<   2017年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

夏休み 最後の週末

夏休み最後の週末は孫たちと熱海で過ごしました。
5歳と7歳の男の子、好奇心いっぱいで、すごい元気!!
こちらは、くたくたに疲れましたが、楽しい休日でした。

熱海の目の前の小さな島、初島にフェリーで渡った日、島を探検するうちに面白いものを見つけました!
海岸脇の小道にさりげなく置かれていたのです。
c0104227_10232770.jpg
5歳の弟が発見!!
c0104227_10244125.jpg
わあ、海賊の宝物かもしれない!!
c0104227_10245277.jpg

すごい!! 開けてみると金貨がザクザク!
c0104227_10235799.jpg

わあ、大金持ちになった!!喜びと興奮もつかの間!!
c0104227_10241278.jpg
金貨のつまったトランクは置物のようで、金貨も何も持ち上げることはできないのでありました(>_<)
5歳の子はこの世の不条理に「何で?」「どうして?」「何なの?」連発しました!

海岸には萱草の花が咲き、
c0104227_10421430.jpg

ハマグルマも咲き
c0104227_11034728.jpg


センニンソウの白い塊があちこちで目につきました。
c0104227_11032825.jpg


これはキング・プロテアという園芸種です。温暖な気候を利用して栽培されていました。
c0104227_11080362.jpg
c0104227_11084862.jpg
c0104227_11090313.jpg

c0104227_11262311.jpg
初島はリゾートアイランドです。
商業施設が多く、それなりに楽しめますが。この時期は観光客で一杯です。
首都圏から近いわりに混み合い、渋滞がネックですね。

c0104227_10273244.jpg


by nenemu8921 | 2017-08-30 10:28 | 場所 | Comments(10)
銀座の町は、最近、海外の有名ブランドが軒を並べ、
観光客が多く、だいぶ雰囲気が変わったなあと感じます。
それでも、やっぱり新宿や渋谷に比べれば、
私にはなじみがあって、親密さと、懐かしさがあります。
この日は、単独で、時間もあったので、街撮りもしてみました。
c0104227_11533423.jpg

c0104227_12022906.jpg

c0104227_11553367.jpg

c0104227_12023606.jpg

c0104227_12031893.jpg

c0104227_12024896.jpg


「この街で暮らしています」といった風情のお姐さん。
とっさにパチリの後、「もう一枚撮らせてくださーい」
ちらっと笑って「いいわよ」という風情。でも脚は緩めずにサッサと歩き去った人。
何枚か撮ったけれど、みなブレブレで、最初の1枚だけ。でも、ありがとう。
c0104227_11555189.jpg

昭和40~50年半ばにかけて、両親が銀座の奥の月島で暮していたこともあって、何かと銀座に出ることが多かったので、懐かしい街です。
こうしてみると、街そのものがギャラリーであり、そこに行き交う人もまた、時代とともに、アートのモチーフのように感じます。

by nenemu8921 | 2017-08-27 09:06 | 場所 | Comments(8)
銀座シックスは13階建ての建物ですが、屋上はおしゃれな庭園というか、公園になっています。
最近はビルの屋上でガーデニングも珍しくないようですが、ここは銀座のど真ん中、周囲の景観が圧巻です。
おしゃれなパブや水の流れる空間、由緒あるお稲荷様もありました。
周囲を一巡すると、スカイツリーや東京タワーも見えましたよ。
c0104227_21015584.jpg

c0104227_20355983.jpg
c0104227_20362602.jpg
c0104227_20363779.jpg
c0104227_20364507.jpg


c0104227_09274443.jpg
c0104227_20370259.jpg
c0104227_20435514.jpg


これは何だと思いますか? 
フィギアを集めたガラスケースみたいだと思いました。
実は向かいのユニクロのビルなんです。
c0104227_20371754.jpg

c0104227_20371199.jpg

c0104227_09272616.jpg


c0104227_20431651.jpg

c0104227_20432671.jpg
屋上庭園で思い出すのは、宮沢賢治が傾倒した国柱会の創始者、田中智学という人は屋上庭園のアイディアを持っていました。
いぜん、その設計図を見て、驚きました。なにしろ大正期ですから。
宮沢賢治自身、新しい文化や情報に非常に敏感で、東北の地方都市に暮らしながら、しばしば上京して芝居を見たり、新しい建物を訪れたりしています。
現代はアーティストにとって恵まれた時代になりましたが、時代の先端を行くものは後から理解されることが多いですね。




by nenemu8921 | 2017-08-25 00:40 | 場所 | Comments(4)

ギンザシックス


松坂屋デパート跡地に建設された大型の商業施設、GSIX(ギンザシックス)が、開業したのは今年の4月だったでしょうか。
友人の個展に行ったついでに、銀座まで出て、遅ればせながら覗いてみました。
中央の吹き抜けは、話題になった草間弥生さんのデザインです。
c0104227_22192104.jpg

商業ビルとは言え、全体がアート空間のようなコンセプトです。
世界中の有名ブランドのテナントがたくさん入っていますが、
面白そうと感じたところをご紹介しますね。
6Fの蔦屋はフロア全体が美術関係の書籍が集められています。
文庫本と漫画本ばかりがならんでいる駅前の書展とは違いますねえ。
c0104227_22201762.jpg


しかもここにはスターバックスが入っていて、コーヒーを飲みながら、好きな本をゆっくり読めるという自由空間になっています。
早速、お勧めの窒素コーヒーを味見してみました。
(ご存じですか? 氷入りではなくてドライアイスのようなものかしら。冷え冷えでしたよ)
c0104227_20060842.jpg

ケーキもおいしそうでしたが、友人のギャラリーでもいただいたのでここはガマン!
c0104227_20064123.jpg

スタバもアート空間になっていて、新進気鋭のパッチワーク作家の作品が壁に飾られていました。
コーヒーの産地をモチーフにして和の世界と融合させたものとか。
黒エプロン(スタバのエリートなのね)のお兄さんが解説してくれました。
撮影も自由です、でもコーヒーを飲んでいる方の邪魔にならないように遠慮がちにちょっとだけ撮影させていただきました。
c0104227_20291473.jpg

蔦屋さんのスペースに不思議なアート空間がありました。
賢そうな少年がスクリーンの前に立って、様々なポーズをして楽しんでいました。
c0104227_20345879.jpg

c0104227_20334591.jpg


c0104227_21112188.jpg
画像はクリックすると大きくなります。声をかけて撮影させていただきました。
観光客の方が多くて、皆さん楽しんでいる様子でした。
明日は、屋上庭園をご紹介します。



by nenemu8921 | 2017-08-23 21:19 | 場所 | Comments(10)

青潮

先週、東京湾では青潮が大量に発生したとかで、潮が引いた浜には大量のアカエイの死骸が目立ちました。
中には座布団ほど大きなものもありました。
貝や鳥たちは健在で、この日は大勢の貝採りの人が目立ちました。
中村ひろ子さんからお誘いをいただいたので、三番瀬自然観察会.撮影会に参加しました。
この日撮影したスナップは、11月28日~12月3日まで船橋の市民ギャラリーで展示されます。

青潮の名残が感じられる干潟です。
c0104227_09385655.jpg


クローズアップすると不思議な文様を作っています。
c0104227_09390608.jpg

ウミネコがしきりに気にかけていたのは……?
c0104227_10062864.jpg

これがアカエイですね。砂浜から引っ張り出しました。
c0104227_10062171.jpg


咥えてはみたものの……。
c0104227_10061493.jpg

うっふん、食べられるかな?
c0104227_10064227.jpg

うーん、どんなものだろうか。
c0104227_10065247.jpg

15分ほどの思案の末に、放棄しました。
お口に合わなかったアカエイはこんな姿をしています。
この長い尾が危険だということですよ。
c0104227_10065912.jpg

こんな面構えです!!
c0104227_10082442.jpg


青潮に負けて哀れです。
c0104227_10082828.jpg


栃木から親子連れで訪れた少年。熱心に観察と撮影。
c0104227_10083683.jpg


これはガザミと呼ばれるワタリガニの仲間でしょうか。
c0104227_10140688.jpg

たくさんのウミネコ。なかなか壮観でした!
潮が満ちてくると、だんだん、海岸に近い場所に移動します。
c0104227_11031519.jpg


貝採りの人。本格的ですね。
c0104227_11032424.jpg

潮が満ちてくるにしたがってミヤコドリたちも姿を見せたと思いますが、この後は、海から上がって、皆さんとよい時間を過ごしました。
からっと青空が見える日になってほしいなあ。

青潮とは
東京湾で夏から秋にかけてしばしばみられる現象で、北~北東の風が吹いたときに表層の海水が沖へ流され、それを補うために底層の溶存酸素の欠乏した水塊が湾奥部の沿岸に湧昇して漁業などに被害を及ぼすもの。貧酸素水塊中の硫化物が表層で酸化されて硫黄となり、乳白色を呈することから青潮と呼ばれています。



by nenemu8921 | 2017-08-22 10:51 | Comments(5)

渡りの季節

一週間ぶりの三番瀬です。
相変わらずの曇天です。

c0104227_21233454.jpg


先週はいなかったオバシギ。2羽入っています。
夏羽が残っていますね。
c0104227_20260918.jpg


1PPという標識がついています。
c0104227_20263383.jpg


こちらは夏羽のダイゼン。
c0104227_20264310.jpg

c0104227_20271190.jpg


オオソリハシシギもかなり入っていました。
c0104227_20281967.jpg

c0104227_20281083.jpg

一番多いのはウミネコです。若鳥もいます。
c0104227_20283659.jpg


c0104227_21242416.jpg

そしてこちらは先週の三番瀬。ミヤコドリの群れ。
c0104227_21312117.jpg



でもね、こんな雲り空のもとでは鳥たちの色が出ず、撮影に熱が入らない。
c0104227_21322653.jpg

でも、この日は面白いものに出会いました。続きは明日です。





by nenemu8921 | 2017-08-20 21:52 | 鳥・動物 | Comments(6)

芝山仁王尊十七夜講

千葉県芝山町の仁王尊観音経寺で、十七夜講が行われるというので、
地元の写友のお誘いで行ってみました。
仁王尊といえば、はにわ祭りで有名ですが、観音経寺は天應元年(781)に創建された天台宗寺院です。由緒深いのですね。

c0104227_17560747.jpg
c0104227_12082966.jpg
c0104227_12075640.jpg


捕獲した魚や鳥獣を野に放ち、殺生を戒める宗教儀式である放生会(ほうじょうえ)も
行われました。
c0104227_00182932.jpg

境内の小さな池に立派な鯉が放たれ、読経が響き渡りました。
c0104227_00103160.jpg


広い境内には手作りの灯りがあちこちにともされ、
c0104227_12094502.jpg


観光客も日暮れとともに集まってきました。
c0104227_12095442.jpg

境内の小流れで、死者たちの魂を弔う灯篭流しも行われました。
c0104227_12103084.jpg


新盆で、私も母の戒名を書いた灯篭を流し、祈りました。
c0104227_12070936.jpg

十七夜講というのは、仏前で音楽を奏して法要を営む管弦講のことだそうで、大震災の復興支援から始められたようです。
三重の搭の下でライブショーが展開されました。
c0104227_17565253.jpg


スコップ三味線の演奏も素敵でしたよ。スコップ三味線!!初めての体験でした!!
c0104227_12090058.jpg

たくさんの団体による出演も華やかでした。
c0104227_18153710.jpg

c0104227_12100416.jpg


c0104227_12322003.jpg

c0104227_17563323.jpg
地元の人たちの手作りの夏祭りという風で、とても気持ちよかったです。
屋台の買い物をするために用意されたチケットは福引付きで、たくさんの景品が用意されていましたが、
私も友人もクジ運には恵まれず、それがとても残念でした(^_-)-☆


by nenemu8921 | 2017-08-19 01:03 | 伝承 | Comments(10)

中村節也さんの仕事

音楽家の中村節也さんから新刊をお送りいただいた。
中村氏は1928年生まれ。若い時からヴァイオリンを学び、作曲家としても活躍され、
賢治研究家としてもいくつもの著作があります。
お元気で素晴らしいですね。
この著は副タイトルにもあるように、幅広い視点から賢治と賢治作品にまつわる興味深いエッセイを集めたもの。
賢治の生きた時代がよみがえってくるような風が感じられます。
c0104227_11201783.jpg

by nenemu8921 | 2017-08-15 11:40 | 賢治情報・スクランブル | Comments(6)

曇天の海

2,3日前の三番瀬です。曇り日でした。
潮が引いた海岸の風景をスケッチするつもりで、切り取りました。
それぞれ、ぜひクリックして大きな画像でご覧くださいね。
c0104227_17324406.jpg


一瞬、日が差したとき。
ウユニ塩湖のイメージを思い浮かべました。
c0104227_17321519.jpg


この情景が好きなんです。
c0104227_17325752.jpg

潮が満ち始めたとき。
干潟はキャンバスになります。
c0104227_17330907.jpg

by nenemu8921 | 2017-08-14 01:28 | 場所 | Comments(4)

樹液レストラン

水元では、出会った若い職員の方に樹液レストランを教えてもらいました。
木立の奥のクヌギの木です。コムラサキ(だと思うのですが)や、アカボシゴマダラ、スズメバチ、カナブンでにぎわっていました。
スズメバチを刺激しないように、こっそり撮影させてもらいました。
近くのクサギの大木の上を黒いアゲハがひらひらしていましたが、停まってくれませんでした。
c0104227_00090722.jpg

c0104227_00095281.jpg
c0104227_00095741.jpg

c0104227_00103364.jpg

c0104227_00102033.jpg
c0104227_00104773.jpg

c0104227_00112071.jpg

c0104227_00133453.jpg

c0104227_00135587.jpg

c0104227_00240832.jpg


c0104227_00163083.jpg

c0104227_00165824.jpg
アカボシゴマダラは去年より見かけることが多くなりました。やれやれ。




by nenemu8921 | 2017-08-13 00:31 | 昆虫・クモなど | Comments(12)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921