芝山仁王尊十七夜講

千葉県芝山町の仁王尊観音経寺で、十七夜講が行われるというので、
地元の写友のお誘いで行ってみました。
仁王尊といえば、はにわ祭りで有名ですが、観音経寺は天應元年(781)に創建された天台宗寺院です。由緒深いのですね。

c0104227_17560747.jpg
c0104227_12082966.jpg
c0104227_12075640.jpg


捕獲した魚や鳥獣を野に放ち、殺生を戒める宗教儀式である放生会(ほうじょうえ)も
行われました。
c0104227_00182932.jpg

境内の小さな池に立派な鯉が放たれ、読経が響き渡りました。
c0104227_00103160.jpg


広い境内には手作りの灯りがあちこちにともされ、
c0104227_12094502.jpg


観光客も日暮れとともに集まってきました。
c0104227_12095442.jpg

境内の小流れで、死者たちの魂を弔う灯篭流しも行われました。
c0104227_12103084.jpg


新盆で、私も母の戒名を書いた灯篭を流し、祈りました。
c0104227_12070936.jpg

十七夜講というのは、仏前で音楽を奏して法要を営む管弦講のことだそうで、大震災の復興支援から始められたようです。
三重の搭の下でライブショーが展開されました。
c0104227_17565253.jpg


スコップ三味線の演奏も素敵でしたよ。スコップ三味線!!初めての体験でした!!
c0104227_12090058.jpg

たくさんの団体による出演も華やかでした。
c0104227_18153710.jpg

c0104227_12100416.jpg


c0104227_12322003.jpg

c0104227_17563323.jpg
地元の人たちの手作りの夏祭りという風で、とても気持ちよかったです。
屋台の買い物をするために用意されたチケットは福引付きで、たくさんの景品が用意されていましたが、
私も友人もクジ運には恵まれず、それがとても残念でした(^_-)-☆


# by nenemu8921 | 2017-08-19 01:03 | 伝承 | Comments(10)

中村節也さんの仕事

音楽家の中村節也さんから新刊をお送りいただいた。
中村氏は1928年生まれ。若い時からヴァイオリンを学び、作曲家としても活躍され、
賢治研究家としてもいくつもの著作があります。
お元気で素晴らしいですね。
この著は副タイトルにもあるように、幅広い視点から賢治と賢治作品にまつわる興味深いエッセイを集めたもの。
賢治の生きた時代がよみがえってくるような風が感じられます。
c0104227_11201783.jpg

# by nenemu8921 | 2017-08-15 11:40 | 賢治情報・スクランブル | Comments(6)

曇天の海

2,3日前の三番瀬です。曇り日でした。
潮が引いた海岸の風景をスケッチするつもりで、切り取りました。
それぞれ、ぜひクリックして大きな画像でご覧くださいね。
c0104227_17324406.jpg


一瞬、日が差したとき。
ウユニ塩湖のイメージを思い浮かべました。
c0104227_17321519.jpg


この情景が好きなんです。
c0104227_17325752.jpg

潮が満ち始めたとき。
干潟はキャンバスになります。
c0104227_17330907.jpg

# by nenemu8921 | 2017-08-14 01:28 | 場所 | Comments(4)

樹液レストラン

水元では、出会った若い職員の方に樹液レストランを教えてもらいました。
木立の奥のクヌギの木です。コムラサキ(だと思うのですが)や、アカボシゴマダラ、スズメバチ、カナブンでにぎわっていました。
スズメバチを刺激しないように、こっそり撮影させてもらいました。
近くのクサギの大木の上を黒いアゲハがひらひらしていましたが、停まってくれませんでした。
c0104227_00090722.jpg

c0104227_00095281.jpg
c0104227_00095741.jpg

c0104227_00103364.jpg

c0104227_00102033.jpg
c0104227_00104773.jpg

c0104227_00112071.jpg

c0104227_00133453.jpg

c0104227_00135587.jpg

c0104227_00240832.jpg


c0104227_00163083.jpg

c0104227_00165824.jpg
アカボシゴマダラは去年より見かけることが多くなりました。やれやれ。




# by nenemu8921 | 2017-08-13 00:31 | 昆虫・クモなど | Comments(12)
毎年8月4日、5日は、匝瑳市八重垣神社の祇園祭が盛大に行われます。
20数基の神輿が繰り出され、笛、太鼓の軽快なお囃子に合わせ、「あんりゃどした」という威勢の良い掛け声が響きます。
4日は女みこしが繰り出され、5日は水かけ祭りとしてもよく知られています。
4日の午後から出かけてみました。
画像はクリックすると大きくなります。
c0104227_21281905.jpg

c0104227_21283404.jpg

c0104227_21284747.jpg

c0104227_21300551.jpg

c0104227_21294443.jpg


c0104227_21295462.jpg

c0104227_21303360.jpg

c0104227_21304696.jpg

c0104227_21310300.jpg

c0104227_21313581.jpg

c0104227_21315084.jpg
c0104227_21330802.jpg
c0104227_21323903.jpg
c0104227_21325464.jpg

c0104227_21333287.jpg

c0104227_21301199.jpg
陽が落ちてから祭りは最高潮に達します。
素晴らしいお祭りでした。
ここ数年は、八日市場の水かけ祭りで、「ああ夏だわぁ」と、実感します。
5日には行けなかったのが残念でした。


# by nenemu8921 | 2017-08-11 08:12 | 祭り | Comments(6)
気温35度を超え、今年で一番暑い日。
チョウトンボに会いたくて出かけました。撮っても撮っても飽きない被写体です。
画像はクリックすると、みな大きくなります。
c0104227_12142192.jpg

翅の先端は透明ですが、光の角度によって、虹色に輝きます。
c0104227_12134638.jpg


c0104227_12140714.jpg


後翅は幅広く、そのためトンボと思えない多様なポーズを見せてくれます。
c0104227_12131492.jpg


c0104227_12125011.jpg


翅の金属光沢も黒く見えるときも、ブルーに見えるときも、ムラサキに見えるときもあります。
c0104227_12120152.jpg


このように尾を立てるのは、暑さ除けという説もあるそうですが…。
c0104227_12121789.jpg


c0104227_12114954.jpg

このトンボはヒラヒラ飛ぶので、チョウトンボという命名になったとか。
なるほど…と思いますね。
c0104227_12541396.jpg

しかし、撮影は難しい! 
c0104227_12544439.jpg

久しぶりの水元公園。ここのチョウトンボを撮影せずに夏が終わってはたいへん!と思って頑張りました。



# by nenemu8921 | 2017-08-10 13:04 | 昆虫・クモなど | Comments(10)

カルガモファミリー

ここでいつも出会うオシドリの姿はなく、カルガモばかりがくつろいでいました。
c0104227_22490873.jpg



c0104227_22503071.jpg


c0104227_22490094.jpg


大家族でしょうか。この春生まれの若鳥も交じっているのかな。
c0104227_22482867.jpg

おまけです。タマムシだと思うのですが…。
見つけたものの、すぐに飛ばれてしまいました(>_<)
タマムシは縁起の良い、幸運をもたらすものという俗信がありますが、幸運が訪れるかなあ。
c0104227_23505808.jpg


# by nenemu8921 | 2017-08-09 23:57 | 鳥・動物 | Comments(4)

キツネノカミソリ

もう、咲いている!というブロ友さんの情報を聞いて、立ち寄ってみました。
いつもは、8月のお盆のころに満開になるのですが……。
千葉市郊外の泉自然公園のキツネノカミソリです。
c0104227_20463069.jpg

c0104227_20474540.jpg

c0104227_20471669.jpg

c0104227_20480023.jpg

c0104227_20484624.jpg
泉は広い森のような公園ですが、この花の群落になっているところに行きつくまでに、
だいぶ道を迷ってしまいました。何回も来ているというのに。
化かされた雰囲気風に撮影してみました。(^_-)-☆
この日8月4日でしたが、このとき4~5分咲きぐらいでしょうか。
これからこのあたりいちめんがオレンジ色になります。
葉がカミソリのように細長い形状をしているところからのネーミングだそうですが、
一体狐はカミソリをどんなことに使うのだろうかと思ってしまいます。






# by nenemu8921 | 2017-08-07 21:36 | 植物 | Comments(16)

小さなもの

小さなもの、はかないものが目に留まります。
これはゴイシジミでしょうか。  ヤマトシジミでした。

c0104227_17341659.jpg



これはヒメシジミ? ツバメシジミでした。
c0104227_17344669.jpg
 

これはアカタテハでしょうかヒメアカタテハです。
c0104227_16170881.jpg

もっとよく見せてね。
c0104227_16170534.jpg

そして、これはベニシジミですよね。
c0104227_02433381.jpg

c0104227_02433943.jpg

あら、あら、ポカしちゃった! 
友よ。皆さん、ご親切にありがとうございました。
めげずに続けます。これからもどうぞ、よろしくね。



# by nenemu8921 | 2017-08-05 02:12 | 昆虫・クモなど | Comments(12)

オニバス

立ち寄った佐倉の川村記念美術館で見つけました。
久しぶりでしたが、園内はリニューアルされたらしく、整備されていました。
オニバスです。小雨交じりの昼過ぎ。閉じかけた花。小さな狭い池なのです。
最近ではオニバスもあちこちの公園に導入されて、気軽に見られるようになりましたが。
でも、なんだか、何もかも矮小化されていく印象もあります。
オニバスさん、この国の風土、ウサギ小屋に順応してますね(^_-)-☆
c0104227_15454702.jpg

c0104227_15455168.jpg

オニバスの花は小さく、葉は大きい!
花だけのアップではわからないですよね。
この上をバンのヒナが歩くシーンを撮りたいなあ。
c0104227_15455473.jpg


c0104227_16175685.jpg

c0104227_17455878.jpg
でも、
「ここでなつかしい植物に出会えてうれしい」という高齢の昔の山ガールさんに
しみじみ言われたことがあります。
そこでは、高山植物などを植栽して、ご苦労して管理している公園でしたが、
正直なところ、かなり無理な印象もありました。
お立場によって、感想は様々ですね。




# by nenemu8921 | 2017-08-03 21:32 | 植物 | Comments(11)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921