<   2016年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

飯岡港夕景

笹川から飯岡へ廻りました。
飯岡の写真屋さんで所要を済ませ、急いで飯岡港の上へ行きました。
どうにか間に合いました。
c0104227_13335072.jpg


展望館にはすでに夕陽撮影のカメラさんが数人待機していました。
c0104227_13383176.jpg


しかし、水平線に沿って厚い雲が流れていました。(>_<)日没直後です。
思うようにいかないのが、夕陽の撮影です。
c0104227_13375554.jpg


打ち寄せる波をズームアップしてみれば~。
波に空が写ってモザイク模様のようです。
c0104227_1340926.jpg


戻り船も湾内に入ってきました。一隻だけ?
c0104227_1354483.jpg


こちらが飯岡漁港です。
c0104227_13412347.jpg


そして、これが撮影させていただいた場所、飯岡展望館です。
この時間になると、ライトアップされて、別の建物みたいです。
c0104227_13414967.jpg


SLをめぐる小さい旅はこれでおしまいです。帰宅したのは夜8時過ぎでした。
楽しい一日でした。
by nenemu8921 | 2016-01-31 16:28 | 気象 | Comments(14)

コブハクチョウ

水の郷さわらの道の駅は利根川べりにあります。
周辺はきれいに整備されていますが、コブハクチョウが住みついています。
以前から、噂に聞いていましたが、実際に出会ったのは初めてでした。

c0104227_2302584.jpg


コブハクチョウはきれいな個体が多かったけれど、今日の目的はSLだったものですから…。

c0104227_22411488.jpg


心はそぞろでした。

c0104227_22414689.jpg


c0104227_22422883.jpg


コガモの他にカルガモ、オオバンが多かった。ヒドリガモやオナガガモがいないので驚いた。

c0104227_2244043.jpg


近年、あちこちでオオバンが急に増加したような印象を受けます。何か、理由があるのでしょうか。

c0104227_22443458.jpg

by nenemu8921 | 2016-01-30 14:25 | 鳥・動物 | Comments(10)

佐原

SLの撮影の合間に小江戸と呼ばれる佐原の町を少し歩きました。
しかし、この日は定休日の水曜日でした。
商店街はひっそりしていましたが、青空がすてきだったので、気持よかったです。

c0104227_1849231.jpg


小野川の流れは青空を写してきれいでした。
柳(バビロンやなぎです)が芽吹くころに、また訪れたいところです。

c0104227_1621133.jpg


水郷の町です。舟めぐりもできます。こたつのある舟なのね(*^_^*)

c0104227_16203759.jpg


小野川沿いの佇まいもいい雰囲気でした。

c0104227_16212651.jpg


伊能忠敬の旧居も覗いてみました。庭で植木屋さんが剪定中でした。
こうした情景、なんだか、なつかしい光景です。
冒頭の町並みも小江戸というよりは昭和30年代の地方都市のようです。

c0104227_1943489.jpg

by nenemu8921 | 2016-01-29 09:11 | 場所 | Comments(13)

SL列車の試運転

房総の町をSL 列車が走るというので撮影に行きました。
本番は今週末ですが、天候がよくないようです。
試運転を一足先に撮ろうよと友人が声をかけてくれました。
なんてラッキー!!
撮影ポイントもご案内いただきました。

まずは、小見川周辺の踏切から。近づいてくるとわくわくします。

c0104227_23171325.jpg


周囲は水田が残る住宅地。田植えの時期に走ってくれるといいなあ。

c0104227_23332362.jpg


赤いシグナルを入れたかったんです。

c0104227_23341770.jpg


そして笹川駅に20分停車するというので、車で追いかけました。
笹川周辺は既に大勢の人が三脚をかまえていました。

c0104227_23371450.jpg


ようやく場所を見つけてシャッターを押しましたが、電柱が邪魔でした(>_<)

c0104227_233835100.jpg


でも、職員の方が手を振ってくれましたよ。

c0104227_2340734.jpg


やっぱり、カッコイイなあ。
煙がもくもくと出て、汽笛が鳴ると、わくわくしました。友よ、ありがとう。

撮り鉄ではありませんが、チャンスはレッスン!と思って、がんばりました。

週末にチャレンジされる方はもっといい写真を撮ってくださいね。(^_-)-☆

More おまけです。
by nenemu8921 | 2016-01-27 22:47 | その他 | Comments(22)

大寒

この冬はあたたかいと思っておりましたら、ここにきて、まあ、さむーいですね
大寒は1月21日でしたか。
日本列島、大型の寒気団にすっぽり包まれているとか。 ブル! ブル! です。
寒さをタイカンして、ヒートティックシャツとホカロンでタイカン態勢を組んでいます。(笑)
イーハトーブはこんなものではないでしょうね。

在庫画像からです。
水元公園の小流れで、小さな氷結状態を見つけて面白いと思いました。

c0104227_9352759.jpg


c0104227_9354927.jpg


c0104227_9361467.jpg

by nenemu8921 | 2016-01-24 11:56 | 気象 | Comments(20)

マクロフィスティス

(略)
海ぞこのマクロフィスティス群にもまがふ、
巨桜の花の梢には、
(略)           詩「函館港春夜光景」
          

マクロフィスティスとは、オオウキモ(英名のジャイアント・ケルプの方がなじみがありますね)の学名。
夜空に広がる巨大な桜の木の梢は海に繁茂するケルプの森のようだというのです。
葛西臨海公園水族園で見つけました。

c0104227_2048133.jpg


c0104227_20483523.jpg
オオウキモ(学名:Macrocystis pyrifera)は、コンブ目コンブ科に属する海藻である。
英名 Giant Kelp。

茎状部には空気をためた浮き袋が付いているため、これにより海中で直立して浮いていることができる。
茎状部は海面に達するまで伸び続け、50m以上に達することもある。
海面に達した後は、海面上に広がるような形で成長する。
c0104227_2134615.jpg


この画像では、桜の大木が枝を広げたイメージと違うじゃん!とお思いの方も多いでしょうが(>_<)。
問われるのは、あなたの想像力が宮沢賢治に匹敵するかどうかです。えへへ。

この藻場(ケルプの森)は、生物多様性に富んでいて、カニなどの甲殻類やウニやヒトデなどの卿日動物、そしてアザラシやラッコなどの海獣類のコロニーとなっている。
特にラッコは、海流により藻場から流されないように、このケルプを体に巻きつけて眠る習慣があるそうです。
そんな情景を見てみたいですね。
カルフォルニア州のモントレー湾はジャイアント・ケルプの繫殖する海としてよく知られています。
こんな感じでしょうか。(園内の案内から)
c0104227_20475628.jpg


農学校の教師時代、宮沢賢治が、大正13年5月、生徒たちを引率して、
北海道修学旅行に行った折の作品ですね。函館山からの夜景を歌った長い詩の一部です。


おまけもあります(^_-)-☆

More おまけを見る
by nenemu8921 | 2016-01-22 13:35 | 植物 | Comments(10)

ミズクラゲ

(略)
「ひとりで浜へ行ってもいいけれど、あそこにはくらげがたくさん落ちている。寒天みたいなすきとおしてそらも見えるようなものがたくさん落ちているからそれをひろってはいけないよ。それからそれで物をすかして見てはいけないよ。おまえの眼は悪いものを見ないようにすっかりはらってあるんだから。くらげはそれを消すから。

c0104227_22255015.jpg


タネリはすばやくそれを洗いましたらほんとうにきれいな硝子のようになって日に光りました。
タネリはまたおっかさんのことばを思い出してもう棄ててしまおうとしてあたりを見まわしましたら
南の岬はいちめんうすい紫いろのやなぎらんの花でちょっと燃えているように見え
その向うにはとど松の黒い緑がきれいに綴られて何とも云えず立派でした。

c0104227_22281423.jpg


あんなきれいなとこをこのめがねですかして見たらほんとうにもうどんなに不思議に見えるだろうと思いますとタネリはもう居てもたってもいられなくなりました。
                      童話「サガレンと八月」


ミズクラゲ(Aurelia sp.) ミズクラゲ科ミズクラゲ属
日本近海でも最も普通に観察できるクラゲである。傘に透けて見える胃腔、生殖腺が4つあることから、ヨツメクラゲとも呼ばれる。

以前、やはりこの葛西水族園で撮影したアカクラゲを紹介したが、今回はミズクラゲの浮遊を撮影できた。
こうして見ると、タネリのクラゲはこのミズクラゲですね。
三番瀬でも、波が引いた砂浜のくぼみに、よく見るのはこのミズクラゲが多いです。


つづきもどうぞ。

More つづきを見る
by nenemu8921 | 2016-01-20 22:29 | 鳥・動物 | Comments(14)

ペンギン

葛西臨海水族園で過ごしました。
たくさんの魚や海洋生物を観察して楽しかったです。
中でも一番インパクトが強かったのはこのフンボルトペンギンです。

c0104227_2132153.jpg


仲良しなんです。

c0104227_2132547.jpg


離れたくないんです。

c0104227_21335738.jpg


泳ぐときも一緒にいたいのかなあ。

c0104227_21341731.jpg

by nenemu8921 | 2016-01-17 21:40 | 鳥・動物 | Comments(24)

三番瀬

昼日中、三番瀬で遊びました。この日は干潮が午前中だったのです。
(満潮になると、まったく鳥がいなくなってしまうので満ちてくる時間を考えて行きました)
c0104227_17452036.jpg


湾内の向こう側の浦安市、すぐ近くに見えます。ミヤコドリですね。
c0104227_18425783.jpg


ミヤコドリをUPすると~。
c0104227_18431848.jpg


こちらはハマシギ
c0104227_18433176.jpg


仲睦まじそう。
c0104227_18435119.jpg


こちらはシロチドリですね。
c0104227_18441098.jpg


これはミユビシギかな?
c0104227_18444038.jpg


光の中のシルエットはダイゼンです。
c0104227_18571189.jpg


そしてハジロカイツブリ。
c0104227_1912567.jpg


空は薄曇りでしたが、日がさし、海はきらきらして、気持よかったので、風景写真風に撮りましたよ。
c0104227_18573431.jpg

by nenemu8921 | 2016-01-15 17:45 | 場所 | Comments(12)

セルリア

三陽メディア・フラワー・ミュージアム(旧花の美術館)で見つけた花。
セルリアというそうです。

c0104227_23475764.jpg


c0104227_23484521.jpg


c0104227_23472182.jpg


セルリア・フロリダ(ヤマモガシ科セリリア属)Serruria florida 南アフリカ原産
ヤマモガシ科というのは聞きなれないですが、ハワイ名産のマカデミアナッツも、このヤマモガシ科だそうです。
アカデミアはその果実の種子はチョコレートに包んだ菓子がおなじみですが、その花はこんな花だそうです。

三陽メディア・フラワー・ミュージアムでは、初めての花に出会えるのが楽しみです。
by nenemu8921 | 2016-01-14 00:52 | 植物 | Comments(14)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921