タグ:ジロボウエンゴサク ( 2 ) タグの人気記事

肩をすくめるカタクリ

冷たい雨が続いています。春はすっかり足踏み状態ですね。
それでも昨夜は、稀勢の里ががんばって素晴らしい勝負を見せてくれましたね。
見ていて涙が出そうになるほどに感激しました。
泉自然公園ではこぶしの花ばかりが大空に腕を広げておりました。

c0104227_12265171.jpg

大木で花をアップで撮るのは難しかったです。画像はクリックすると大きくなります。
c0104227_12263973.jpg

カタクリは数輪開いていました。
いい絵にならず、熱心に撮影する気持ちにはなりませんでした。
c0104227_12173764.jpg

c0104227_12174950.jpg

いつもここで出会うジロボウエンゴサクが可憐でした。
c0104227_12182246.jpg

キジムシロも開き始めていました。
c0104227_12203484.jpg

また、来週でも、改めて出かけたいと思いました。



by nenemu8921 | 2017-03-27 12:46 | 植物 | Comments(10)
ときがね湖では木々の花だけでなく、草花にもいろいろ出会いました。

キランソウ(シソ科キランソウ属)Ajuga decumbens 金瘡小草
由緒正しい?日本の雑草ですが、最近は見かけることが少なくなりましたね。
根生葉が地面に張り付くように広がることから、ジゴクノカマノフタともいうそうですが。
c0104227_18553078.jpg


ジロボウエンゴサク(ケマンソウ科キケマン属)Corydalis decumbens 次郎坊延胡索
千葉で見られるエンゴサクは次郎くんばかりです。
c0104227_1728695.jpg
 

ヒメウズ(キンポウゲ科 ヒメウズ属) Semiaquilegia adoxoides 姫烏頭
都内、千葉、神奈川にはわんさとあるが、埼玉では見かけないと言う。
ヒメウズ(姫烏頭)の名前の由来は、葉や根の形状が同種のトリカブト(鳥兜)に似ていて小型であることから、小さなトリカブト(鳥兜)と言う意味で姫鳥頭(ヒメウズ)だそうです。
c0104227_17293448.jpg

c0104227_1730549.jpg


ホウチャクソウ(ユリ科チゴユリ属)Disporum sessile 宝鐸草
宝鐸は寺院建築物の軒先の四隅に吊り下げられた飾りのこと。花が垂れ下がって咲く姿が
この宝鐸に似ていることから。
c0104227_17362226.jpg


More 続きを読む
by nenemu8921 | 2013-04-17 10:13 | 植物 | Comments(14)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921