タグ:スイセン ( 6 ) タグの人気記事

春のトップランナー

温かい日差しに誘われて近所の妙行寺を散歩。
最近荒行堂の周囲の生垣をみな取り払ったので、明るくなったけれど、なんだか、公園みたいで落ち着かない。
芝生の草取りをしていた植木屋さんが前のほうがよかったなと遠慮がちに言う。
c0104227_16465354.jpg


大木になった松を数本切ったという。
子どものころから馴染んだ木だから涙が出たという。どうやらご近所にお住まいの方らしい。
日差しはあっても、まだ風は冷たい。だが待ちきれずに開き始めたものもいる。
昨年は、この木瓜は枝垂れさくらが満開だった時に咲き始めたというのに。
(この寺の名物の枝垂れさくらは、春の彼岸の頃に満開になるのだ)
c0104227_16474602.jpg

一方で終わりを告げる花もある。
毎日植木屋が入って丁寧に掃除や手入れをしているけれども、サザンカは花びらを散らしていた。それでも律儀に最後まで咲き続けます。

c0104227_16505371.jpg



傍らの椿の茂みになかでヒヨドリがけたたましく啼いている。
けれども、なかなかそのヒヨドリはファインダーに入らない。
木漏れ日のなかであでやかに笑うような椿の花。
c0104227_23352179.jpg


やれやれと足元に目をやれば、蕗の薹が「もう待ちきれないんだよ」とでもいう風に花を咲かせてしまっている。
c0104227_16495478.jpg

紫陽花の末枯れた花びらが気になったが、傍らで新芽が育ち、その付け根に落葉痕が整列している。
ここは、紫陽花寺といってもいいほどに、初夏には紫陽花がわんさと咲く。
c0104227_23522791.jpg

そして、水仙も寒さに耐えてまだまだ美しい。洋花らしい花はこれだけで、あとは日本庭園風に設えてある。
c0104227_16481424.jpg
今日から3月です。

by nenemu8921 | 2017-03-01 23:11 | 植物 | Comments(16)

蝋梅

先週のつづきです。
葛西臨海公園では、水族園のあとに、園内をあるきました。
水仙まつりをしていましたが、今年の不順な気候ゆえか、きれいに咲きそろってはいませんでした。

透過光で撮りました。
c0104227_212905.jpg


散らずにいてくれた蝋梅
c0104227_20321443.jpg


葉もだいぶ残っていました。
c0104227_20314539.jpg


咲き始めたばかりのマンサク
c0104227_20332760.jpg


More おまけです。
by nenemu8921 | 2016-02-01 00:34 | 植物 | Comments(12)

水仙

風は冷たいけれど、陽ざしはあたたかかったのです。知人宅で。

c0104227_14513261.jpg


水仙は満開です。おみやげにたくさん切ってくれました、ふきのとうとともに。

c0104227_1451680.jpg


こちらは、いただいた水仙を、拙宅で光と背景を考えて撮りました。

c0104227_14532018.jpg


明るいガラス戸に向けて。逆光で撮りました。

c0104227_14524656.jpg


背景? 実はベランダに赤いポリタンクがあるのですよ。(^_^メ)

c0104227_14533736.jpg


More つづきを 見る
by nenemu8921 | 2015-02-01 16:12 | 植物 | Comments(18)

ようやく、春めいてきました。
建国記念の日、近くの葛西臨海公園に春を探しました。
今年は遅いスイセンも、だいぶ開きました。
c0104227_19283480.jpg


梅も今日開いたばかりといった風情です。
c0104227_1928335.jpg


ベニバナマンサクは満開でしたよ。
c0104227_19244731.jpg


c0104227_19251634.jpg

by nenemu8921 | 2013-02-12 07:48 | 植物 | Comments(14)

スイセン

朝日かゞやく水仙を、       になひてくるは詮之助、
あたまひかりて過ぎ行くは、   枝を杖つく村老ヤコブ。

影と並木のだんだらを、     犬レオナルド足蹴れば、 織れば、
売り酒のみて熊之進、      赤眼に店をばあくるなり。
                     
                            文語詩「村道」


c0104227_919226.jpg
ニホンスイセン(ヒガンバナ科スイセン属)
地中海沿岸原産の多年草。この属にはラッパスイセンやニホンズイセンなど色や形の異なる種や品種が多くあるが、この属に含まれるものを総称してスイセンと呼んでいる。日本には早い時代に渡来し、各地に自生地がある。画像はニホンスイセン。

c0104227_927132.jpg
こんな道から詮之助やレオナルドがやって来そうな気がする。 (イメージです)

作品は文語詩五十篇の一つ。平和な村の光景である。
栽培した水仙をかついで朝日の中を詮之助がやってくる。ヤコブと呼びたいような村の古老が木の枝を杖代わりに歩く姿にすれちうがう。おはよう。古老の頭は日に光っている。
並木の影が落ちてだんだら模様になっている道をレオナルドという犬が走ってくる。
酒屋の熊之進は、目を赤く充血させて、ようやく店の戸をあけようとしている。きっと昨夜も売りものの酒を飲んだんだな。
大意はこんなところだろうか。
この作品は、口語詩「1043 市場帰り」に手を入れて、文語詩に改作したもの。
微妙にニュアンスが異なっている。が、この文語詩の明るい雰囲気が好きだ。


追記
表記の間違いのご指摘をご丁寧にいただいた。
犬レオナルド足蹴ればではなくて、足織ればである。
全く気がつかずにいた。というより、足蹴ればだと思い込んでいた。
今校本全集を確認すれば、たしかに足織ればとあり、全く赤面の至である。
このことによって、解釈が異なるだろうか。
並木とその影でだんだら模様になった道を犬が歩く。その足取りがだんだら模様に機織るように見える、
と解したい。
I先生、まことにありがとうございました。   2011・11・17

つづきを読む
by nenemu8921 | 2009-01-08 09:28 | 植物 | Comments(4)

スイセン

(略)
紺三郎なんか、まるで立派な燕尾服を着て、水仙の花を胸につけて、まっ白なはんけちでしきりにその尖ったお口を拭いてゐるのです。(略)
                                           童話「雪渡り」


c0104227_15502331.jpg
紺三郎くんの胸元のスイセンはこんな花だったろうか。

紺三郎くんのイメージで気に入っているのはこれです。
c0104227_155438100.jpg
画本『雪わたり』より (小林敏也画・パロル舎)
by nenemu8921 | 2009-01-07 15:54 | 植物 | Comments(12)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921