<   2017年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

雨の紅葉狩り

台風のさなか、赤城自然園、片品村、奥日光へ千葉県写真連盟の撮影旅行で行ってきました。
傘をさしての撮影も大変でしたが、行程の時間割がたびたび変更になって戸惑いました。
それも雨の勢い次第なのですから、旅行幹事さんもご苦労さまでしたが。
やっぱり、撮影旅行に台風はいただけませんねえ。

片品村に入った時は日暮れて、薄暗くなっていました。
ROW画像を自己流に編集してみました。
画像はクリックすると大きくなります。
c0104227_23434232.jpg


c0104227_23430748.jpg




c0104227_23445534.jpg

c0104227_23472839.jpg



by nenemu8921 | 2017-10-30 23:55 | 場所 | Comments(8)

秋晴れ

久しぶりの秋晴れになりました。

そのうちたうたう秋になりました。
樺の木はまだまっ青でしたが、
その辺のいのころぐさはもうすっかり黄金色の穂を出して、風に光り、
ところどころすずらんの実も赤く熟しました。
                      童話「土神きつね」
c0104227_20504874.jpg

c0104227_20510544.jpg
物語の舞台は岩手山山ろくの一本木野というところです。
宮沢賢治は盛岡留学時代、この付近で発火演習に参加しています。
現在は自衛隊の演習地になっていて、入れません。
野生の日本スズランが今もあるかしら。赤い実が見たいなあ。




by nenemu8921 | 2017-10-27 22:09 | 植物 | Comments(12)

光と影

台風一過の朝、南画院・写真展の搬入・展示を手伝いに東京都美術館へ行きました。
午後から晴れましたが、風が強く、交通機関が一部麻痺した状態だったので、
搬入が遅れ、待ち時間が長く、疲れてしまったので、美術館の内と外の周囲を散歩しました。

おなじみのオブジェ。青い空が映り込んでちょっとシュールな光景になりました。
c0104227_22534103.jpg

外の休憩ベンチからの光景。金属製のポールにも映り込みが不思議な模様を作っています。
c0104227_23105585.jpg


銀杏の葉が風に波立っていました。かなりの大木です。
c0104227_22522672.jpg

c0104227_22525139.jpg

月曜日だったので、ほとんどの展示はクローズされていて、ロビーの人も少なかったのです。
c0104227_23114340.jpg


休憩室の窓に写ったイチョウの葉とロールスクリーンの影
c0104227_23112430.jpg

c0104227_23403483.jpg

すこしデジタル編集して遊んでみました。
c0104227_23222703.jpg



by nenemu8921 | 2017-10-25 23:43 | 場所 | Comments(8)

ローズ・ヒップ

バラ園の中には小さなガゼボがいくつかあります。
ここにはアースカラーのバラのアレンジ・フラワーが飾られていました。
c0104227_08502436.jpg

c0104227_08503714.jpg

その背後には、野ばら系のバラの植え込みがあります、
それがみな見事なローズヒップになっていました。
c0104227_23213233.jpg


c0104227_23222421.jpg

これはナニワイバラ(ロサ・レピガータ)のローズヒップです。
c0104227_23234991.jpg

c0104227_23422924.jpg

また、バラ園の一角には「ベルサイユのばら」を特集したテラスもありました。
c0104227_23250841.jpg

登場人物の解説とそのバラが紹介されていました。
登場人物は、薔薇のイメージから創作されたのですね。
c0104227_23264844.jpg

c0104227_23260544.jpg

c0104227_23271877.jpg


アンドレの黄バラはこんな花だったのね。
c0104227_23285915.jpg

c0104227_23274896.jpg

c0104227_23293596.jpg

ロザリーラの花はまだ開いていませんでした。
つぼみのイメージが似合うのかな。
c0104227_23304846.jpg


c0104227_23325538.jpg

c0104227_23314938.jpg

それ以外にもなつかしい品種のたくさんの花がありました。
c0104227_23343778.jpg

c0104227_23375161.jpg


心に残ったのは、たわわに実ったリンゴの実、鳥にも突かれず、たくさん落果していました。
おいしくないのかな。姫リンゴかな。実は大きかったです。
c0104227_20335246.jpg

超大型の台風が日本列島に近づいています。
選挙結果も気になる夜です。
皆さんのお近くでは、大きな被害が出ませんように。


by nenemu8921 | 2017-10-22 20:40 | 植物 | Comments(10)
バラ園には奥の一角に野草が無造作に植えられた小さな雑木林があります。
ほとんど人が訪れないところなのですが、小鳥の声が響き、落ち着けるので、私は気に入っています。
そこで出会った野草は園芸種なのか、自生しているものか、わかりませんが…。
手を入れていないからか、思わぬ秋の長雨の故か、どの植物も葉っぱがボロボロでした。
どの画像もクリックすると大きくなります。

c0104227_22080623.jpg

ホトトギスの仲間でしょうが、品種名はわかりません。
c0104227_22181452.jpg


c0104227_22160750.jpg

リンドウですね。これも園芸種っぽいですね。花びらに斑が入っています。
c0104227_22073712.jpg


これは何かしら。たくさんの株がありました。
マルバフジバカマ(丸葉藤袴、学名Ageratina altissimaキク科アゲラティナ属の多年生植物でした。
konekoさんにご教示いただきました。ありがとうございます。
c0104227_22153790.jpg


トリカブトですね。最後の花を健気に咲かせていました。
こんなところで出会えるなんて~~♪♪
c0104227_22165449.jpg


末枯れつつある紫陽花。
c0104227_22212254.jpg

これもフウロソウの仲間でしょうが、園芸種の植え込みの中で見つけました。
小さいけれど、華やかに咲いていました。
最近は、野草やハーブの仲間も、次々見慣れないものが出回って、とても覚えきれません。
c0104227_22215158.jpg


林の中で見つけた虫さん。うす暗いところにいて、iso感度をオートにしたら、10000になっていました。(@_@)
オオホシカメムシだそうです。「ホシの小父さん」さまにご教示いただきました。
c0104227_22301952.jpg


林の出入り口で門番のように構えていました。サルノコシカケですよね。
c0104227_22074743.jpg


by nenemu8921 | 2017-10-20 00:10 | 植物 | Comments(12)

今年の薔薇園

ようやくお日さまの顔を見ることができました。
所用があって出かけたついでに薔薇園に寄ってみました。
オータムフェアをやっていました。新しい品種が多かったけれど、降り続いた雨で花はお疲れ気味でした。
でもつぼみがたくさんありましたから、これからが本番でしょうね。
花びらが痛んでいない花を探して撮影しました。

c0104227_18213690.jpg


でも、薔薇はついつい同じような写真になってしまうのはなぜかしら。
c0104227_18221629.jpg

ホワイト・メイデイランドという品種です。
秋薔薇のせいか、小ぶりですね。
c0104227_18233792.jpg


c0104227_18223474.jpg


ひっそりと咲いていたレイニー・ブルー。今年の秋のイメージですね。(^_-)-☆
c0104227_18242881.jpg
c0104227_18230972.jpg


薔薇だけでなく、園芸種の植え込みも沢山あります。
キバナコスモスにはアカタテハでしょうか。
ツマグロヒョウモンでした。(汗…)
いつもご教示ありがとうございます。
c0104227_18481190.jpg



by nenemu8921 | 2017-10-18 18:55 | 植物 | Comments(6)

本行徳五ヶ町大祭②


五ヶ町は、江戸時代に成田山へ詣でる人の歩いた行徳街道沿いにあり、
たくさんの神社やお寺があります。
クリックして大きな画像でご覧くださいませ。
c0104227_13221445.jpg
c0104227_13212104.jpg


神輿を担ぐことを「もむ」と言いますが、ここでは独特のもみかたです
神輿の重さは約480㎏、白装束のもみ手24名の男性で担ぎます。
c0104227_15432538.jpg

神輿を頭上高く片手で上げる「さし」
c0104227_15423857.jpg

c0104227_15425604.jpg

c0104227_15442476.jpg

頭よりも高く投げ上げてから受け止める「放り上げ」、
c0104227_16143334.jpg
c0104227_15450888.jpg


地面すれすれまで下げる「地すり」など。実に勇壮です。
町内ごとに練り歩きます。
c0104227_16131148.jpg

c0104227_16241410.jpg


途中で雨がひどくなり、休憩に入ったので私は撤収しました。
ブーツが雨でぬれ足がしびれてしまったのです。
でも祭りは休憩を取りながら最後まで頑張ったそうです。
ラストまで見届けることができず心残りでした。
c0104227_08311111.jpg
c0104227_08300211.jpg
素晴らしいお祭りでした。晴れてほしかったなあ。





by nenemu8921 | 2017-10-17 08:34 | 祭り | Comments(6)

本行徳五ヶ町祭り①

各地で秋祭りが盛んですが、あいにくの雨の週末ですね。
隣町の本行徳で、古い伝統の五ヶ町祭りがあるというので行ってみました。
神輿の霊入れが3時からというので、早起きしました。
画像はクリックしてご覧くださいね。

c0104227_22251222.jpg

c0104227_22241037.jpg
c0104227_22392779.jpg
c0104227_22355506.jpg
c0104227_22361940.jpg
c0104227_22324956.jpg
c0104227_22350523.jpg
さあ、これから神輿の練り歩きです。
つづきは明日です。



by nenemu8921 | 2017-10-15 22:43 | 祭り | Comments(8)

三番瀬で出会った鳥たち

翌日も良いお天気ったので、又三番瀬へ行きました。
貝採りの人たち、磯遊びのファミリー。バードウォッチャー、にぎやかでした。
頑張って大きなレンズを担いで鳥たちをアップで撮りました。
ミヤコドリの次に、ウミネコの群れが目立ちました。何しろ体が大きいですから。
それからハマシギ、ミユビシギが増えました。
c0104227_17181018.jpg

ウミネコの群れ。若鳥も交じっています。
c0104227_19531702.jpg

オオソリハシシギ。
c0104227_19533809.jpg
冬羽になっています。
c0104227_20411288.jpg



ハマシギの群れ。
c0104227_14144585.jpg

これがアメリカウズラシギ? 違いますねえ!!
バーダーの皆さんがそう言って、夢中で見ていましたが、どうも小さすぎます。
シロチドリの幼鳥かな。
長いこと水浴びをしていましたが、逆光気味で識別は難しかったようです。
c0104227_13594657.jpg


この時期のシギチドリは、夏羽から冬羽へ移行時期で羽色も定まらないし、幼鳥も交じっています。
逆光の中では識別は難しいですね。
c0104227_20381620.jpg


c0104227_14274701.jpg


こちらはミユビシギ。完全な冬羽ですね。
c0104227_13210518.jpg


脚を持ち上げたところ。足指が3本確認できますか。
c0104227_13204047.jpg

これはオバシギかな。コオバシギ?
c0104227_20402030.jpg
c0104227_20394790.jpg


少数派のチュウシャクシギ。逆光でした。
c0104227_19530219.jpg


こちらはまだ夏羽が残っているダイゼン、好物のゴカイをうまく捕まえました。
c0104227_19540696.jpg

水鏡に映っているのは、だあーれ。
c0104227_13191771.jpg


この日もキラキラの太陽で干潟は真夏のように暑かったです。
サギたちもたくさん集まっていました。
c0104227_13231646.jpg

かわいい表情を見せてくれたシロチドリ。
c0104227_13200578.jpg


たくさん撮影したので、整理が追いつきません。お見苦しいまま載せます(>_<)
三番瀬の雰囲気を味わってください。
c0104227_17173692.jpg



by nenemu8921 | 2017-10-12 17:23 | 鳥・動物 | Comments(10)

ミヤコドリ飛来

中潮で晴天でした。
遠くから訪れたバーダーも、貝採りの人も多かったです。
それ以上に多かったのは、ミヤコドリです。300羽は優に超えていました。
よく飛んでくれました。飛ぶ鳥撮影の練習になりました。
ズームレンズで遊びました。
陽が差したり、雲に入ったりの天候でしたが、潮の引いた砂浜はキラキラ光り鏡のようでした。
c0104227_21342035.jpg

c0104227_23415537.jpg

c0104227_23410021.jpg
c0104227_21312255.jpg
c0104227_21335067.jpg



c0104227_23443712.jpg

c0104227_23452145.jpg

c0104227_23541052.jpg

c0104227_23552927.jpg
ミヤコドリ(チドリ目ミヤコドリ科)Haematopus ostralegus 都鳥 

伊勢物語で名にし負はばいざこと問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」と歌われているのは、

カモメ科のユリカモメのことで、この標準和名のミヤコドリではない。






by nenemu8921 | 2017-10-10 00:12 | 鳥・動物 | Comments(18)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921