筑摩書房さんから新刊が届きました。宮沢賢治生誕120年記念出版だそうです。
「銀河鉄道の夜」を連想させるすてきな装丁ですね。賢治作品の選集というか、アンソロジーでしょうか。
c0104227_17334627.jpg




c0104227_17321430.jpg
c0104227_17314656.jpg


内容は次の通り。
編集委員は栗原敦・杉浦静。監修は天沢退二郎・入沢康夫先生方によるもの。
2016年12月25日初版・筑摩書房・¥2500+税
c0104227_18161979.jpg
新校本宮沢賢治全集を底本とし、新修宮沢賢治全集や新潮社の文庫本などを参考にして校訂したという。
現代仮名遣いに改め、旧字、正字を常用漢字体に改め、句読点を補い、改行を施した箇所もあると、凡例に断りがある。
賢治作品はこれまで様々な経過を経て、世に紹介されてきたという経過があるせいか、原文偏重なところがあった。
研究者にとってはありがたいが、一般読者には読みにくかったと思う。
ようやく研究者向きでないというか、一般読者に向けての編集がなされるようになったなあという印象が強い。
市民向けの講座や子どもや児童文学にかかわる人の会などで、賢治作品を読みたいけれど、どの本を買ったらいいかわからないという声をよく聞く。
この本だったら紹介しやすいだろうか。
本文中に挿絵があればもっとよかったのにと思う。さりげない挿絵(カット)は、絵本形式のものとは全く別の魅力がある。

 追記
このコレクションにも挿絵はあるんです。が、やはりアートテックなトーンなのですね。

例えば、「風の又三郎」、
c0104227_13234835.jpg
「ポラーノの広場」 
c0104227_13241221.jpg
こんな風で、絵そのものは素敵ですが、こういうのって絵本でたくさんあるでしょう。

むしろ「風の又三郎」だったら、例えば「さいかち渕」のページに、サイカチの葉と実とか、
「ポラーノの広場」だったら、シロツメクサ(マメ科シャジクソウ属)の小さなカットなんかいいなあと思うのです。
「つめくさって、クローバーのことだったんですか」といった賢治ファンもいますし、ナデシコ科ツメクサ属のツメクサを紹介していた研究者も見かけました。
植物画、細密画はカットとしても美しいし、作品を文章で読む時に、読者がイメージを膨らませることを損なわず、さりげない資料にもなると思うのです。
編集レベルの問題だと思います。

# by nenemu8921 | 2016-12-28 22:15 | 賢治情報・スクランブル | Comments(4)

山猫博士のカレンダーの続きです。
7月は七夕祭りです。

c0104227_14371838.jpg
8月は海水浴ですね。
c0104227_14365856.jpg
9月は栗拾いでしょうか。
c0104227_14361998.jpg
10月は駄菓子屋さんの店先。なつかしい光景?
リンゴの木箱の空き箱(圀光とかいてありますものネ)の上に商品を並べ~。
なぜ、おこずかい推定100万円なの? その答えは~
山猫博士は北海道新聞に長いことエッセイを連載していました。こちらにその答えがあります。
http://www.yamanekokoubou.com/column/105.html
c0104227_14351402.jpg


11月は冬近し。
c0104227_14350385.jpg

12月はお正月の準備でしょうか。そうそう、障子貼り、破くのを手伝いましたね。
c0104227_14353581.jpg
 どうぞ来年もよい年でありますように。


山猫博士のエッセイは単行本でも読むことができます。

c0104227_15070188.jpg
c0104227_15071711.jpg



# by nenemu8921 | 2016-12-28 15:36 | Comments(0)

小鳥たち ②

峰公園ではほかにも小鳥たちに出会いました。
どの画像もお粗末ですが、証拠写真で載せておきます。下手な写真は見たくない人はスルーしてくださいね。
カシラダカです。
c0104227_12024461.jpg

アトリ♂ですね。カシラダカに交じって草地に降りていました。
c0104227_12042093.jpg

アトリの♀でしょうか
c0104227_12030555.jpg
これはシロハラですね。
c0104227_12005775.jpg
行き会えないなと残念がっていたら、小鳥たちのためにご馳走を持参した方がいました。
ご馳走につられて顔を見せてくれたミヤマホオジロ♂です。

c0104227_12003037.jpg

こちらはミヤマホオジロの♀ですね。
c0104227_12000571.jpg

今回の探鳥は所要の合間であわただしかったのですが、来年はゆっくり撮影したいと思いました。





# by nenemu8921 | 2016-12-26 21:58 | 鳥・動物 | Comments(4)
絵本作家の佐藤国男さんからお送りいただいた2017年のカレンダー。
今回は賢治童話の世界ではなく、ドクトル山猫(佐藤画伯のことですよ)の子ども時代の郷愁に満ちたシーンの数々。
団塊の世代の私などもなつかしい場面がありますね。
c0104227_13490948.jpg

1月は家庭内でのかるたとりでしょうか。ストーブがいかにも北海道ですね。
c0104227_14330596.jpg

2月はかまくら遊び。鎌倉の中で焼いて食べるお餅は格別おいしいのかな。
c0104227_14332071.jpg

3月は凧揚げ。木々の枝に引っかかって苦労しています。
c0104227_14340393.jpg

4月は山菜採り。カタクリやエンゴサクが咲くのはうれしいですね。
c0104227_14445126.jpg

6月はメンコ遊びでしょうか。当時の人気札はのらくろでしょうか。
c0104227_14344264.jpg


秋田フキは夕立の時の雨傘替わり?
c0104227_14381358.jpg


続きは次回です


# by nenemu8921 | 2016-12-24 23:15 | その他 | Comments(8)

小鳥たち①

峰公園に一番多いのはシジュウカラとヤマガラです。たくさんいました。

c0104227_16371182.jpg


c0104227_11580556.jpg
c0104227_11564462.jpg
c0104227_11562595.jpg


久しぶりに出会ったのはルリビタキです。カラ類と違って警戒心が強く、近づけません。
♀でしょうか。♂の若鳥でしょうか。
c0104227_12033529.jpg

まるでこちらを試すかのように枝の込み合ったアジサイの枯れ枝に停まっていました。
c0104227_12040220.jpg

# by nenemu8921 | 2016-12-24 12:14 | 鳥・動物 | Comments(10)

ガビチョウ

ガビチョウに出会った。むかし、御岳山でたくさんいるのに驚いたが、その時以来である。
赤城の峰公園です。
外来種であること(在来種を脅かす存在なのだ)。
声がけたたましいことなどからバーダーに嫌われている。
c0104227_22332588.jpg

こちらはカオジロガビチョウでしょうか。
c0104227_22335681.jpg
世の中にはカオグロガビチョウというのもいるようですが、ここでは出会いませんでした。

c0104227_22342911.jpg

こうしてみると、かわいいとも言えますが…。



# by nenemu8921 | 2016-12-22 22:48 | 鳥・動物 | Comments(4)

コハクチョウ

烏川に飛来する白鳥の多くはコハクチョウで、毎年増えているようです。

c0104227_11172581.jpg

c0104227_20005591.jpg


烏川にかかる岩倉橋の下流に集まります。
高崎市といっても藤岡市との境くらいの場所でしょうか。
c0104227_20083862.jpg
c0104227_19582072.jpg

群馬へ行っていつも感じることは、「山が多いなあ」と。
千葉県は高い山がほとんどありません。
c0104227_19584938.jpg

でも、夕焼けの景色は山でも、海でも、美しい。
c0104227_20013977.jpg

# by nenemu8921 | 2016-12-21 20:29 | 鳥・動物 | Comments(10)

白鳥

郷里の前橋へ行ったついでに、帰途、高崎の烏川のコハクチョウを撮影しました。
夕日を浴びて元気いっぱい羽ばたいていました。

c0104227_09500835.jpg
c0104227_09502098.jpg
c0104227_09503947.jpg
c0104227_09505535.jpg


c0104227_09512033.jpg

続きはまた、明日です。 情報をお寄せくださったブログお友達に感謝です。





# by nenemu8921 | 2016-12-20 19:01 | 鳥・動物 | Comments(12)

夕日のオオソリハシシギ


夕方になると、三番瀬に行きたくなります。
この日は潮加減が良くなかったのですが、やっぱり飛んでいきました。
富士山が見えるかなという期待で、いつも数人のカメラマンがいます。
c0104227_00030334.jpg
黄金色の波間にオオソリハシシギが1羽、所在なさそうにしていました。
c0104227_00033350.jpg

この子にはいつ行っても出会います。三番瀬に住み着いてしまうつもりかしら。
c0104227_00035052.jpg

陽が落ちるところに雲がただよい…、うーん、残念。
ハマシギも干潟に出てきましたが…。
c0104227_00100262.jpg

波の色が何とも言えない美しさです。
c0104227_00071513.jpg


全体を広角で撮るとこんな感じです。
空は広いのに、夕日が落ちるところだけ、雲が横たわっているでしょ(>_<)
c0104227_00081856.jpg
でも、また、明日がありますね。(^_-)-☆
# by nenemu8921 | 2016-12-18 00:30 | 場所 | Comments(6)

ストライプ

水元公園にはたくさんの樹木があります。
冬の光は、木々の陰影を縞模様に変化させます。
地面は不思議なキャンバスになります。
舗装された道に伸びた影。WBを変えて撮影。カラスは無頓着に。
c0104227_20393913.jpg
水面も縞模様は繊細に変化します。
c0104227_20431487.jpg

こちらは水たまりです。
c0104227_20594794.jpg
WBを変えることでまた雰囲気も変わりますね。
c0104227_20591847.jpg



# by nenemu8921 | 2016-12-16 23:44 | その他 | Comments(14)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921