タグ:オオアオイトトンボ ( 4 ) タグの人気記事

オオアオイトトンボ

お目当ての植物はまだ花咲かず。でもブッシュの中で見つけました。
オオアオイトトンボです。

c0104227_843156.jpg


今年はなぜかこの子との出会いが多い。それも水辺よりブッシュの中で。♂が多い。

c0104227_8442792.jpg


この日は5、6 頭見かけましたが、♀は1頭のみで、カメラでとらえることはできなかった。
婚活、たいへんなのは人間界だけではないようですねえ。

c0104227_844616.jpg
オオアオイトトンボ(アオイトトンボ科アオイトトンボ属)Lestes temporalis 大青糸蜻蛉

More おまけ 
by nenemu8921 | 2014-09-10 11:16 | 昆虫・クモなど | Comments(16)

はぐろとんぼ

アジサイの並木の根元でハグロトンボを見つけました。
ひらひら飛んで、ゆっくり撮らしてくれません。
息を止めるようにして、シャッターを押しました。

c0104227_8162312.jpg


c0104227_8131099.jpg


c0104227_8133499.jpg


c0104227_8151857.jpg


c0104227_8154082.jpg
ハグロトンボ(カワトンボ科アオハダトンボ属) Calopteryx atrata 羽黒蜻蛉

(略)
沼地の青いけむりのなかを
はぐろとんぼが飛んだかどうか
そは杳として知るを得ぬ
            詩「葱嶺(パミール)先生の散歩」


以前もこの詩とともにハグロトンボの画像を紹介した。


More つづきを見る
by nenemu8921 | 2014-07-19 14:51 | 昆虫・クモなど | Comments(22)

トンボに夢中

水元観察クラブのトンボの観察会に参加しました。
一人では見つけられないトンボや、名前のわからないトンボも教えていただきました。
でもうまく撮影はむずかしい。暑かったけれど、楽しかったです。

1、コフキトンボ♀ ♀はいろんなタイプがあるそうです。これは帯型とか。
c0104227_304650.jpg


一人で見たらシオカラトンボに間違えそうです。
2、コフキトンボ♂
c0104227_33206.jpg


3、これはシオカラトンボの♀かしら
c0104227_3574871.jpg


4、おなじみのウチワヤンマ
c0104227_32795.jpg


5、正面顔はこんなです。
c0104227_32359.jpg


6、こちらはウチワヤンマの産卵中。遠くて飛翔中ですが、卵が見えますか? 
画面では見えませんが、背後に♂が飛び、ガードしています。
c0104227_3302956.jpg


7、オオアオイトトンボ。暗いやぶの中でやっと見つけました。
isou感度を上げて撮影しています。(>_<)
このトンボは昨年秋、大町で出会いました。 こちらをどうぞ。
c0104227_325437.jpg


8、コシアキトンボ♂ 止まってくれて嬉しいけれど、もっといい場所だとなおよかったのに。
c0104227_3584647.jpg


9、アオモンイトトンボのカップルかな。蓮の茎です。
c0104227_375426.jpg


10、こうすると雰囲気が変わるでしょう(^_-)-☆
c0104227_372592.jpg


More おまけを見る
by nenemu8921 | 2014-07-07 08:35 | 昆虫・クモなど | Comments(12)
台風一過。
お天気コンテストに出場したら、グランプリ間違いなしみたいな気持ちいいお天気でした。
大町自然公園で、バラの撮影会だったのですが、心を惹かれたのはこちら。

1、オオアオイトトンボです。
c0104227_2052615.jpg


2、♂です。
c0104227_18381519.jpg


3、今が産卵期だとか。
c0104227_18331512.jpg


4、このトンボは池に覆いかぶさった木の樹皮に産卵する習性があるそうです。
c0104227_1837614.jpg


5、もう、必死で交尾の体制ですが、肝心の♀が少ないのです。
c0104227_20152054.jpg


6、この子が♀です。1頭しか見かけませんでした。♂はかなり居たのですが。本日はカップル成立ならず。
c0104227_2062020.jpg


7、これが昨年の産卵痕です。エゴノキです。規則正しく穴を開けて産卵するそうです。
c0104227_20274056.jpg


今日すばらしいレクチャーをしてくださったのは、偶然お目にかかったD・Y先生です。
市川市の自然博物館の博物館だよりを見ると、毎号、先生の写真が表紙を飾っています。
こちらをどうぞ。(マルタンヤンマが見られます)
85歳と思えないほどお元気で、いきいきしておられました。
すっかり意気投合したので、キーホルダーを見せていただきました。
なんと玉虫です。夏にはたくさん見つけることが出来るそうです。本当かしら。
c0104227_204049.jpg

D先生、ありがとうございました。すばらしい一日でした。

More おまけです
by nenemu8921 | 2013-10-27 21:04 | 昆虫・クモなど | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921