タグ:セイタカシギ ( 12 ) タグの人気記事

この子が可愛い!

出会いました!!
可愛い!!
c0104227_17500971.jpg


翼はこんなに小さいのです!
c0104227_18153109.jpg

風に飛ばされそうになりながら、蓮田休耕田を歩いていました。
c0104227_17491638.jpg


おいしいもの、あるかなあ。
c0104227_17520423.jpg

このポーズは、やっぱりセイタカシギ!
c0104227_17511331.jpg

2人兄弟?
c0104227_17495272.jpg


あら、3人? (クリックすると大きくなります)
c0104227_18073393.jpg

いいえ、4人兄弟です。
こんな環境です。
(クリックすると大きくなります)
c0104227_18081184.jpg
ソリハシシギはいい画像になりませんでしたが、こんなかわいい子に出会えてラッキーでした。

by nenemu8921 | 2017-06-04 00:30 | 鳥・動物 | Comments(12)

谷津干潟夕景

一日雨という予報でしたが、午後から陽がさしました。
会合の後、谷津に立ち寄りました。夕景が思いがけずきれいでした。
c0104227_21433839.jpg


バラ園側から夕景を見たのは初めてでしたが、いつものセイタカシギが寛いでいました。
この杭はアオサを岸辺に寄せつけないための対策として設置されたそうです。
c0104227_21445620.jpg


アオサギもハマシギもいました。
c0104227_2147033.jpg


日陰のアオサギが大きな魚を捕食しました。
c0104227_21462445.jpg


セイタカシギが飛びました。
c0104227_21542315.jpg


ハマシギも飛びました。やっぱり杭は邪魔なんです(>_<)        
c0104227_21485729.jpg


オレンジ色の海を飛ぶハマシギの群れ、このシーンを撮りたかったのです。
しかし、もっとクリアに撮りたかった!!
c0104227_21493088.jpg


そして干潟は暮れて行きました。
c0104227_21501115.jpg


対岸の観察センターはまだ閉館時間になっていないようです。
ほんとうにつるべ落としですね。あっという間の日暮れです。
c0104227_2150348.jpg

by nenemu8921 | 2015-11-15 22:30 | 気象 | Comments(16)

セイタカシギ

最近、運動不足を指摘され、もっともだなあとハンセイし、時間のある時には
フィットネス・クラブに通って、簡単な運動をしています。
家人に言わせると、いつまで続くかな~?? というところです。
しかし、出逢ったセイタカシギの羽づくろいを見ていると、ああ負けますねえ。

1、「それじゃあ、準備体操からいくわよ。」
c0104227_9101697.jpg


2、まず、深呼吸して。
c0104227_9105146.jpg


3、首をまわして。
c0104227_9111917.jpg


4、ぐーんと伸ばして。
c0104227_9113984.jpg


5、嘴をそらに向けて。天から引っ張られるように。
c0104227_912219.jpg


6、はーい、息を吐いて。
c0104227_9122281.jpg


7、今度は嘴を地球の中心へ向けて。(セイタカシギって瞼が白いのね)
c0104227_9132359.jpg


8、そのまま地球と平行に伸ばしましょう。
c0104227_995122.jpg


9、ハーイ、ゆっくり嘴を沈めて。
c0104227_992149.jpg


首回りが楽になると肩コリや腰痛も解消されますよ(^_-)-☆


ああ、とてもかないませんねえ。
セイタカシギといえば、スーパーモデルですものね。(ほんとうは目は紅いのよ)
c0104227_9353590.jpg


More つづきを見る
by nenemu8921 | 2015-10-31 00:04 | 鳥・動物 | Comments(16)

セイタカシギ

シギチドリの多くは渡り鳥で、すが、一年中、日本列島で見られて、繁殖し、越冬する鳥もいます。
セイタカシギです。もともとは渡りの鳥だったと思われますが、最近では東京湾周辺で、
越冬し、繁殖する個体が増えています。(渡りのセイタカシギも健在ですね)

堂々とした立派な♂ですね。
c0104227_15343710.jpg
セイタカシギ(チドリ目セイタカシギ科) Himantopus himantopus 背高鷸

おや。うちの奥さんどこへ行ったかな
c0104227_15345517.jpg


今年も谷津干潟で繁殖できるかな。
今年は蛇やカラスに負けないでヒナを育てることができるかな。

かわいいけれど、成鳥です。♀です(羽色が淡いでしょう)
c0104227_15353175.jpg


あらら、別のお父さんがいたのね。
c0104227_15364560.jpg


そろそろ育児計画をかんがえなきゃあ。
c0104227_15374410.jpg


でも、アタシ、もう少し、自由でいたいのよ!
c0104227_15355550.jpg


谷津干潟の淡水池の光景です。この日、カップリングならず。

More おまけです
by nenemu8921 | 2014-04-29 16:32 | 鳥・動物 | Comments(10)

セイタカシギ

渡りの季節です。シギやチドリに逢いたくて谷津干潟へ出かけました。
オバシギやオオソリハシシギなどたくさん入っていましたが、
    干潟は広く、鳥たちは遠く、写真はお見せできません。
              セイタカシギばかりが淡水池で寛いでいました。
今週初めでしたが、このときはまだ抱卵は始まっていませんでした。
1、
c0104227_18485615.jpg

2、
c0104227_2042638.jpg

3、
c0104227_18531015.jpg

4、
c0104227_18493522.jpg

5、この子の脚の構造はどうなっているのかしら。。。と思います。
c0104227_18472118.jpg

by nenemu8921 | 2013-04-26 20:52 | 鳥・動物 | Comments(18)
宮沢賢治情報スクランブル

法政大学の岡村民夫先生からシンポジウムのご案内が届きました。

c0104227_18192046.jpg


参加費は無料ですが、事前にFAXで申し込んでくださいとのことです。
詳しいことはこちらをクリックしてください。

「イーハトーブ温泉学」(岡村民夫著・みすず書房)は、新鮮で面白い賢治論でしたね。

More おまけです
by nenemu8921 | 2012-03-14 19:08 | 賢治情報・スクランブル | Comments(8)

葛西臨海公園

この日はオグロシギがスターでしたが、他にも渡りのシギやチドリは居たのです。
葦原越しの撮影なので、みな葦かぶりの画像ばかりですが、クリックしてご覧ください。

1、アオアシシギの声は哀愁があっていいですよね。好きなシギです。
c0104227_1465288.jpg


2、オグロシギとも仲良く餌稼ぎしますが…
「長旅でつかれたねえ…」なんていっているか、どうか。
c0104227_14112794.jpg


3、しかし、うっかりセイタカシギに近づくと追いかけられます。
c0104227_14182098.jpg


4、セイタカシギが一番強いです。
長い脚は水鏡でいっそう長く見えますね(^_-)-☆
c0104227_13254551.jpg


5、奥のほうではファミリーがひっそりとしていましたが。
c0104227_14104160.jpg


6、キアシシギはこうしてみるとかなり小さいですね。
c0104227_11455435.jpg


7、キアシシギは鋭く透きとおった声で鳴きます。でも、目下食欲先行かな。
c0104227_1473186.jpg


8、コチドリも一心に餌稼ぎです。幼鳥かな。目のリングがはっきりしませんね。
c0104227_11462280.jpg


9、この日、隅の岩場ではカワセミもくつろいでいる様子でした。
c0104227_14341925.jpg

by nenemu8921 | 2011-08-25 17:13 | 鳥・動物 | Comments(4)

セイタカシギ 恋の季節

ラブラブカップルのセイタカシギにも出会いました。
とても仲睦まじいのです。
1、
c0104227_1217223.jpg

2、
c0104227_12173447.jpg

3、
c0104227_12175015.jpg

4、
c0104227_1218242.jpg

5、
c0104227_12182571.jpg

6、
c0104227_12184095.jpg

7、
c0104227_1219789.jpg

8、
c0104227_12192844.jpg

まるで、最近の若者たちのように、周囲などいっこう気にせずに濃密に愛し合っていました。

More おまけ
by nenemu8921 | 2011-04-27 00:06 | 鳥・動物 | Comments(20)

セイタカシギ

夕暮れちかい谷津干潟で、久しぶりにセイタカシギに出会いました。
1、
c0104227_12242372.jpg
うっふん、やっぱり可愛いな。

2、
c0104227_17555270.jpg
名前の由来がわかるでしょう。足が長いんです。体長はキジバトより小さいくらいですが。

3、
c0104227_1230533.jpg
ですから、美脚の手入れも大切!

4、
c0104227_12311020.jpg
おっ、餌をゲット。

5、
c0104227_12312828.jpg
よく見れば、小さなえびのようです。目もつぶらでルビー色なんですけど。

6、
c0104227_12315043.jpg
こんな風に首を突っ込むことはめずらしい。

7、
c0104227_1232578.jpg
ケレケレと警戒音を発して飛びます。
by nenemu8921 | 2011-04-26 05:35 | 鳥・動物 | Comments(14)

セイタカシギ抱卵

             久しぶりに谷津干潟へ立ち寄りました。
                 すると、セイタカシギの抱卵に出会いました。
              営巣用に作られた淡水池のなかの二つの台の上に
                     それぞれのカップルが
                              雌雄交代で卵を温めていました。

c0104227_912482.jpg
「ああ、疲れたよ! お母さん、そろそろ交代の時間だよ」

c0104227_92117.jpg
「だって、まだ毛ずくろいがおわっていないのよォ」 

c0104227_9212681.jpg
「うふん、このあたりもかゆいのよォ」

「お母さん!!たのむよォ」

c0104227_8563220.jpg
「はいはい、分かりましたよ。お父さん、お疲れさま」

c0104227_856573.jpg
「ああ、長い足がしびれてしまったよ」

c0104227_857318.jpg
「たまごちゃんはみな元気かしら」

c0104227_8575575.jpg
「よいとこしょ!!」

c0104227_8581776.jpg
「お父さん、いっていらっしゃい。」


谷津干潟観察センターのHPに今年既に孵化したヒナの紹介があります。 こちらをどうぞ。
by nenemu8921 | 2010-06-08 09:47 | 鳥・動物 | Comments(14)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921