<   2014年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

旭岳で一番印象に残ったのはチングルマの綿毛です。
青空のもと、きらきら輝いておりました。
c0104227_11483518.jpg


c0104227_16205394.jpg

チングルマ(バラ科ダイコンソウ属) Geum pentapetalum 珍車、稚児車

それからシラタマノキ。ついつぶしてサロメチールの匂いを確認したくなります。
c0104227_11484944.jpg
シラタマノキ(ツツジ科シラタマノキ属) Gaultheria miqueliana 白玉の木

これはクロウスゴ。葉の紅葉もきれいですね。黒い実が見えますでしょうか。

c0104227_1155190.jpg

c0104227_10121032.jpg

クロウスゴ(ツツジ科スノキ属) Vaccinium ovalifolium 黒臼子

ガンコウランも多かったです。でも、実は少ないですね。
c0104227_11541112.jpg

c0104227_10125055.jpg

ガンコウラン(ツツジ科ガンコウラン属) Empetrum nigrum var. japonicum 岩高蘭

これはコケモモです。ガンコウランの葉が茂っていますね。
c0104227_1292877.jpg

c0104227_10143341.jpg

コケモモ(ツツジ科スノキ属) Vaccinium vitis-idaea L. 苔桃


コケモモといえば、賢治作品にはしばしば登場しますね。花ではなく、実の描写です。
でも赤い実が黒く熟すると勘違いしている様子が感じられます。
それは画像をご覧いただくとわかるように、コケモモは黒く熟するガンコウランやクロウスゴと
混じって生えていることが多いからではないでしょうか。

タネりは云ひながら黒く熟したこけももの間の小さなみちを砂はまに下りて来ました。
                                          「サガレンと八月」

こけももの暗い敷物
北抱蘆州の人たちは
この赤い実をピックルに入れ
空気を抜いて瓶詰にする
           詩「阿耨達池幻想曲」

ここはこけももとはなさくうめばちさう
かすかな岩の輻射もあれば
雲のレモンのにほひもする
           詩「早池峰山巓」

なぜならさつきあの熟した黒い実のついた
まつ青なこけもものの上等の敷物(カーペット)と
おほきな赤いはまばらの花と
不思議な釣鐘草(ブリューベル)とのなかで
透明なわたくしのエネルギーを
いまこれらの濤のおとや
しめったにほひのいい風や
雲のひかりから恢復しなければならないから
                    詩 「オホーツク挽歌」

そのとき私は大へんひどく疲れてゐてたしか風と草穂との底に倒れてゐたのだとおもひます。
その秋風の昏倒の中で私は私の錫いろの影法師にずゐぶん馬鹿ていねいな別れの挨拶をやってゐました。
そしてたヾひとり暗いこけももの敷物(カーペット)を踏んでツェラ高原をあるいて行きました。
こけももには赤い実もついてゐたのです。
                            童話「インドラの網」

追記
お問い合わせがいくつかあったので、クロウスゴ、ガンコウラン、コケモモの画像を追加しました。
関心を持っていただき、ありがとうございます。


More おまけも見る
by nenemu8921 | 2014-09-30 05:56 | 番外 | Comments(14)
大雪山旭岳

御嶽山の突然の噴火には驚きましたね。
テレビ映像を見て、数日前登った大雪山系の旭岳を思い浮かべずにいられませんでした。
既に初冠雪をした旭岳山頂付近は煙が立ち上っています。ここも火山でしたね。
平日でしたが、ロープウェイで草紅葉の美しい山頂近くまで行ける便利さもあって、
大勢の人が訪れていました。
画像はすべて大きくなります。

c0104227_1444296.jpg


ロープウェイの駅です。ここから山頂付近まで歩くいくつかのコースがあります。
池が多いのですね。

c0104227_1444315.jpg


最初に出会ったのは満月沼です。

c0104227_14445573.jpg


すり鉢湖です。

c0104227_14452546.jpg


c0104227_1445521.jpg


c0104227_14464262.jpg


夫婦池です。

c0104227_14461723.jpg


姿見の池。ここからの展望は最高でした。写りこみも素敵でした。

c0104227_14472972.jpg


もしもこの山頂付近で噴火に出会ったらと想像するだけでぞっとします。
御嶽山の噴火に遭遇された方々は本当にお気の毒です。

c0104227_14525514.jpg


c0104227_15425619.jpg


More つづきを見る
by nenemu8921 | 2014-09-29 07:48 | 番外 | Comments(16)

富良野・美瑛の旅 ③

美瑛の丘陵地帯は、季節ごとにジャガイモや大豆、トウモロコシが植えられ、
そこに日が差すと、丘の起伏が美しい光景を展開します。
丘に立つ木々には、独特のネーミングがあり、撮影のポイントになっています。

こちらはクリスマスツリーの木。夕焼けを期待したのですが…。

c0104227_234643.jpg


残照はいまいちでしたねえ。

c0104227_23455031.jpg


セブンスターの木

c0104227_0173553.jpg


赤い屋根の家(メルヘンの丘)

c0104227_0164521.jpg


哲学の木

c0104227_23564767.jpg


他にもケンとメリーの木、親子の木、マイルドセブンの森、バフィーの木とか、いろいろありました。
TVドラマやCMでおなじみの場所だそうですが、こうした美瑛の丘陵地帯の畑の美しさを、
最初に発見したのは、写真家の前田真三さんでした。

今回ご案内くださった撮影ツァーの企画会社のHさんは前田真三さんに心酔するおひとり。
前田真三氏のギャラリー「拓真館」にもご案内いただきました。
素晴らしい作品の数々を拝見して溜息が出ました。

c0104227_0422744.jpg


1万坪の敷地は、四季折々の自然が楽しめる公園になっています。
白樺の回廊は前田氏が10年先を見越して白樺の幼木を植え、育てたもの。

c0104227_0442216.jpg


光りがさすのを待って撮影しました。でもこの日の午後は雲が厚くなってきました。

c0104227_044259.jpg


白樺は黄葉し始めていました。足元に小さなベニテングダケを見つけました。

c0104227_9241363.jpg

by nenemu8921 | 2014-09-28 07:07 | 番外 | Comments(10)
青い池というそうです。ぜひ、クリックして大きな画面でご覧ください。

c0104227_16303767.jpg


すこし前まで一部の写真家しか知らなかったポイントですが、
今では観光地の目玉になり、大型駐車場ができ、大型バスで団体客が大勢押し寄せていました。

c0104227_1631689.jpg


訪れたのは午後遅い時間だったので、光がイマイチでした。

追記
青い池の水が青い理由を気にかけてくださる方が多いので、びえい白銀温泉観光組合のHPから引用しました。
美瑛川上流の『白ひげの滝』などから、アルミニウムを含んだ水が流れでている。
(滝は崖の途中から地下水が湧き出ている潜流瀑。)
この滝が美瑛川の水と混ざると目に見えないコロイド状という粒子が生成され、それが太陽の光をまんべんなく散乱させている。
(美瑛川⇒滝の下から!別名:ブルーリバーとも呼ばれている。)
波長の短い青い光が散乱されやすいため、その光が目に届き青く見える。
だそうです。 太陽マジックですね。(^_-)-☆

More つづきを見る
by nenemu8921 | 2014-09-27 00:53 | 番外 | Comments(16)

富良野・美瑛の旅 ①

      今年は賢治祭に出かけませんでした。
         北海道の撮影ツァーに参加しました。
             これまでも北海道には何回か行く機会がありましたが、
       いつも学会のセミナーや家人の付き合いの旅行で、十分に撮影できず、心残りでした。
    今回は当地の地理にも詳しい知人の案内を得て、
           カメラ仲間と撮影三昧の三日間を過ごしました。
                  レンタカーで富良野・美瑛を中心にめぐり、好天に恵まれ、
                        気に入った場所で車を止め、気ままな撮影を楽しみました。
    たくさんの画像の整理は時間がかかりそうですが、すこしづつご紹介します。
    拙い画像ですが、お付き合いください。

旭岳を背景に牧草のロールを見つけました。画像はクリックするとみな大きくなります。

c0104227_1031473.jpg


作業中の車も登場してくれました。

c0104227_1022040.jpg


c0104227_11273775.jpg


しばらく行くと、畑で火を燃やす光景に出会いました。

c0104227_10326100.jpg


c0104227_10322876.jpg


花の季節は終わりと思っていましたが、ひまわり畑はあちこちで見かけました。

c0104227_1173811.jpg


c0104227_11104544.jpg


青いボックスは玉葱の収穫です。

c0104227_11261065.jpg


空はどこまでも広く青く、畑や稲田は黄金色に輝き、空気はさわやかで気持ちよかったです。
by nenemu8921 | 2014-09-26 11:32 | 番外 | Comments(20)
涼しくなってさびしい風情に感じられます。
小さな花がこんな大きな実になるのが不思議です。

c0104227_8401693.jpg


c0104227_8395019.jpg
フウセンカズラ(ムクロジ科フウセンカズラ属)Cardiospermum halicacabum 風船蔓

アレチウリは日本の侵略的外来種ワースト100に指定されている植物。繁殖力は凄まじく、1株当たり25,000個以上の種子をつけていた例も報告されているとか。駆除に必死です。
それにしても毛深いですねえ!?

c0104227_2110932.jpg


c0104227_21103752.jpg
アレチウリ(ウリ科アレチウリ属)Sicyos angulatus  荒地瓜

最近の在庫から選びました。

追記
旅に出る前に予約投稿をしましたが、コメントのお返事が遅れてごめんなさい。
by nenemu8921 | 2014-09-23 05:10 | 植物 | Comments(22)

神楽坂で

出先で思いがけず、可愛い神輿に出会いました。

c0104227_20324389.jpg


でも、カメラがない!! 思わず、コンデジで撮らせていただきました。

c0104227_2033231.jpg


神楽坂 矢来町、赤城神社の例大祭だったのかな。

c0104227_304214.jpg


和やかな雰囲気で、皆さんカメラに向かって笑顔で応えてくれました。

c0104227_20334231.jpg


c0104227_20343518.jpg


c0104227_20335980.jpg


c0104227_20375472.jpg


c0104227_20425878.jpg


c0104227_20431345.jpg


連れがいたので、撮影はほどほどにしかできませんでした。
夕方から賑やかなお祭りになったでしょうね。
by nenemu8921 | 2014-09-22 03:51 | 祭り | Comments(6)

タヌキ二題

タヌキといっても、植物です。

タヌキモは水元公園のグリーンプラザの水槽でよく見かけますが、生態は面白いけれど、
フォットジェニックでないので、敬遠していました。

c0104227_1439485.jpg


食虫植物です。小さな花を咲かせます。でも、ぼんやりした表情にしか撮れない(>_<)

c0104227_14393118.jpg


水中の小さな虫、蚊の幼虫ボーフラを食べる習性です。

c0104227_14395858.jpg
タヌキモ(タヌキモ科タヌキモイ属)

こちらはタヌキマメ。タヌキさんが好む煮豆というわけではありません。
成東の食虫植物群落ではよく見かけますが、都市緑化植物園で鉢植えに植栽されていた。
(他ではほとんど見かけたことがない)

c0104227_14404421.jpg


この毛深い莢がタヌキの毛並みを連想させるからだとか。
きりっとしたブルーの花は美しいのに、ネーミングで損をしているかな。

c0104227_1441783.jpg
タヌキマメ(マメ科タヌキマメ属)Crotalaria sessiliflora 狸豆
by nenemu8921 | 2014-09-20 16:49 | 鳥・動物 | Comments(20)

ヒガンバナ

今年はいいタイミングでした。松戸市の祖光院のヒガンバナです。

早いですね。彼岸花なのに、まだお彼岸前ですもの……。

c0104227_19431611.jpg


c0104227_19433278.jpg


c0104227_194345100.jpg


黒い蝶がひらひらと~。

c0104227_19443346.jpg


今日はじっくり撮りました(^_-)-☆

c0104227_19441586.jpg


ナガサキアゲハ♀でしょうか。

c0104227_19435928.jpg


More おまけを見る
by nenemu8921 | 2014-09-18 20:54 | 植物 | Comments(14)

ジュズサンゴ

ヨウシュヤマゴボウの撮影をした後、事務所の入り口で鉢植えの小さな赤い実が目に停まった。
ジュズサンゴ(ヤマゴボウ科)と名札がついていた。

c0104227_16265510.jpg


似ていますね。かわいい花でしたが、花期は終盤といったところでした。

c0104227_16271966.jpg


c0104227_1627538.jpg
ジュズサンゴ(ヤマゴボウ科リヴィナ属)Rivina humilis ジュズサンゴ
by nenemu8921 | 2014-09-16 00:03 | 植物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921