写真展

千葉県の写真展です。
ちょっとご挨拶が遅れました。今週末までです。
今回は奨励賞(千葉県写真連盟会長賞)を受賞しました。
ご案内を差し上げるべきところ、失礼しています。
私の作品は拙いものですが、多くの素晴らしい作品が展示されています。
ついでがあれば、ぜひ、ご覧ください。


c0104227_11293018.jpg

c0104227_11301375.jpg

受賞した作品は「青天のヘキレキ」です。あの雷の写真です。(^_-)-☆
c0104227_14450644.jpg


こちらは9月から展示されます。
「東金市長賞」(第1部門・千葉の伝統・文化)
「入選」(第3部門・ネイチャー)を受賞しました。
ありがとうございました。
c0104227_11302066.jpg


c0104227_11344227.jpg


「牛尾の蛇祭りだぁ」(第1部門)
c0104227_19343785.jpg



「雫は罠です」(第3部門)
食虫植物のイシモチソウです。
c0104227_15041420.jpg
関係者の皆様、ありがとうございました。

# by nenemu8921 | 2017-08-03 15:11 | 写真関係 | Comments(3)

レンゲショウマ

小さな公園の片隅で、小さな株を見つけました。
蚊に刺されながら、ていねいに撮りました。
曇り日で光の応援なく…。
c0104227_17404298.jpg

c0104227_17404830.jpg

c0104227_17405367.jpg
うーん、なるほど蓮華、蓮の花に似ていますね。
でも、あまりにも小さい!!

# by nenemu8921 | 2017-08-02 17:44 | 植物 | Comments(10)

ムクドリ

巣立った鳥たちが目立つ季節である。
お寺で蓮の撮影の折、向かいの木立の中に、
ムクドリの小集団が、まだ青いガマズミの実を啄んでいる姿が目に止まった。
c0104227_14445492.jpg

c0104227_14455790.jpg


c0104227_14472842.jpg

c0104227_14472021.jpg


c0104227_14484949.jpg

c0104227_14453365.jpg



ちょっと群れから離れて、一人前宣言!でしょうか。
c0104227_14473581.jpg

こちらは墓石の上で羽繕い。
くつろいで繰り返し、右も左も丹念に手入れしていました。
c0104227_14474255.jpg


c0104227_14474631.jpg

嘴や脚がまだ黄色いですね。でも面構えはなかなか凛々しいでしょう。
c0104227_14484397.jpg

宮沢賢治の作品に登場するムクドリは、すべて百舌、もずと表記されています。
当時の東北地方では、ムクドリのことをモズと方言で呼ぶのが普通でした。
以前、ご紹介した「賢治のモズはムクドリである」は、こちらのページを見てね。
http://nenemu8921.exblog.jp/6243205/

# by nenemu8921 | 2017-08-01 11:40 | 鳥・動物 | Comments(2)
先日のヤマユリの撮影の折、出会った昆虫です。
アゲハも姿を見せてくれましたが、お気に入りはアキノタムラソウ?でしょうか。
ヤマユリに停まってほしかったぁ
画像はクリックすると大きくなります。

c0104227_14330940.jpg


連写で撮るも、いいポーズの時もじっとはしてくれないのですよ。(>_<)
ピンがあまーい(>_<)
c0104227_14331721.jpg


光線がイマイチですね。
c0104227_14334338.jpg


こちらは草むらがお好きなウラナミジャノメかな。
c0104227_14314126.jpg



ヒメウラナミジャノメはヌマトラノオがお気に入り?
c0104227_14343039.jpg

これは産卵中なのかな? 地味な蝶の必死の営み?
c0104227_14342519.jpg



この個性的な蛾はなあに? 
c0104227_14350600.jpg



スケッチしている人もいましたよ。お邪魔にならないように花の隙間から。
c0104227_14393693.jpg


蝉の声、鳥の声。
夏休みの光景でした。
c0104227_14393099.jpg



# by nenemu8921 | 2017-07-31 01:00 | 昆虫・クモなど | Comments(6)

佐原大祭夏物語

去る7月14日、15日、16日には佐原の夏祭り大祭が行われました。
300年の伝統を持つ山車が江戸の町並みを残す小野川沿いに繰り出されます。
「ユネスコ世界無形文化遺産」として登録されたこともあって、今年は一段と盛り上がっておりました。
各地で様々なお祭りがありますが、佐原の大祭は最高に素晴らしい祭りの一つです。
地元の方々の熱意と素朴さ、町並みの風情とほどよい観光客の熱気! 
なぜか美女が多く、男衆も筋金入りでカッコイイ! 被写体としても最高です。
最終日にゆっくり出かけて、ゆっくり撮影させていただきました。
参加する人、見物する人、それぞれの物語を感じました。画像はクリックすると、みな大きくなります。

①、祭りの日、古い大きな家で、少女は祭りの賑わいに何を想うのかな。
c0104227_14254855.jpg

②、男衆の真剣な表情がすてきです。
c0104227_14255978.jpg

③、佐原囃子のリズムが何とも言えない~。
c0104227_14261664.jpg


④、水分補給も大切です! 幼い少年、晴れがましさと緊張と!
c0104227_14260856.jpg

⑤、この拍子木で山車の動きを制御します。
c0104227_14260172.jpg


⑥、休憩に入ったら、まずはのどを潤して!!ですよね(^_-)-☆
c0104227_14264210.jpg



⑦、町を行く人は、それだけで絵になる世界です。
c0104227_14260431.jpg

⑧、汗だくになる男衆に水をかけて、盛り上げます。
c0104227_14261412.jpg

⑨、八重垣神社 八坂神社の檀家総代のお宅の前で神主さんもお払いします。
c0104227_14263597.jpg


⑩ 町内ごとに世話役の方が提灯で出迎えます。
c0104227_14262179.jpg




⑪、夜も更けたころ、雨粒が落ちてきて、慌てて山車の人形に覆いをかぶせる男衆。
c0104227_14262597.jpg


祭りのときは、ついついたくさん撮影してしまいますが、気に入ったショットは少なくて(>_<)
秋の祭りもあります。



# by nenemu8921 | 2017-07-29 07:54 | 伝承 | Comments(8)

園内にはホテイアオイもたくさん咲いていました。
この花びらを見ると、孔雀の翅を連想してしまいます。


c0104227_12384764.jpg

ミソハギも咲き始めていました。
c0104227_12385981.jpg

c0104227_13153865.jpg
c0104227_12435696.jpg


実はここは利根川沿いなのです。背景は利根川の流れです。画像はクリックすると大きくなります。
c0104227_13203120.jpg


川沿いに咲いていた見慣れぬ花を吸蜜していたのはヒメアカタテハでしょうか。
c0104227_12430730.jpg

c0104227_12433733.jpg
c0104227_12432160.jpg


花が気になって、帰宅してから調べたら、ミズヒマワリのようです。
ミズヒマワリ(キク科ミズヒマワリ属)学名:Gymnocoronis spilanthoides
熱帯アメリカ原産の多年性草本ですが、特定外来生物に指定されています。(>_<) 「帰化植物写真図鑑第2巻」(全国農村教育協会)
やれやれ。
c0104227_12434355.jpg
 

こちらは見慣れたミズカンナですね。もう終盤でした。
c0104227_12434637.jpg

友人の写真展も素晴らしかったけれど、おまけの撮影会もよい気分転換になりました。




# by nenemu8921 | 2017-07-28 13:51 | 鳥・動物 | Comments(12)
ここにはたくさんの蓮の種類がありました。これも蓮? と思うような花もありました。
立ち寄ったのは正午近くでしたが、曇り日だった故か、しっとりした雰囲気でした。
ほとんど貸し切り状態で、ゆっくり撮影できました。
蓮の花の周辺にはいろんなトンボも見られました。

c0104227_12092626.jpg



c0104227_12270006.jpg

カナブン君が邪魔だと言われれば、その通りかもしれませんが。
c0104227_12240859.jpg


チューリップと言われれば、そんな風も見えますね(^^)/
c0104227_15405531.jpg

c0104227_12100688.jpg

一体、花びらが何枚あるのでしょう。
c0104227_12101741.jpg


大きな葉と葉の隙間から見つけました。
花托がなければ、まるでバラのようです。

c0104227_12105561.jpg


ハナムグリ(花潜)と呼ばれるわけがわかります! 
c0104227_12121423.jpg

おなじみのショウジョウトンボやイトトンボはたくさんいました。
ヤンマやチョウトンボも見かけました。でも、撮れなーい。
うじゃうじゃいないと捕らえられませーん。
c0104227_12104704.jpg


和菓子を連想してしまうのは、私だけかしら。
c0104227_12095883.jpg


c0104227_12232181.jpg
c0104227_12233088.jpg
c0104227_15440776.jpg


c0104227_15420980.jpg




More つづきを見る
# by nenemu8921 | 2017-07-26 17:55 | 昆虫・クモなど | Comments(8)
友人の写真展を見に行った帰りに水生植物園に立ち寄りました。
蓮や睡蓮、ホテイアオイなど、たくさんの植物を撮影しましたが、
数回に分けて連載します。
とりあえず、涼しそうな画像から。
(実際には汗だくになって撮影しました(^_-)-☆)

c0104227_18501541.jpg


c0104227_18502984.jpg

c0104227_18504461.jpg
トンボや小魚もたくさんいましたよ。

c0104227_18505022.jpg

園内の一部です。
c0104227_19461963.jpg

# by nenemu8921 | 2017-07-25 19:47 | 鳥・動物 | Comments(8)

ヤマユリ

房総風土記の丘へヤマユリの撮影に行きました。
草原の中にたくさんのヤマユリが自生しています。
ちょうど、見ごろのいい時期でした。
c0104227_22455649.jpg


いつものコースとは別の道を歩きました。暑い日でした。
出会う花一輪づつが語りかけてくるようで、ついついシャッターを押してしまいます。
でも、PCで確認すると、みな似たような印象の作品ばかり。(>_<)
c0104227_00031126.jpg



手前の草に留まったトンボと背後のユリを入れたくて、慣れない多重露光で撮影してみました。
うーん、難しいわねえ(>_<)
c0104227_22365715.jpg


正装しています!という声が聞こえて来たような気がしました。
c0104227_22363000.jpg


こんな環境です。マムシに注意しながら歩きました。
(でも、一度くらい出会ってみたいとも思いながら)
c0104227_22451609.jpg

ユリにはセセリチョウが避暑?に来ていました。
c0104227_09355711.jpg

アゲハのほうが絵になるのになあ…とつぶやきながら撮りました。ゴメン。
c0104227_09362789.jpg


すると、ユリの花で遊んでいる子もいました。
未だ若いカマキリ君でした。
c0104227_09422347.jpg


「ちょっと香りが強すぎるんだなあ」
c0104227_09421025.jpg

一時もじっとしていないモデルさんでした。
c0104227_09415598.jpg
撮影に夢中になって、作ったばかりの遠近両用のサングラスを失くしてしまったけれど…(>_<)
いろいろチャレンジ出来て、いい撮影会でした。
ご案内いただいた地元の写友に感謝です。いつも、本当にありがとう。


# by nenemu8921 | 2017-07-23 09:58 | 植物 | Comments(16)

蓮池で出会ったもの

蓮池では、夕方、聞き覚えのある声、はっとしてみると池の向かい側の墓地にカワセミがやってきました。
でも、ここでは絵にならないなあと後ろに回ると~。
c0104227_12311333.jpg

カワセミ君は飛んで池の中央の蓮の花へ止まりました。
c0104227_23470124.jpg

ちらっとこちらを向いてくれましたが、やがて飛んで行きました。
ああ、この時300ミリのズームレンズしか、手元になくて残念。
c0104227_23465187.jpg

池にはチョウトンボもヤンマも姿を見せました。
でも、撮れたのはおなじみのショウジョウトンボ。
c0104227_12381152.jpg

しかし、この蓮の葉、フェイスですね。(^_-)-☆
c0104227_12330675.jpg


こちらもおなじみのシオカラトンボ。
c0104227_12325408.jpg

傍らの八大竜王を祀ったお宮の奥の素朴な石の彫刻に飛んできたのはアカボシボマダラでした。
c0104227_12313011.jpg

c0104227_12315989.jpg
犬も歩けば、棒に当たる!でしょうか。
暑い日々、涼しい部屋にいては、被写体に出会えないですもの。

# by nenemu8921 | 2017-07-21 13:20 | 鳥・動物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921