウは満腹して悔いの上で休憩でしょうか。

c0104227_2134364.jpg


まだ泳ぎ足りない子も。

c0104227_8262355.jpg


やがていつものスタイルで羽を広げます。

c0104227_82550100.jpg


全体でくつろいいでいました。

c0104227_215426.jpg


サギたちはやがて一か所に集結して。

c0104227_2153927.jpg


何やら相談?の後、三々五々散らばって行きました。

c0104227_216841.jpg


10分足らずのショーでしたよ。動画で撮ればよかったなあ。

他にもシギやチドリはたくさん入っていました。今が旬です。谷津干潟!!
by nenemu8921 | 2014-08-24 10:15 | 鳥・動物 | Comments(12)
天候予測や情報は格段に進化した時代ですが、それでも避けられない自然災害があることを
教えられたような気がする今回の事故でしたね。
広島市安佐南区地方の大規模土砂災害はたいへんでした。
被災された方々にお見舞い申し上げます。

秋の渡りの便りを聞くので気になって立ち寄ってみました。
谷津干潟です。でも暑い!!

キョウジョシギが間近に出てきました。

c0104227_1632771.jpg


すごく餌が豊富に見えますが、せかせかと餌稼ぎをしていました。

c0104227_16315994.jpg


キアシシギも出てきました。

c0104227_16323099.jpg


おや、気になる気配!

c0104227_16323663.jpg


おお、飛ぶかな。

c0104227_16334074.jpg


飛びましたね。

c0104227_16313662.jpg


でも、緩やかな飛翔。

c0104227_16364346.jpg


遠くには行かない…。

c0104227_16355264.jpg


うーん、空の青さと水の青さと…。

c0104227_16361854.jpg


やがて、又、闊歩してピューピューと鳴きます。

c0104227_16332723.jpg


キアシシギの鳴き声が一番響いておりました。

つづきは明日です。(^_-)-☆
by nenemu8921 | 2014-08-21 00:11 | 鳥・動物 | Comments(16)

をみなへし

(略)
をみなへしが、斯う云ひました。
「ベゴさん。僕は、たうたう、黄金のかんむりをかぶりましたよ。」
「おめでたう。をみなへしさん。」
                 童話「気のいい火山弾」


c0104227_15593056.jpg


c0104227_15594976.jpg


c0104227_160433.jpg
オミナエシ(オミナエシ科オミナエシ属) Patrinia scabiosifolia 女郎花

ベゴ石をからかう野原のオミナエシは、花期が長い。真夏から秋の終わりまで延々と咲く。
秋の七草の一つだが、なぜ、女郎花の漢字をあてるのか、不明。

あちこちで撮ったオミナエシをつなげた。

More おまけ
by nenemu8921 | 2014-08-19 16:26 | 植物 | Comments(16)

あげはてふ

(略)るりいろのかみきりむしはおかしな三角のかたちを描き、
べっ甲いろの羽をひろげたかぶとむしはあちこちに8の字をかいて飛び
その中を紺や青のあげはてふがいくつもの点々になって、ちょっと光ったり、
又見えなくなったり、それはそれは美しかったのです。
                                童話〔ポランの広場〕


c0104227_3381836.jpg


c0104227_3385242.jpg


〔ポランの広場〕は、童話「ポラーノの広場」の前身。
「紺や青のあげはてふ」とは、カラスアゲハやアオスジアゲハのイメージだろうか。
しかし、アゲハチョウは夜、飛翔するのだろうか。などというと、無粋ですよね。

c0104227_3392298.jpg


c0104227_3395762.jpg


野草園周辺には蝶が多かったです。

c0104227_3402472.jpg


c0104227_3441555.jpg


草原のヤブガラシは、蝶のレストランというか、大衆食堂みたいですね。
たくさんの蝶が交代で、訪れます。でも、カラスアゲハは登場してくれませんでした。(-_-;)

c0104227_3451342.jpg

by nenemu8921 | 2014-08-19 11:29 | 昆虫・クモなど | Comments(6)

想い草・ナンバンギセル

立秋を過ぎても、急に涼しくなるわけではありませんが、秋の兆しは感じらるような気がします。
久しぶりに訪ねた水元で、穂が出始めたタカノハススキの足元にナンバンギセルを見つけました。

c0104227_2031865.jpg


c0104227_2033658.jpg


道の辺の尾花が下の思ひ草今さらさらに何をか思はむ
                        『万葉集』  寄草  作者未詳

宮沢賢治はナンバンギセルに関して言及していませんが、万葉集には思い草として登場します。

c0104227_2063994.jpg


ナンバンギセルは南蛮煙管で、パイプのイメージのようです。
c0104227_2065971.jpg
ナンバンギセル(ハマウツボ科ナンバンギセル属) Aeginetia indica 南蛮煙管 
イネ科の単子葉植物(イネ、ススキ、サトウキビなど)の根に寄生する寄生植物。

More おまけです
by nenemu8921 | 2014-08-17 20:54 | 植物 | Comments(12)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921