タグ:キョウジョシギ ( 5 ) タグの人気記事

キョウジョシギの水浴び

谷津干潟のつづきです。

メダイチドリよりたくさんいたのはキョウジョシギです。
キョウジョシギ(京女鷸、学名:Arenaria interpres)は、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種である。和名は、よく目立つまだら模様を京都の女性の着物にたとえてつけられたもの。一方、英名の「Ruddy Turnstone」は、くちばしで石をひっくり返して餌を探す習性にちなんでいる。

c0104227_15554690.jpg

この日は気温が高かったせいか、しきりに水浴びをしていました。
c0104227_15562356.jpg
c0104227_15564846.jpg

c0104227_15571083.jpg

c0104227_15575432.jpg

c0104227_15581878.jpg

c0104227_15584639.jpg
こんなにしっかり伸びをしたら、腰痛にはならないでしょうね。ウラヤマシイ!
c0104227_15592238.jpg


c0104227_16145074.jpg



トウネンもすっかり夏羽ですね!!
c0104227_15543654.jpg

おなじみのキアシシギ。鋭い声が干潟中に響いておりました。
c0104227_15550464.jpg

潮が上がってきた次第に増えてきたハマシギ
c0104227_16175461.jpg
これから毎日シギやチドリの種類も数もどんどん増えていきます。


by nenemu8921 | 2017-05-11 21:39 | 鳥・動物 | Comments(2)

ムナグロ

手賀沼周辺にはムナグロの群れが来ているというので、行ってみました。
2~300ほどの群れに会いいましたが、遠かったです。
耕して、水の入っていない田に固まって下りていました。
水田に移動した個体を撮りました。
c0104227_13281891.jpg


夏羽になった子も、換羽途中の子もいました。
c0104227_14451078.jpg


チュウシャクシギは、遠くはなれた場所でした。キョウジョシギは2羽しか確認できませんでした。
左の鳥は換羽中のムナグロです。
c0104227_13285521.jpg


これはトウネンかなと思いましたが、頭頂部が赤く目立ちました。ウズラシギかしら。
c0104227_13292112.jpg


渡ってきたばかりなのか、警戒心が強くて、ちょっとした気配で飛び立ちました。
c0104227_13341757.jpg


飛翔姿はなかなかうまく撮れません。
c0104227_14344418.jpg



おまけもあります。

More おまけを見る
by nenemu8921 | 2016-05-10 09:37 | 鳥・動物 | Comments(10)

シリヤケイカ

さて、釣果は? これです。なにか、わかりますか?

二疋入っていますね
c0104227_1845130.jpg


イカなんです。お尻が赤いでしょう。それでシリヤケイカというそうですよ。
墨を吐いたところです。(その瞬間を撮れなかったのは残念!)
c0104227_18465445.jpg


こちらがおもてがわです。恨めしそうな眼をしています。
c0104227_18472998.jpg


鋏を入れて、皮をむいて、「おみやげだよ」と、いただきました。
なんと気前が良いのでしょう!!
c0104227_1848263.jpg


これはフグですねえ。調理法がわからんとのこと。
c0104227_18483177.jpg


少年がこわごわ手に持って撮影させてくれました。そのあと、海へ返しました。
c0104227_1849127.jpg


こんなものも網に入ったこともあります。そう、ヒトデです。
c0104227_1850579.jpg


この日の一番大きな獲物はこれです。すごいでしょう。イナダでしょうか。
c0104227_1850585.jpg


これはシタビラメだとか。ムニエルにしたら美味しいでしょうね。
c0104227_18512352.jpg


みなさん、楽しんでいました。
見ているだけでも、楽しかったです。

さて、おみやげは……。 つづきを見て下さいね(^_-)-☆

More つづきを見る
by nenemu8921 | 2015-05-27 20:06 | 鳥・動物 | Comments(18)
天候予測や情報は格段に進化した時代ですが、それでも避けられない自然災害があることを
教えられたような気がする今回の事故でしたね。
広島市安佐南区地方の大規模土砂災害はたいへんでした。
被災された方々にお見舞い申し上げます。

秋の渡りの便りを聞くので気になって立ち寄ってみました。
谷津干潟です。でも暑い!!

キョウジョシギが間近に出てきました。

c0104227_1632771.jpg


すごく餌が豊富に見えますが、せかせかと餌稼ぎをしていました。

c0104227_16315994.jpg


キアシシギも出てきました。

c0104227_16323099.jpg


おや、気になる気配!

c0104227_16323663.jpg


おお、飛ぶかな。

c0104227_16334074.jpg


飛びましたね。

c0104227_16313662.jpg


でも、緩やかな飛翔。

c0104227_16364346.jpg


遠くには行かない…。

c0104227_16355264.jpg


うーん、空の青さと水の青さと…。

c0104227_16361854.jpg


やがて、又、闊歩してピューピューと鳴きます。

c0104227_16332723.jpg


キアシシギの鳴き声が一番響いておりました。

つづきは明日です。(^_-)-☆
by nenemu8921 | 2014-08-21 00:11 | 鳥・動物 | Comments(16)
キョウジョシギに出会えるのもこの季節です。

1、
c0104227_20543136.jpg
キョウジョシギ(シギ科)Arenaria interpres 京女鴫 
京都の女性の着物にたとえてつけられたとか。探鳥会では「京女? 狂女?」と、よく聞かれます。
英名では「Ruddy Turnstone」で、石をひっくり返して餌稼ぎする習性にちなんでいる。
脚が短く、ずんぐりむっくりの体型。これでもチドリではなくてシギです。
顔は歌舞伎役者の隈取にも似ています。

2、
c0104227_2055127.jpg
群れでわたってきます。春と秋、日本列島に立ち寄ります。

3、
c0104227_20563052.jpg
干潟に潮が満ち始めたとき、キョウジョシギの100羽前後の群れが入ってきました。
一寸距離があったのですが、どうにかキャッチできました。
画像はクリックすると大きくなります。

4、
c0104227_20573899.jpg
羽の裏はまっ白なのですね。まるで全く違う鳥のようです。

5、
c0104227_220391.jpg
トウネン(シギ科) Calidris ruficollis 当年
ほぼスズメ大のシギ。夏羽です。成鳥になっても小さいので、いつも当年生まれ?
6、
c0104227_7472672.jpg
夏羽に換羽中ですが、個体差がありますね

More 続きを読む
by nenemu8921 | 2011-04-30 07:50 | 鳥・動物 | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921