【138】 アカシヤ

アカシヤの木の洋燈(ラムプ)から
風と睡さに
朝露も月見草の花も萎れるころ
鬼げし風のきもの着て
稲沼(ライスマーシュ)のくろにあそぶ子
             詩〔アカシヤの木の洋燈(ラムプ)から〕

c0104227_8565395.jpg

ハリエンジュ(マメ科)針槐←アカシヤ
明治初期に渡来した落葉高木。各地に広く植えられ、野生化している。別名ニセアカシア。
5、6月、大形の花序をたらし、芳香のある白色の蝶形花を開く。
明治期に日本に輸入された当初は、このニセアカシアをアカシアと呼んでいた。後に本来のアカシア(ネムノキ科アカシア属)の仲間が日本に輸入されるようになり区別するためにニセアカシアと呼ぶようになったが、今でも混同されることが多い。たとえば、札幌のアカシア並木も、アカシア蜂蜜として売られているものも、西田佐知子のヒット曲『アカシアの雨がやむとき』、石原裕次郎のヒット曲『赤いハンカチ』や北原白秋の『この道』に歌われる"アカシアの白い花"もすべてニセアカシアである。

c0104227_972129.jpg

オニゲシ(ケシ科ケシ属)鬼芥子
西南アジアのアルメニア、イラン北東部、トルコが原産の多年草。山地の下部から丘陵地帯の、日当たりが良い砂礫の多い斜面や草原などに自生する。和名は、葉や茎に粗い毛があるところから。英名(oriental poppy)から、オリエンタルポピーとも呼ばれる。

「春と修羅」第三集中の作品。「アカシヤの木の洋燈」は房状に垂れる花を灯りに見立てたもの。稲沼(ライスマーシュ)は水田のこと。くろは田の畦。
農村の初夏のありふれた風景も、賢治のイーハトーブ用語に置き換えて翻訳されると、別の世界が立ち上がってくるようだ。
# by nenemu8921 | 2007-05-25 09:33 | 植物 | Comments(2)

【137】 睡蓮 

日脚がぼうとひろがれば
つめたい西の風も吹き
黒くいでたつむすめが二人
接骨木薮(ニワトコヤブ)をまはってくる
けらを着 縄で胸をしぼって
睡蓮の花のやうにわらひながら
ふたりがこっちへあるいてくる
         詩〔日脚がぼうとひろがれば〕


c0104227_7525626.jpg

スイレン(スイレン科スイレン属)睡蓮
スイレンは園芸上の呼び名。和名はヒツジグサ(未草)。「未の刻(今の午後 2 時)」に咲くのが命名の由来というが、実際は明るくなると開き、暗くなると閉じる。

この作品は書き始めた形(下書稿一)が、「曠原淑女」というタイトルを持っていて、旧全集や教科書ではそのかたちが紹介されているため、それに馴染んでいる人も多いと思う。
下書稿(一)では萓草の花のやうに
下書稿(二)では星座のやうに わらひながらとなっていた。それぞれ、だいぶイメージが違いますね。
# by nenemu8921 | 2007-05-21 08:33 | 植物 | Comments(4)

【136】 地しばり

黄いろな花もさき
あらゆる色の種類した
畦いっぱいの地しばりを
レーキでがりがり掻いてとる
川はあすこの瀬のところで
毎秒九噸(トン)の針をながす
(略)
            詩〔黄いろな花もさき〕

c0104227_1424117.jpg

c0104227_1465766.jpg

ジシバリ(キク科ニガナ属)地縛り
多年草。細長い茎が地面を這い、ところどころで根をおろすところが、まるで地面を縛るように見えることからこの名がある。
手入れをしていない畑や、畦や路傍にも群生する。

レーキ(rake)はくまで。長い木製の柄の先にクマの爪のような鉄爪を4,5本指状に並べた鍬。
草や牛ふんなどをかき集めたり、土を掘り起こしたり、ならしたりする農具

ジシバリは、開墾する賢治を悩ませた植物である。
# by nenemu8921 | 2007-05-20 02:27 | 植物 | Comments(0)

【135】 ホタルカズラ

(略)
さっき峠の上あたりでは
山鳩もすうすう啼けば
ほたるかづらの花も咲き
野馬も光って遊んでゐたが
いまはすっかり雲ってしまひ
あたりの山におぼろで見えず
雀がくれの苗代に
霰は白く降り込んでゐる 
(略)
              詩「霰」(下書稿(一)」


c0104227_11594462.jpg

ホタルカズラ(ムラサキ科ムラサキ属)蛍葛
乾いた山地や丘陵に生える多年草。4~5月に茎の上部の葉のつけ根に直径1.5cmほどの瑠璃色の花を咲かせる。

今年はもう行き会えないかと思っていたが、千葉市郊外の農村で偶然見つけた。咲き残りの最後の花といった風情だった。

山峡の小さな村へ、稲作指導で訪れた折、会場の小学校に到着する前に思いがけなく霰に降られたときの情景がうたわれている。
消防小屋の軒下に霰を避けてたたずんでいる詩人の目に、鍬を担いだり、のみ水の桶を持ったりして、はだしで家にかけこむ村人が目に留まり、それを大和絵巻の手法だとつぶやいたりしている。口語詩稿に分類されている作品である。
# by nenemu8921 | 2007-05-19 12:10 | 植物 | Comments(5)

【134】 黄ばら

狼(オイノ)のごとく
朝早く行くなり
ひがしぞら、黄ばらにひかり哂ひせり  
              歌稿〔B〕226

c0104227_1851436.jpg
ゴールデン・メダイヨン

ひゞ入りて
凍る黄ばらのあけぞらを
いきをもつかず かける鳥はも 
             歌稿〔B〕637
c0104227_1826557.jpg
サハラ

(略)
今朝黄金の薔薇東はひらけ
雲ののろしはつぎつぎのぼり
高圧線もごろごろ鳴れば
澱んだ霧もはるかに翔けて
見給えたうたう稲穂は起きた
(略)        
          詩「和風は河谷いっぱいに吹く」下書稿(四)

c0104227_17463578.jpg
ヘンリー・フォンダ

「賢治が愛した薔薇」というキャッチフレーズで、最近、「グリス・アン・テプリッツ(日光)」という薔薇のことが話題になっている。その信憑性はともかく、賢治が書き残した原稿の中で、一番数多く登場するバラは、野ばらである。香りのイメージが多いが、羅須地人協会時代にはその薮に悩まされた様子も感じられる。
いわゆる西洋薔薇に関しては、あけがたの空やお日さまの比ゆとして登場する。それもみな、黄ばらである。

宮沢賢治の愛した薔薇については、宮沢賢治の詩の世界で、丁寧に、そのいきさつを解説しているので興味のある方はこちらをどうぞ。
薔薇は時代によってさまざまに進化してきた植物で、現在バラ園でわれわれが見る薔薇の多くは戦後のものが多いようだ。詩句のイメージから黄ばらを選んでみた。

短歌226は、大正三年四月に分類されているもの。盛岡中学校を卒業して悩み多き春だった時のもの。哂うは含み笑いをする。微笑む、失笑するなどのニュアンスがある。
短歌637は、大正六年七月からに分類されている。盛岡高農三年生のとき。
「和風は河谷いっぱいに吹く」は、「春と修羅」第三集のなかの1篇。最終稿では削除された部分である。
# by nenemu8921 | 2007-05-18 19:07 | イメージ | Comments(4)

【133】 かきつばた

測量班の人たちから
ふたゝびひとりぼくははなれて
このうつくしいWind Gap
緑の高地を帰りながら
あちこち濃艶な紫の群落
日に匂ふかきつばたの花彙(かい)を
何十となく訪ねて来た
(略))
      詩「若き耕地課技手のIrisに対するレシタティヴ」


c0104227_4424110.jpg

c0104227_443415.jpg
画像提供は画像提供はyonoさんです。


カキツバタ(アヤメ科アヤメ属)杜若
水湿地に生える多年草。内花被片が細く直立し,外花被片の中央部に白ないし淡黄色の斑紋があることなどを特徴とする。

Irisuはアヤメ科の学名。賢治作品ではアイリス、イリスという表現が多い。
Wind Gapは地理学で風隙(ふうげき)のこと。風谷とも。風の通り道。
花彙は賢治の造語。彙はたぐい、同類、その集まりを示すことから、ここはアヤメ科の花の群落といった意味か。
耕地課技手といった役職もおそらく賢治の造語。測量に携わる者を詩的に表現したもの。
レシタティヴは音楽用語で、叙唱(レチタティーヴォ)。朗読調の独唱歌曲。

準平原に群生しているアイリスへの「はてしない愛惜」をささげた歌である。
測量という表現やこの前後の作品を読むと、種山ヶ原麓あたりを開墾するための計画に賢治がかかわっていたらしいと推測されるが、伝記上は不明。資料も見当たらない。
どなたか、ご存知の方がいらしたらご教示願いたい。
# by nenemu8921 | 2007-05-17 05:34 | 植物 | Comments(4)
朝の厚朴(ほう)
たゝえて谷に入りしより
暮れのわかれはいとゞさびしき
             歌稿B466


c0104227_21391920.jpg

ホオノキ(モクレン科モクレン属)厚朴(ほう)
北海道から九州に分布する落葉高木。高さ20~30mになる。
主に谷筋などに生育するが二次林の中にも時折生育が見られる 。
賢治のお気に入りのマグノリア(モクレン科の学名、magnolia)である。

賢治がよく散策したという胡四王山には、現代では宮沢賢治記念館宮沢賢治イーハトーブ館の建物がありますが、この山にはたくさんのホオノキが自生しています。
# by nenemu8921 | 2007-05-16 22:38 | 植物 | Comments(0)

【131】 つめくさ

「おや、つめくさのあかりがついたよ。」ファゼーロが叫びました。
なるほど向ふの黒い草むらのなかに小さな円いぼんぼりのやうな白いつめくさの花が
あっちにもこっちにもならび、そこらはむっとした蜂蜜のかをりでいっぱいでした。
                              
c0104227_0545292.jpg

「あのあかりはねえ、そばでよく見るとまるで小さな蛾の形の青じろいあかりの集りだよ。」
「そうかねえ、わたしはたった一つのあかしだと思ってゐた。」
「そら、ね、ごらん、さうだらう、それに番号がついてるんだよ。」

c0104227_05532100.jpg

処々にはせいの高い赤いあかりもりんと灯り、その柄の処には緑いろのしゃんとした葉もついてゐたのです。

c0104227_2112931.jpg

つめくさの花はちゃうどその反対に明るく、まるで本統の石英ラムプでできているやうでした。
                                      童話「ポラーノの広場」

c0104227_2141476.jpg


シロツメクサ(マメ科シャジクソウ属)
ヨーロッパ原産の多年草。江戸時代にオランダからガラス器が送られてきたとき、こわれないように本種を詰めものにしていたことからこの名が生まれた。
クローバーの名前でも親しまれている。

ムラサキツメクサ(マメ科シャジクソウ属)←アカツメクサ
帰化植物。ヨーロッパ原産の多年草。

童話「ポラーノの広場」は、つめくさの灯りをたよりに、ポラーノの広場という理想世界を探しにいく物語だ。
宮沢賢治はしばしば夜の散歩に出たという。暗がりの中で白くぼっと咲いているつめくさの花とその香りが、この物語を賢治に書かせたのだ。
# by nenemu8921 | 2007-05-14 01:44 | 植物 | Comments(10)

【130】 ち萱 

すがれのち萱を
ぎらぎらに
青ぞらに射る日
      川は銀の
      川は銀の
(略)
       詩〔すがれのち萱を〕
c0104227_2124927.jpg


c0104227_213447.jpg


チガヤ(イネ科チガヤ属) 茅 千茅 血萱 千萱
河原や野原、土手などに群生している多年草。
若い花穂は甘みがあり、昔は子どもがよく口にした。

チガヤの群生した情景はぎらぎらに晴れた日がよく似合う。
川の流れも銀いろに輝いている。
賢治は川の流れや水や海を水銀と形容する表現も多い。
画像はチガヤの花穂である。
# by nenemu8921 | 2007-05-13 02:40 | 植物 | Comments(2)
夜の間に吹き寄せられた黒雲のへりが
潜んだ太陽に焼けて凄まじい朝になった
今日の設計には
あの悪魔風の鼠と赤とを使ってやらう
口をひらいた魚のかたちのアンテリナムでこさえてやらう
いまにあすこはみんな魔窟にかはるのだから
(略)                詩ノート「悪意」


c0104227_20575056.jpg

c0104227_20581256.jpg

c0104227_20583749.jpg

キンギョソウ(ゴマノハグサ科キンギョソウ属)
アンテリナム( Antirrhium majus)は学名。地中海沿岸原産の1年草。
花の色は赤・桃 ・白 ・橙 ・黄 ・複色。
矮小性のリナリア(ヒメキンギョソウ)など、種類も多い。
花の形が独特なので、ドラゴンスナップ(英名)などと多彩な名前を持つ。
金魚の養殖で有名な愛知県弥富市の市の花にもなっている。

宮沢賢治は文学的レトリックともいえるが、植物に対して独特のイメージを持っていたようだ。
作品の背景には、教え子のひとりから花巻温泉の花壇設計の助言を求められたものの、温泉街が魔窟?歓楽街になることを憂える気持ちが強く作用している。
悪意をこめてアンテリナムを植えてやろうとつぶやいているのだが……。
この日の朝の空模様がそんな連想をさせるような凄まじいものだったのだろうか。
キンギョソウは実際育ててみるとかわいい花だ。
# by nenemu8921 | 2007-05-12 13:03 | 植物 | Comments(2)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921